おふらんす

モン・サン・ミッシェルの塩

 おふらんすと言えば、おそ松くんのイヤミを思い出すのだが、かの娘が戻ってきた。親ばかな心配で言えば、スリに遭わずタクシーでもぼったくられず飛行機も墜ちずに無事帰国だ、って二十歳超えているので親ばかならずバカ親になってしまうのだが。
 最近の若者はカメラを持って行かず全てiPhoneで撮ってしまうのだが、娘だけなのか。ま、どっちでも良いのだけど。
 イタリアもフランスも行ったことないのだが、そのiPhoneの写真をズラズラ見ると、同じラテンでも全然スペインと風景が違っていてややモダンだ。娘曰く、歴史的建造物の保存からすると、フランスよりイタリアの方が凄いようだ。ベルサイユ宮殿やオルセー美術館などが写っていた。
 毎日どうしていたのか、と聞くと、4時に寝て10時に起き・・それは私の若い時の場合で、9時に寝て4時に起きていたとのことで、なんか寺で修行合宿しているみたいだ。それで一日中ローマやパリの町並みを歩き回っていたので、暗い細い道などを省き東京で言えば山手線内の地理ぐらいを把握したようだ。今度一緒に行って案内してもらおうか。
 私への土産は、モン・サン・ミッシェルという島で買ってきた周辺の海から作った塩。小さな土産にしろフランスのって何処かしら可愛い。

 一番聞きたかったドーハ空港での乗り継ぎ状況だけど、娘の場合は少し混んでいたぐらいでスムーズだった、とのことで一安心。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*