さよならぼくのともだち

 森田童子が亡くなった。
 私より2つぐらい上かな、と思っていたら66才で心不全だとのこと。
 以前、デビューアルバム「グッド・バイ」がCD化されたけど少量生産だったが為、1万円以上のプレミアが付いていたところ、最近になってガツンと再生産され、ついこの間それを買ったばかりだった。
 70年代辺りから活躍して、ちょうどCDが世に出始める80年代半ばまでその活動があまり目立たなかった場合、たいていCD化になるのがかなり後になる。

 そこで言えば、エンケンさん(遠藤賢司)もここ数年前にいろいろリリースされ、それを買った後に亡くなってしまい、また今回は森田童子が、だ。
 私がCD化された昔のアルバムを改めて買うと当人が亡くなる・・そういう自己内ジンクスは避けたい。
 りりいの「ラブレター」、マザーグースの「インデアン・サマー」、尾崎亜美の「シャディ」などは欲しいのだが、いずれもプレミア付いているので買えない状態が続いている。逆に新たに再版CDされないことを願ってたりもする。
 西岡たかしの「ライブ・夢商人」は、MP3版とLP版がありそれぞれ1,500円。どちらも悩ましくずっと前から考慮中。

 15才から二十歳ぐらいまでに良く聞いていた曲がその人の原点になり、大人になってもそれらの曲に固執するのか最近の曲をあまり聞かなくなる、とのSNSのコラムがあったが、聞くのは本人だからほっといてくれと、言いたくもなるが、むべなるかな。

 ちょっと前のエンケンさん、そして森田童子のご冥福をお祈りします。浄土宗徒として同唱十念~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください