Paco vino

Paco お見合いからの翌日、いきなりのように我が家にやってきた猫・フランシスコ。パコだけど。
 猫籠持って来させるのは大変そうだったので、また車で迎えに行った。2日続けて志木市に行くのは、仕事とかを省きもうないだろう。
 川を挟んだ隣町で良かった。行ったら大元の預かり主のおばーちゃんがいて「今、ご飯を食べています~」。なんとシャケとネコまんまをあげていて、まさに昭和のネコの飼い方だ。平成のネコの飼い方は塩分等は一切ダメだよん~。
 拙宅まで一緒に来て、譲渡契約書(法的義務はないと思うけど)なるものにサインして、交渉は円満に終了。
 
 以前のネコ2匹の来た時の写真を見比べて生後一ヶ月強とし、誕生日は終戦記念日の8月15日に決定。
 物心つきだした今朝までは親兄弟がいたところへの「一人住い」が始まったので、新居に慣れるまで1週間ぐらいはかかるかもしれない。

 黒猫は初めてだけど、面白い。
 黒意外のネコだと見た目の柄や起伏で形状状態が分かるのだけど、黒だから分かりづらい。
 床に寝ていたりすると、UFOキャッチャーでゲットした黒いぬいぐるみと変わらないし、ソファーに寝ているところをスナップしても、すぐにそれがネコとは分からない。まさにドラクエの「シャドー」だ。
 また、写真を撮る時には-0.7ぐらいの補正をしないと黒になってくれない。フィルムのモノクロなら全然問題なくトーンが出るのだけど、デジタルやカラーだとちと慣れるまでちと時間がかかるかもしれない。
 アップした写真なんぞ、ソファを見せずにもっとアップで撮って、ネコの写真と言わなければ、そのぬいぐるみとか大黒蜘蛛に見間違えるかもしれない。黒ネコの写真、なかなか難しいぞい。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください