ラジオ

ラジオ

 トイレの棚に置いてあったラジオに改めて気付いた。
 初めて外国へ初めてスペインへ行った1986年の時に知りあった友人ホアキンが経営する小さな飲み屋に置いてあり、帰り際に記念にもらってきたラジオだ。
 この時はスペイン語の「ス」も分からず、ポケット辞書で調べて動詞の原形だけを言っていたぐらいで、実際ホアキンはどういうスペルなのかも分からず、店にいたスペイン人に聞いてみた。
 が、当時は文盲が多かったのか分からない、と言い、3人目に聞いた人がやっと紙に書いてくれた。
 帰国後、日付とホアキンの名前をダイモに打ってラジオにペタッ、と貼っておいた。ダイモってテプラの前身的ネームテープで、今も売ってはいるが死語風となり20代とかでは分からないかもしれない。
 スペインのラジオは日本と同じでAMとFMはあるのだが、FMのバンド規格が違い88MHz以下がないので795やFM東京などはこれでは聞けない。
 
 そのホアキンも昨年秋に亡くなってしまい、その為のGW墓参り渡西なので、ほこりのかぶったそのラジオは形見となったので掃除をして新たに作った本棚に置いた。
 テプラを見たら「Foaquin」と打ってあった。ほんとは「Joaquin」だけど、それも32年前の思い出だ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください