LINE

 LINEを始めた、というよりアプリをインストールしたというほうが正しい。
 iPhone/auになってからショートメールが3円になってので、こんなの無料でしょ、と言ったら、家人が、LINEなら無料だし電話通話も無料だよ。気がつけば娘もカミさんもバキバキにLINEを使っているようだ。
 
 娘に教えてもらってインストールしたら、あれよあれよと怒濤のようにあちらこちらから返信がきて、どうして分かったの?だ。どうやら私のiPhone内の連絡帳から自動的に送信しているみたいだ。個人情報なんてはなからないのがLINEのアプリみたいだ。
 そう言えば、facebookは通常パソコンのブラウザーで見ているのだが、iPadを買ったのでインストールをしたら「メッセンジャーもDLしますか」なんてあって、それもインストールしたらこれも怒濤の返信がやってきた記憶がある。
 facebookは欧米の友達からで、LINEは国内からで、この辺SNSの棲み分けができているようだ。

 しかしみんな良くこんな細かい画面で文章を打てるもんだと感心してしまった。私にはとても難しく、スキーの手袋をして手紙を書くのに等しい。
 「13日(日)は仕事があるので難しいです。16日(水)はどうですか、新宿あたりで」なんて文章はとても大変で結局、「13日仕事でだめ。16日どお」がやっとだ。こんなそっけなくぶっきらぼうのじゃ友達減るよね。

 LINEの「スタンプを送りました」が最初分からなかった。商店街のブルーチップスみたいなものか?見るとイラスト画像だけで何がなんだか分からない。娘に聞いたらそれがスタンプのことで、なーんだ、アイコンじゃん。またはGIFアイコン。で、これが何を意味するのだが今だ分からない。ま、いーけど。
 こんな小さな画面でもやり取りが続き、かつ内容が細かくなると最後は「済みません、パソコンメールにちょうだい」になり、確実に時代に取り残されている感じだ。
 んな訳で、LINE経由での私からの返信は期待しないことを切に願っている昨今である。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください