11階テクテクと。

まつ屋の牛丼 毎週通う近所の中国語教室だけど、東北地震によってエレベーターが止まったことを契機に、健康の為に階段で登ることにして今年で4年目。
 教室は11階にあるのだけど最初の頃は登り切った時にはしばらくの間、動けず椅子に座り込んでしまったけど、3ヶ月ぐらい続けていると慣れるもんで、そのまま普通に歩けるようになった。
 健康の為に○×をする、というのは、それをしたが為に健康、つまり病気をしないとか体力が低下しないとかの直接的顕著な効果が見られないのが困ったもので、唯一、あまり息を切らずに11階まで登ることができたぐらいだ。途中、軽度の椎間板ヘルニアになったので階段を上る効用とは別なものなのだろう。よってヘルニア予防ストレッチを医者から課せられ、毎日数分やることを余儀なくされ煩雑な中年期を迎えている。

 因に、3ヶ月ぐらい禁煙した時には、確かに階段上りが軽快になって、おおっ!と思ったが、それは最初だけで以降の疲労度はあまり変わらなかったので、階段上りにおいては禁煙の効用はあまりないと思った。
 
 過日読んだ痛風の本には、大汗をかくような、そして脈拍数が110/mを超えるような過激な運動は尿酸値を上げてしまうので要注意、と記されていて、あれ、階段上りって思いっきりビンゴじゃないか。階段上り自体は運動等には良いと思うのだけど、あくまでも痛風予防においてはNG諷という意味。
 仕方がないから、階段は脈拍が乱れ始める7階前の6階ぐらいまでにして、残りは自宅からこの教室まで暴風雨以外は歩くことにするか。徒歩で40分強。

 クリスマスの夕方、家からテクテクと歩いて中国語教室へ向かった。線路沿いの住宅街だから誰も歩いてはおらずゴーストタウン風だ。帰りは電車だけど9時半という時間が中途半端なのか車内がガラガラだ。終電付近になると超満員ラッシュかも。
 クリスマスの夜にしらふで過ごすのはちと寂しく、何故かまつ屋でテイクアウトした。牛肉をつまみにして最後は汁の染み込んだご飯で、というやつ。100円のサラダも買った。こういうところのサラダは、キャベツをメインにコーンとレタスが入っただけのシンプルさが良い。
 牛丼をツマミというのは初めてだけど、なかなか良いもんだ。
 
 もっとも、痛風予防や健康を考えながらもこういうのを食べながら酒を飲んでいるところに問題もなきにしもあらずだが、酒が飲めてなんぼだから良いか。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください