web de 贅沢な床展

粥

 夏は暑いから粥はやめていたのだけど、この間鬼怒川に行った時に買ってきた日光たまり漬けがあったので久しぶりに粥を食べた。ネコ舌なのですぐは食べられず、でき上がってからおかずなどを用意するので、食べる頃になると余熱とかで、なんちゃっておじやに近づくこと多し。
 たまり漬けは塩っぱいと云えばそうだけど、粥だとその水分のからみあって塩分のバランスが良く、食が進む。と言っても電気小型専用釜なのでいつも0.7合だけど。
 
 台湾のホテル朝食とかでも良く出てくる、きゅうりのキューちゃんも好きなんだけど、工場で作ってから出荷して店頭にならぶまでのタイムラグがあるから、保存剤とかが入っているのだろうか、こういう食製品ってどことなく甘い。今更食品添加物云々はないのだけど、こういう変な甘味はお好みではない。無味無臭にしてほしいところだ。たまーに食べているけど。

 グループ展にしろ個展にしろ、終わると切れたような脱玉感があるのだけど、少しでもその余韻が残るうちにと、昨日終了した「贅沢な床展 vol.9」のを記録としてwebに新着した。
 暇があれば見ていただけると嬉しいでがんす。
 拙サイト「アクシターノ」のは、「猫パコ」
http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/ZeitakunaYuka/Paco/?lang=J&num=0

 「贅沢な床」サイトでは、
http://www.zeiyuka.com/Exhibiciones/?num=9

 2014年の「Time To Time vol.10」でモノクロを店じまいしてから、詰らなそうに写真を摂り続けての今回の贅沢な床展への出品。グループ展を含めても2年のブランクがあるのは、やっている事とその内容の低レベルは別としても久しぶりである。
 与えられた環境(面積)の中でそれなりに写真を組んだり構成して一つの作品として発表するのは、とても自己満足的に気持ちが良いもんだ。また、そぞろにでもブラブラと街並みお散歩スナップでもしてみようかと思うようになった。カメラはもちろん、Nikon D800とかではなく、Olympus E-P5。
 15万円のPen Fは良いな、と思うも、EP-5が悪い訳ではないし、まだ2年しか使っていない・・、再来年あたりの還暦祝いとかでカミさんの所望でもしよう・・あ、カミさんも同じ年なので相応に考慮せねばならぬ。何が欲しいのだろうか「iPad mini 3」か?

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください