ガスコンロのグリル

焼きシャケと焼きチクワ

 今日のブランチは、シャケとチクワだ~。
 チクワは紀文のだけど4本入りのがスーパーでは148円だが、そのスーパーブランドのは128円だった。どうもこのスーパーブランドには抵抗があるので見知ったブランドならそれを買うようにしている。
 
 以前は、細く切ったキュウリを中に入れてそのままワサビ錠油で食べていたのだが、最近は焼きチクワを好んで食べている。
 カミさんが買ってきた小さいシャケの3切れパックがあるのだが、賞味期限が今日までになっていて、根性であと5日以内に食せよ状態なのでチクワと一緒にガスコンロのグリルで焼いた。

 網の上にアルミホイルとかを乗せ、その上にシャケなどの魚を置いて焼くと後処理が楽なのだが、焼いている最中に出てくる脂が身の周辺に溜まり味覚や風味からしてもイマイチだ。脂っこくなりビチャビチャになる。
 理想は昔ながらのそのまま網の上に置いて焼くのがベスト。
 余分な脂が下の受け皿に落ちるので焼き加減宜しく風味も最高。痛風にはあまり良いとは思われない、塩サバとかアジやサンマの開きなどは超美味である。
 一番のデメリットは後処理で、焼く度にすぐ網を洗わなければならないことで、数日そのまま状態が永遠に続くと、そのグリルは魚専用になる。同じ魚類であっても、妙な臭いのする焼きカマボコや焼きチクワは食べたくないからだ。
 料理全般に言えるかもしれないが、些細なものでも手をかければかけるほど面倒な分、美味しくなるものだ。カミさんが作る場合が多いけど。

 因に娘もシャケは好きな方だけど、まだ皮は食べられずに残すことがある。シャケにおいては皮が一番美味しいのだけど、まだまだ娘は飲みが足りないようだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください