キャンセルっすか

 朝イチでメールをチェックしたら、スペイン行きの旅行会社から自動メールが入っていて「あなたのフライトはキャンセルされました。至急電話かメールにて更新手続きを行ってください」とあって、ええ?
 全フライトではなく、往路のバルセロナ〜グラナダ間のヤツ。復路でのオーバーブッキングは良く聞くけど復路でのは初めてだ。LCCの国内線だからちょうど一週間前に集計して多すぎたのはオーバーブッキングとなってリストラされたようだ。やれやれ。
 
 メールじゃ埒があかないので9時になったのを見計らって電話することにした。
 チェコかどこかの旅行会社なので、日本の電話番号だけど応対は英語のみとあった。英語でそれなりに喋るなんて何十年ぶりなのでウルトラ英検6級ぐらいだ。

 カタコトの英語を最初に聞いたからか、「どちらの言葉をしゃべりますか」みたいなことを言っているので、「日本語かスペイン語、中国語ならOKです」と言ったら「すみません、英語のみでの対応となります」のようなことを英語で返答し、なら最初から聞くなよ、そんなことを、と思いながらも、とにもかくも代替えフライトを予約しなければ。
 こういう場所での会話なので、単語を繋げるだけでも十分に察してくれるのは良いのだが、相手の言っていることが、良く分からないのだが、as soon とか聞えたのでメールが来るのだろうと思って電話を切って待つこと3時間、依然来ないので再度電話をする。
 
 Googleの翻訳サイトはこういう時、とっても便利だ。
 「今この電話で変更予約ができる?」というのもちゃんと英訳してくれるので、ただそれを読めば済むわけだ。が、肝心の返答が聞き取れない。しょうがないよね、英語喋れないのだもの。しかしmail と alternativeが聞えたので電話を切って待つことにし、やっと昼下がり過ぎた頃、代案フライトのメールがやってきて・・あれ、どうやって決定すれば良いの?
 メールだと時間がかかるので再度3度めの電話をし、やっと電話ではなくそのメールにその旨を記して返信すれば良いことが何となく聞き取ることができ、その通りに返信したら最初の電話から8時間後の夕方5時に新しいイーチケットが送られてきた。グラナダ到着が3時間半遅れる便だけど同日だから良しとすっぺ。
 今日は一日何をしていたのだろうか、久しぶりのとっても長い一日だった。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*