手乗り

位牌 長男ロベルトの骨は、長女ルルデ同様、共同骨壷 → 共同墓地のつもりだが、その前の3ヶ月は自宅のリビングに置いていた。
 3ヶ月過ぎての共同骨壷になると有料なので今週末にペット斎場に持って行った。
 さすがに3ヶ月ぐらい経つと恒常的な哀しみもなくなるが、部屋の隅からネコ砂が出てきたり、石油ストーブがカチカチとか音がすると、お、ロベルトが歩いているのか?などと思ったりして、ちょっと切ない気にもなる。

 先日、ある人が「ナカジマさん~、猫要らない?小さい黒猫よ~」
 「おぉ、ブラックキャットは一番望むところですよ~!で、何ヶ月?」
 「1歳ぐらいかな・・」
 ロベルトがいてルルデが来る前ならそれでも良いけど、2匹がいないところでは、やはり「手乗り」が欲しい。
 「せめて11ヶ月前に言ってくださいよ~」
 
 さすがにロベルトが死んでから3ヶ月ぐらいだから、まだ新しいのを飼おうとは思わないけど、近い将来、飼おうという意思は芽生えてきた。秋口ぐらいかな。近所の犬猫病院に行って掲示板をチェックだ。

 ロベルトの骨を収めに行ったら、タバコぐらいの可愛い小さな位牌が売っていた。1,000円。← 100円ショップで売っていたら泣くぞ。普通なら1体に対して1つだけど、ほぼ1年ぐらいの時を置かずして亡くなった二匹なので仲良く1つに列記した。

 というのを、拙サイトに新着更新。
http://www.accitano.com/doc/Album/VARIOS/Gatos/?lang=J&tema=RobertoMurio

 ところで、ちょっと前に拙佛教大学の学習会に参加して、題目は「仏教概論」とかだったけど、位牌というのはもともと儒教からで、仏教には関係のないモノで、葬式とかで身を清める「塩」は神道からとのことでエエエー!目からウロコ~。
 一昨年、その佛教大学の授戒会にて戒名を頂いたので一応の真言・・じゃなかった浄土宗における仏弟子としては位牌を無視しても問題ないのだけど、さすがにそれはなんかDNA風本能的にできない。清めの塩は無視している昨今だけど。

 9月は私の誕生日なので、それを過ぎたら「手乗り」をリサーチしたいね。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください