台湾マスク

台湾マスク

 エアコンの暖房の乾燥について貴重なアドバイスをいろいろ頂いたのだが、詳細に説明しなかった私が悪くそのエアコンと寝床の位置を不明に記してしまった。
 寝床にも一応エアコンがあり、8帖なのに取り付け位置が良すぎた為、クーラー、暖房とも効き世過ぎまくり暖房は使ったことがなく、クーラーもシーズン数回ぐらいでそれも設定が30~31度。29度以下にすると翌朝夏風邪必至。
 で、どうしているかと言うと寝床の扉を開け、隣の12帖ぐらいのリビングのエアコンをつけている次第。温度設定は24度なので、平均すればリビングは18度、寝床の方は14度ぐらいかな。
 羽毛布団だから入ってしまえば別にエアコンなどは必要ない。逆に部屋もきちっと暖かくすると布団を蹴飛ばして風邪を引くことになる。
 例えば夜中にトイレへ行く、眠れない夜中に換気扇の下で一服する、などを気にしたりしてエアコンを付けっ放しにしていた。考えてみれば、そんなのは一晩に1回あるかないかなので、昔のように何も付けずに寝た。もともと乾燥している冬場なので朝は多少咽にストレスを感じるが、あのエアコンを付けっ放しにして寝た時のような「ゴォンバンワ・・森進一デスゥ・・」にはならない。

 それでもマスクをするのは効果があり、カミさん曰く、台湾マスクがグーッのようだ。
 日本のマスクのように使い捨てっぽいのではなく手作りの洗濯もできるやつ。もっとも台湾では風邪とか云々ではなくバイクに乗る時の必携品だけど。可愛いのだけど、今の日本人感覚からするとこれを風邪予防とかで車内は町中を歩くのはそれなりの覚悟は必要な気がする。それでも1つ100円ぐらいと安いので結構買ってきて何種類もあり、カミさんの布団の横にはいつも2つぐらい置いてある。

 マンションとかだと密封度が高目なので、こういう温度や湿度のコントロールがしやすく、戸建てだとややそれが難しい観がある。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.