グッドバイ

 オーバーブッキングでの代替えフライトが決まるまでのこの8時間というのは何をしても落ち着かず、大学の韓国現代史のレポートを書こうと思っていた気概もその朝イチのメールにていっぺんに吹き飛んだ。ちょうど日朝首脳会談の調整をしているニュースなどをやっていてタイムリーなんだけど、明日以降にでもやるか。

 やる気起こらず、ふらふらとヤフオクを見ていたら、森田童子の「グッドバイ」が1,980円で出ていたので何も考えずに即ゲット。
 以前CD化でリリースしていたけど短期間の販売だったのか以降中古しかなくそれも数千円プレミアムだったのが何故か2,000円。慌てる乞食はもらいが少ないとはこのことで、ポチッの後にアマゾンを見たら2,000円で出ていた。あれま。2017年に再販したようだ。
https://www.amazon.co.jp/GOOD-BYE-グッドバイ-森田童子/dp/B01FFVT8JW/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8

 ご存知のように「グッドバイ」は森田童子のデビューアルバムで1975年リリース。
 高校3年生だった43年前、大阪の友達のところに泊まった時に聞いて、すぐ気に入ってテープで録音してもらい、以降ずっと聞いている。その友達のLPには埃が多かったのか、チリチリ音が所々に聞こえ、それも一緒に覚えてしまった感じのところで新たにチリ音一つないCDを聞くと妙な印象を受けるかもしれない。
 大学2年生の頃だったかな、新宿にあったルイードに森田童子を聞きに行ったけど、思いの外、とても背が小さく中学生か?みたいな印象があった。常にサングラスとかをして絶対に素顔を見せない森田童子、ライブはとても良かったけど、LPのも良いと思ったのは、そのチリチリ音が個人的な思い出を乗せているからなのかもしれない。
 落札したそのCDは今週末に届く予定だけどチリチリ音のない「さよならぼくのともだち」を聞くのが楽しみだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください