さらばか、台湾ジッポー

台湾ジッポー

台湾ジッポー

 過日、自民党の山東昭子議員がタバコを1,000円へと言ったら、官房長官が「いいタイミングだ」などとのたま、いや、おっしゃった。何を言っているんだ自民党、もう投票しないぞ、共産党とかにするぞ。
 近々来年あたりか500円になるのは必至で、その先、1,000円にはならないとしても750円ぐらいにはなるだろう。やめる人がいてもその値上げ分でタバコ税減収を補えるか。補えないと当然何かが値上がりすると。
 さすがに500円以上はバカバカしいので、値上がりする前に3度目の禁煙を敢行すると。
 禁煙外来に行ったら、以前と同様のチャンピックスを渡された。保険が効きますからと合計19,000円ぐらいです、と女医さん。ネットでも19,000円ぐらいで売っているのだけどなぁ。どういう金額設定なのだろうか、この薬。
 そして、口もとが寂しい時にはガムとかアメをなめると良いですよ。部分入れ歯だからガムはダメだけど、「キャンロップとかのアメをなめたら糖分摂取しすぎないですか?」の問いに「糖分ゼロのもいろいろありますよ」。糖分ゼロのアメなんて美味いのかな、普通誰がナメるのだ、禁煙治療者専用とか。
 
 前回のチャンピックスは無事禁煙できた4ヶ月目に、ふと娘の部屋にある体重計に乗ったら、64kgが約70kgになっていてびっくり。横にある大きな鏡で自分を見たら、何処かしら顔がムクんでいる。思わずシャツも脱いでナイスアホバディを見たら、下っ腹はもともと出ていないのだけど、全体的に太った、ではなくてやはり全体的に大いにムクんでいて「誰の肉体だ?!」だ。自転車屋の空気入れを思い出した。

 食事も酒の量も変わっていないのだけど、とにもかくも喫煙はダイエット効果があるようだ。個人差かな。薬の仕様では、薬を飲み続けてその1週間後から完全禁煙モードに入るのだけど、前回同様、飲み始めの明日そこそこに吸って明後日から禁煙モードにしようかと思っているところ。チャンピックスはすごい。飲むと本当にタバコが欲しくなくなり、辛いのは最初の3日ぐらい。
 問題は禁煙よりもムクまないようにすることだ。ピザーラの注文回数を減らし、フライドチキンや肉などをやめ、魚と味の良く分からない総菜を酒の肴にするか・・、なんか世捨て人みたいな生活になりそうだ。
 それで言えば、身長−体重=100は微妙な肥満で良いのだけど、太るのは喫煙より良くないのは私の場合で、心臓への負担増大、そして「やや高目気味」な血圧と糖尿値が確実に「高いぞ」になること必至で、これで太ってしまったら、もう怖くて健康診断はできなくなってしまうだろう。
 吸うか止めるかは意外と簡単で、一番難しいのが節煙だ。3度目の禁煙がダメだったら、4回目まで、節煙にチャレンジかな、とやる前から早くも意気消チンモードだ。

 せっかく買ったお気に入りの台湾ジッポーを明日で使わなくなるのはちと寂しいところがある~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください