老眼鏡は大事

 郵送の重さなどで使っている計りがこの年末になって壊れてしまった。1997年に買ったのでちょうど20年なのでしょうがないかな、と電池の蓋を開けたら白い腐食粉でまみれていた。腐食粉が出なければもっと保ったわけで、昔の日本製は素晴らしい。

 アマゾンで探したら、0.1g~5000gが計れるのが1,000円であったのでポチッして届いたら、およよ、0.1g〜500gだった。進行している老眼故にメガネが合っていないからだけど、500gまでしか計れない家庭用の計りなんてあるのか、といぶかってしまった。精密測定用ならあると思うが、価格もゼロが一つ多いと思われる。

 来年の手帳を買う時も、同じ手帳が1,000円と250円があったので、本能的に250円のをポチッしたら、それは2017年のだった。12月下旬にてその年の手帳なんて誰が買うか。そんな紛らわしい表示をしないで欲しいよアマゾン。

 ゴネれば返品もできたかもしれないけど、どっから見ても返品理由に正当性がないので自己解決と相成るが、このような間違えた買い物は、何よりも無駄遣いに感じ、何処にも怒りの持ってき処はなく、全てが自分の責任で悔しさ係数100%ととなり、いたずらに血圧が上がりストレスも溜まる → 酒でも飲むか → 尿酸値が上がる。
 年が明けたら、一つ度を上げた遠近両用メガネを新調せねば。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください