大人の夏休みの宿題 その1

 ベタは昔からクリアーファイルに入れて保存していたのだけど、フリーになった頃、お金がなくて安いスクラップブックに写真糊を貼るようにしていた。数年後、少しお金にゆとりが出て、かつ糊で貼るのが面倒になってクリアーブックに戻して現在に至ると。

 東日本大震災にて倒れた本棚などを整理していたら、その糊で付けたファイルだけがパラパラと剥がれまくってしまっていた。
 この数年分のを改めてクリアーファイルに入れようと思ってから早2年、やっとその作業に取りかかる。
 ちょうどフリーになってから結婚するまでの数年間。ペラペラ見ていると懐かしく見入ってしまいなかなか作業が進まない。

 同じ紙製で同じ厚さのスクラップブックとクリアーファイルだけど枚数が全然違うのね。そうなると番号がズレまくってしまうので困った。最後のは21で、次の22からはクリアーファイルになっているので、ひたすら21-A、21-B、21-C・・・意味のなさそうなナンバリングだ。
 結果的に6冊ぐらいファイルが増えてしまったけど、さて置く場所がない。
 幾つかの本棚を見渡してみるとスペースはあるけどA4が入らない高さだ。うろ覚えだけど、A4は、戦後アメリカとかから入ってきたAサイズで、B5は明治時代とかからあるBサイズと聞いた。
 一般的な本棚収納におけるA4以上とB5以下の冊数の比率は、1:10ぐらいあるように思える。
 特別なものやファイルとかになるとA4のが増え、我が家だとそのベタファイルと写真集とかで、1:5ぐらいになるかも。

 剥がれたベタの裏には、ファイル中敷の黄色い紙の色が糊痕と一緒に少し付着している。
 正しくは「改めてベタを取る」だけど、数えたら700枚・・単純に最安値で3万5千円。1日20枚ベタを取ったとすると連続で1ヶ月ぐらいかかる。そんな根性はもうないなぁ。変色するまでそのままだ。先にネガがビネガーシンドロームとかでダメになったら、ハイそれまで~!

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください