ミニUSB扇風機

ミニUSB扇風機

 この時期の気象庁は可哀相だ。雨が降らないのに梅雨入り宣言をしなければならない時期に来ていたり、雨が降っているのに梅雨明け宣言しなければならなかったりするからだ。で、梅雨明け宣言後にまた雨がパラパラ降ると抗議の電話が殺到し、気象庁の売店での胃腸薬の売り上げが急上昇する。

 今年は分かりやすい天候に恵まれ、梅雨入りも梅雨明けもすんなり受け入れられることができた。6月に梅雨明けするのは初めてとニュースで言っていたけど、晴天か曇天ぐらいの違いしかなく高温多湿は変わらないので、私のような小市民にはあまり大きな問題ではない。

 こんな時期はクーラーが欲しいのだが、人より早くクーラーのスイッチを入れてしまうと、どこかしら敗者の気分になる。ちょうど将棋の対局で「すみません、負けました」という感じだ。
 ただ、体感ムスムシ度は居住地域とその立地形状、及び向きによって苦行の度合いが違う。
 我が家は普通の二階建て一軒家だが、午前中はだいたい軽井沢の駅前ぐらいなのだが、午後になると私の拙工房風自室だけが、ここは台北林森北路付近ですか、になる。
 若い時ならパブロフの犬状態ですぐスイッチ、オンとなるのだが、それから40年ぐらい経つと、風も良いじゃん、になる。いと哀しきや。

 その折衷案として、買ってから3年目の小型USB扇風機を取り出してくる。
 殺風景な黒色なので、台湾中華民国の国旗シールをカバーに貼るも、そのカバーが邪魔なのでハズして使っている。
 より風情を求め風鈴でもつけようかな、と思うも、机の上に置いてある扇風機なので、室内でチンチラチリチリ~と鳴るのは、単なる、うっせーよ、になる。風鈴の音、少し離れたところから聞えてきてこそ風情がある。
 とは言え、あと数日したら、まごうことなく神様クーラーだろう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください