書棚が斜めだよ

斜めの書棚

 還暦を迎える年になり、それをメドにかの佛教大学に復学した。
 良く言えば初老にて向学心に目覚め生涯教育の一環として、普通に言えば老後の暇つぶし、悪く言うと初老閑居して不善を成す、だ。
 前回卒業したのは2014年なので、4年振りなのだが、とても早く感じるのはこの4年間、娘の受験と成人式を以外、何もなかったからだ。言えば、幾つかの訃報があったけど。
 
 もちろん3回生からだ。1回生からだと、英語とか一般教養等があって、とても3回生まで上がれません〜。先に授業料を振り込んでからの申し込みなので、殆どが合格。ある意味、偏差値ゼロ。
 通信は、同級生的な友達はできずらく、誰も何も言わないので、気がつくとあれよあれよと留年してしまうので、卒業するまでモチベーションをキープしなければならず、例えばSNSとかに書き込みとかしないとフェードアウトしそうになってしまうことしばしば。以降そんなマニアックな書き込みが増えるかもしれないが、ご了承いただけたら幸いでがんす。

 今度は歴史学部の東洋史で、殆ど中国みたいだ。以前の中国科に比べてスクリーングが少ない分、自宅学習が多く、段ボール本箱も重ねまくって耐震性ゼロになってきたので、増えるだろう書籍に備え、壁に本棚を作った。
 ちゃんと計ってやったのだが、左側が1cm低い。←下手クソ。明日にでも片方を作り直しだ。
 書籍サイズを考慮してやっていて気付いたのだが、一般的な書籍って大きくてもたいていはB5までで、A4はやや特別サイズっぽい。しかし、大学の授業で配布されるレジュメ等はA4サイズが少なくない。レコードのジャケットってA4サイズとかではなかったか。
 
 あ、そういう意味では、親子で大学3年生だ。
 娘は4年で卒業すると思うけど、私は65才ぐらいまでいようかと思っているところ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください