着メロビッチ~♪

 常識となっている携帯のさまざまな機能には全くの無頓着だった。
 特におやじの抵抗ということではなく、自分にとって取り立てて便利なものがなかったからだ。
 携帯のメールは良いな、と思うも、デカい画像は送れないしzipなんて論外・・使えません・・。

 その一つに「着メロ」もあった。
 税務署に不本意(自業自得とも言う)な70万円を払うハメになった年末にブチきれたストレスなのか、なぜか「ウサビッチ」がマイブームだ。

 あの、チャララララ~ン・・・ホッ?!・・・のイントロが妙におまぬーで癒され、いやいや、これは是非、私のiPhoneの着メロに、と思った。

 「ウサビッチ 着メロ」でググル・・いや、ヤフルとわんさか出てくる。
 クリックすると携帯サイトで、QRコードでウエルカム~・・・こういうの怖いな、アクセスしたバコバコ広告スパムメールが舞い込みそうだ(根拠なし)。
 でも、たいていはDoCoMoやau向けで、SoftBankがあってもiPhoneはあまりない。あったとしても見慣れないiTunesのインターフェース・・あ、Windows用のね。

 「ウサビッチ 着メロ Mac」でやると、おお、出てきた。
 いやー、面倒くさい。でも、面倒くさいけど、きっちり読めば、なるほど、で、できた・・。

・「ウサビッチの着メロ作りました」というYouTubeを表示させる
 ・Safariのウインドウ → 構成ファイル一覧 → 一番容量のあるMサイズのをクリック。ただし、ウサビッチの着メロ用なので20秒と短いので何回もトライして探す。
・DLしたのはデフォルトで .flv。
・まず、画像ならなんでもOKよ、というMac用の perian というフリーソフトをDLしてシステム環境設定に入れる
・この辺Winだとたくさんあるのだが、SnowLeopard対応はまだ少なく3種類ぐらいかな、iSquitとかetc。いずれもフリーウエア
・このフリーウエアを使って、.flv を .mp3 に変換する。
・その .mp3をダブルクリックすると自動的に iTunesのライブラリに登録される。
・登録された、その .mp3を右クリックしてACCエンコーダーとかを選択すると、同名のファイルがiTines内に複製される
・それをドラッグしてデスクトップへ
・Usavich.m4a とかになっているので手作業で、Usavich.m4r に変換
・変換されたUsavich.m4rをダブルクリックすると、iTunes内の「着信音」内に表示される
・iPhoneをMacに繋ぎ、iTunes内のiPhoneの着信→共有→選択された・・→Usavichにチェックを入れる→同期

 iPhoneの着メロは40秒までと決まっているらしい。
 でも、このUsavichは20秒弱しかない・・、.flvを.aiffに変換しDL販売7,000円で買った Sound It!で開いて、2分のを2つつなげ38秒に編集し、それを .mp3へ。

 結果的に、Usavichi.m4r をというファイルができればOK・・カミさんのiPhoneも「チャララララ~ン・・・ホッ?!・・・」。
 娘のは同じくSoftBankだけどiPhoneじゃないのでどうすれば良いのだろうか?そのままmini-SDとかに入れればOK?

 大宮ロフトにあるビレッジバンガード(我が家ではビレバン)が、浦和パルコ内にもでき、そこにウサビッチコーナーができたとのこと。
 早速、中国語教室の後に寄ってみたら、おおお、たくさんあるよ・・でも、おおお、みんな高いよ~。
 キーフォルダー2つでなんで800円もするんだよ。コースターも890円・・・ナロ~足下見やがって。一番安かった300円のシールを買ってきた。何処に貼ろうかな?

 ところで「ウサビッチ 着メロ」でヤフルとガツガツ表示されたけど、著作権、肖像権、喫煙権、嫌煙権、嫌ブス権とかはどうなっているのだろうか?・・あまり考えないことにしてDL~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください