千葉駅

Gran coronas 千葉駅の近くで仕事だった。
 船橋や津田沼は良く行くのだが電車に乗って千葉駅に降りたのは今回初めて。いつもは車~。
 千葉駅、予想外にデカい!ていていこういう場合は、不慣れからトンでもない出口にでてしまってたくさん歩かされた、というケースが多いのだが。何気に降りたホームからの間近な北口に降りてみたら、宮城県仙台駅の東口みたく何もなかった。あっちこっちの千葉市民に聞きまくってやっと東口にたどり着いた。
 渋谷駅は分かりづらいかもしれないけど、新宿、池袋、東京など、どんなに大きくても基本は上下左右の大きな道に科もまれているので駅前案内地図を見ればだいたい位置観は把握できる。
 が、上下左右になっていない大阪駅流になっているのが千葉駅かもしれない。首都圏の駅の規模で言えば、横浜駅よりも確実にデカいと思った。

 機材も少ないし健康の為に歩こうと電車で出向くも、ハスキー三脚とテンバのデカバックはちと辛かった。
 辛いというのは乗り換えが結構大変、という意味。
 キャスターでガラガラ、というのをよく見かけるが、機材に影響する危惧から避けてはいたが、年齢的に背負うのは厳しくなったのか電車移動の時にはキャスターにしようかな、なんて思うようにもなった。
 JR路線が革新され、乗り換え回数で言えば、千葉駅~東京駅~埼玉の浦和駅とかで1回で済むのだが、東京駅の総武線ははじっこの地下の地下、新たな東海道/東北線とかのホームはどこなんでしょ?と思うと、東京駅で思いっきり歩かされるかもしれない。確か京葉線とかのホームがトンでもない遠方にあった記憶がある。どうみても有楽町駅の真下に思えるのだが。
 乗り換え3回と大目だけど、のんびり座って換えれる武蔵野線チョイスと相成る。

 駅に降りて、カミさんから「味噌を買ってきて~」というのを思い出した。オーマイガー、スペイン語なら、マドレミィアだ。因に中国語にも似たような表現があるが、どちらかと言うと西洋語からの転用なので常用ではないと思う。
 でも、重てーよ。NIKON D800の上に「仙台みそ」を乗せて戻ってくれば、この後、画像処理云々などという気力などは尽きはててしまった。ドラクエで言えば、町にたどり着けば、MP 0、HP 3 ぐらいな感じだ。
 よって、いつものピザーラでプレーンピザ+トッピングを頼み、もらい物のワインを開けた。
 スペインのトーレスだ。ちゃんと闘牛のミニチュアが付いている。2010年のだから少しは美味いだろう2,000円ぐらいかな。少なくともいつも飲んでいる数百円の「王様の涙」よりは美味いと思う。
 ラベルには「Gran coronas」とあるけど、冠詞とか数量詞とかには厳しいラテン語系のスペイン語にしては、ちと違和感がある。coronas は複数なので、Gran ではなく、Grandes になると思ったけど、coronas 自体が単数名詞になっていて・・そうだったっけスペイン語?忘れてしまったぞなもし。
 飲んでみたけど、フルボディではなくミディアムボディとライトボディの中間。飲み応えがさらっとしている分、2,000円になったのかな。女性向き。

 酔いどれの花の金曜日は、だらだらとDVDのキャプチャー選択しながら、映画「KANO」を見ながら夜が更けて行くのだろう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください