グラナダ空港

 スペイン旅行の最終日等はグラナダにまた2泊泊まるので、寄せ木細工職人のエミリオにメールをした。しかし3日経っても返事が来ないのでファックスをしたら、人の応答があり「アロ~、アロ・・・」、アロ~ってフランス人?なんだでだ?
 仕方がないので後日、朝一番で自宅に電話をしたら当人が出た。
 一通り久しぶりの挨拶をして、
 「今でも店には出てんの?」
 「うん、出てるよ」
 「メールしたんだけど見た?」
 「え、いつ出した?」
 「えっと、3月11日にだよ」
 「パソコンないから見られないんだ」
 「え、パソコンやめたの?」
 「いや、家にはなく店の方にあるから、これから店に行くので見てすぐ返事するよ」
 と言って、4日経っても返事なし・・・そのパソコン壊れているのかなぁ。また、スペイン人の場合、女性からと男性からとでは一生懸命係数に格差があるので、来るのは5月で女性じゃないのでまたあとで連絡してもよいや、ってやつ?徐々にスペイン文化を思い出してきた。

 エミリオに関してはそのグラナダにある工房ショップへ行けば良いのだが、そうではない。
 帰国時も中心部から17kmの距離にあるグラナダ空港からで、タクシーだと5,000円、市内循環空港シャトルバスなら700円。痛風発作以外、どうみてもバスでしょ。
 バス停の所在地をネットで探すと4つぐらいのレポートがあったのだが、4つとも場所が違っている。ちょくちょくバス停が変わるようで、日本語旅行センターとかに問い合わせても良く分からないそうだ。よってそのバス会社のサイトを見てもリアルタイムに更新されていない可能性が大。
 ちゃんと確認したのに、ちゃんと言質をとったのに、ちゃんと予約したのに、実はそうではなかったとか云うのは、スペインの正しい生活様式であることを15年振りに思い出した。

 その空港シャトルバスのバス停が確実にあり、また他の空港行きのバスもあるだろうグラナダの大きなバスタの隣にある池袋プリンスホテルランクのホテルを予約した。1泊8,000円。中心地から3kmぐらいあるけど市内バスは頻繁にあるので楽だ。グァディックスからグラナダへはバスで行くので終点のこのバスタで空港行きのバスを確認すればダイジョブだ(と願っている)。

 グァディックスという町のホテル予約も同じ、booking.com からだが、これはインド人、いや日本人もびっくり!の申し込みから完了まで、そして確認メールまで全て日本語で表示される。しかも限りなく違和感のない日本語なので日本のサイトだと勘違いしてしまう。無料のGoogle翻訳とは違った翻訳エンジンを使っているのかもしれない。
 おまけに予約したホテルへの問い合わせ等を直接電話かメール(現地語または英語)ですることができるので、「同じ料金内で、窓かテラスのある部屋をお願いします」とすかさずメールした。
 日本人からすると窓のないホテルは信じられないのだが、少なくともスペインと台湾では数少ないかもしれないが確実に存在するので、念を押すように確認しないとビンゴ!になる場合がある。しかし念を押してもビンゴ!になることもある。スペイン、あなどれない~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください