水タバコ

大正大学

 これからのレポートや筆記試験の情報収集の為に、学生の身分としては4年振りに訪れた大正大学。
 以前、板橋にある、と言ったが、板橋から歩いたら改めて20分近くもかかるのが分かり、板橋じゃないぞ。じゃ、何処だ?西巣鴨と言ってもおそらく分かる人は少ないと思う。分かりやすいのは、池袋と巣鴨、板橋の中間・・余計分からないかも~。

 すごーく懐かしく感じるかな、と思いきや、4年ぐらいのブランクだとその4年前からの続きのような感じになる。
 顔なじみの人と一緒にタバコを吸おうと思ったら、その人は電子タバコなるものを吸っていた。
 いろいろ聞いてみたらこれは面白い。普通のタバコとは違うその電子タバコと言っても、いろいろな種類があり、中には乗り物の座席で吸っても全く問題のないモノもあるとのことでびっくりこんこん。
 価格も普通のタバコと同じぐらいで、葉巻のように吸い切る必要はなく、その吸う回数とかからすると普通のよりより多く吸うことができるらしくコスパ、良いじゃない。

 試しに吸ったら、とても濃く、2口吸っただけで私のメビウス1(ニコチン0.1mg)を数本吸った感じになった。
 聞けば、この手のタバコにはタールやニコチン等の数値が記されておらず、感じとしては1吸いセブンスター(ニコチン1mg)1本分はある。薄いのないのだろうか?
 また、タバコって単にニコチンを摂取するだけではなく、吸ったり吐いたりしてのんびり休憩風、それこそ「一服する」というところに良さがあると思うのだけど、どうなんだろうか。悪くいうと、多少なりとも快楽をも求むる人間のsexが単純な動物の交尾行為になる感じがしないでもない。両方携行するのかな。
 水蒸気にてニコチンを吸収するので、煙は出ないし臭いもゼロ、とっても魅力だ。あとでJTに聞いてみよう。

 久しぶりなので、さくら水産の500円ランチをと思ったら、改装中。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.