夏の思い出

 初めて海水浴・・いや、娘と一緒に行ったのは数年前の伊豆の雲見海岸。
 娘もまだ保育園だと思った。
 何十年振りの海水浴だからそのまま海へレッツラゴン~!!したら、焼けまくり2泊滞在中1度も風呂に入れず、かつ体を洗えなかった。「拭く」「こする」なんて自虐行為で「なでる」だ。

 日焼け止めは大事っす~、というのを教訓にそれ以降、今回も痛くなりそうな肩や背中を重点にヌリヌリ~。
 でも顔を忘れてしまったので、どっから見ても「焼けましたねぇ、海焼けですね」と言われる。
 ま、ハワイやモルジブ(どこ?)とかじゃなくて伊豆の土肥だから仕事上あまり顰蹙羨望ではない。
 それでも椅子に座るとちょっと背中が、または腕や足の甲などちょこちょことした箇所が痛くて「夏の思い出」状態。

 でも今回の土肥は最悪で、まずMacBook← → iPhoneのBluetooth設定が上手くゆかず、何の為にMacBookを持って行ったんだ?!状態。
 おまけに防水カメラのフジカHD-Mが初日に壊れた。最終日に壊れろって → HD-M

 以前、土肥の隣町の小土肥(オドイ)に行ってパラソルを借りたら2,000円/日にびっくり!
 慌てて翌日は土肥のホームセンターで同じく1,980円のビーチパラソルを買い、海水浴へ行く度にそれを持って行っている。
 ビーチパラソルってそれだけじゃちゃんと砂浜に立たない。シャベルやスコップも必携で、我が家は雪かき用の平スコップ。

 でも、最近のビーチパラソルって写真左のような簡易テントみたいなのが多い。
 我が家のはシンプルと言おうか写真(中央)からだとチンプ風・・に見える。でも、従来のパラソルの方が解放感があって良いと思う。デメリットは太陽の移動に合わせてシートを移動しなければならないことだ。
 パラソルの影をキープし、シートの上で昼寝グガァ・・Zzzz・・・とやっていると太陽移動によって気がつくと膝下が真っ赤になっていた、というのもままとしてある。

 今回は、先述の土肥のイカダ4つを制覇した。
 どおってことないことだけど、私の年齢、私の体力からすれば、連続で4つ、かつ中2つを横に泳いだ、というのは「おじさん、がんばったね賞」に匹敵するのだ。
 泳ぎに関しては娘より私の方がダントツに上手いのだが、娘の方が体力があるので途中でバテて娘に抜かれてしまう。ウサギと亀か?
 ま、それでも完泳したから良いけど。

 土肥温泉&土肥海岸、あまり行く機会がないと思うけど、もし行くとしたのならパラソルを立てる場所は中央だ!
 海に向かって左側は砂利が多くて入りづらく、右側は遠浅だけどその分ゴミが多い、そのバランスの良いのが中央付近。

 海の家は4件ぐらいあって、海に向かって一番左端のが昔ながらのじーちゃんとおばちゃんがやっている昭和の臭いがそのまま残っている海の家だったので、ずーっとそこに行って、しょっぱいラーメン、カレーライス、やきそば、かき氷などを食っていた。
 伊豆の海水浴場の物価は千葉に比べて2割りぐらい安い。
 その海の家、ラーメン・ミソラーメン・モヤシラーメンが一律の600円で、キムチラーメンだけ700円・・意味分かんねー。

 店に入ると、各テーブルごとにスタンド式のデカい灰皿があって、おおー、みんなプカプカ吸いながら生ビールを飲んでいる。
 海風が入り込んできて涼しく、夏の涼の一時を楽しんだ。
 私は、ラーメン・ラーメン・ラーメン + さざえのつぼ焼き(2つで500円) + イカ焼(300円) + かき氷
 カミさんは、ラーメン・ミソラーメン・カレー + さざえのつぼ焼き + とうもろこし + かき氷
 娘は、ラーメン・ラーメン・やきぞば×2 + かき氷
 というのを3日続けると顔を覚えられて「通い続けてありがとうさん」で最終日ちょこっとだけど300円マケてくれた。ほぉ。

 土肥海岸、iPhone(SoftBank)の電波はバッチリ・・と言いたいけど、何故か時間によってはアンテナが摩訶不思議的に5本から2本になる時がある。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください