台北の「地ある」 その2

 その「地ある 台北」、観光地等は同じだろう、いやいやその時々のブーム地などがちょこっとだけど追加掲載されていて、定価を払うのが良いかどうかは別にして、やはり最新は良いもんだと思った。
 
 その中で今や台北周辺では一大名所になってしまった九份だ。
 聞けば、台湾で観光客が一番訪れるのが以前は故宮博物館で次が国父記念館か中正記念堂だったのが、両岸関係(中国と台湾)緩和により中国人観光客が沢山訪れるようになったら、故宮博物館が2位となり、1位は孫文の国父記念館になった。しかし、これはちゃんとした統計を取っているのだろうか?と思うくらいに、九份は?になってしまう。
 しかし、私はその九份の先にある金爪石が好きなのだが、それがやっと「2014-2015」にはコーナーとして地図付きで掲載され、ちょっと嬉しい、いや、載ると混むから嫌かな。
 そのお友だちから九份リクエストがあったけど、3年ぐらい前から九份は世界屈指慢性超過密エリアと化し、その恒常的密集度は日本でもなく、唯一あるとすれば、年末年始時の明治神宮賽銭箱前かメタル系バンドが出演するオールスタンディングの小さなライブハウスぐらいなので、お願いしてその先にある金爪石を候補に入れてもらった。九份の夜景も綺麗なので夕方からどうだろうと思っていたけど、最近行った人の情報では「昼と同じデス~」。九份、当分行けない、いやもしかしたらずーっと行けないかも。
 その九份から江ノ電のようなローカル線に乗って行く十分という近くの小さな町も大きく紹介されていたので、数年以内には九份同様超過密エリアになるかもしれない。その中間にある猫村「猴硐(フオドン)」は未掲載だったので当分平和だろう。
 
 などと言っていると、いつも台湾台北だけど他には行かないのですか、などと聞かれたりもするけど、これは年間パスポートなどを購入し、たくさんの着ぐるみが動いたり踊ったりしているのを武蔵野線か京葉線に乗って何回も浦安に通っている人と同じだ、と言うのだが、どうも同等に見られないこと多し。
 それじゃ中国語もペラペラでしょう、なんて言われがちだけど、実際はヘラヘラで、確実に言えるのは英検で言えば3級は何回受けても受かるところまでは来た。準2級は希望的観測風に「受かるかもしれない」で、トエックで言えば確実に400点だ、エッヘン~(涙)。
 つまり、複雑で細かいことは言わないでね、というところでは、なんとか例えば、タバコや酒を買ったりバスに乗ったりすることがやっとなんとかできるようになった訳だ。どことなく情けなか。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください