リベンジ漬物

 カミさんに逃げられてじゃなかった、京都に遊びに行って早3日目、だんだんと中年おやじの一人生活に慣れてきた。ほんとか。
 なんと6時過ぎぐらいに起きて、なんと目玉焼きとトーストで軽い食事をして、そこから9時過ぎとかにでかけてゆく。今までこんなことなかったぞ。

 午前中、暇だと朝昼兼用の食事なども作る。
 一人だと写真のようなシャケを半分に切ったのがあると嬉しい。そのままのが3切れ360円、いくら安くてもそんなのは買えない。買うと1週間シャケになるからだ。
 辛口と言っても、甘口のに思いっきり塩を振りかけたなんちゃって辛口ではなく、程よい塩気があってよく、松屋のシャケ定食ぐらい。一汁一菜は難しく、他の、例えば煮豆や目玉焼きとかがあったりもするので、半切れで私の場合、充分。
 アマゾンで4,000円ぐらいで買った粥釜は元気で、この半身シャケと粥でサラサラ~。
 ふじっこの塩昆布が好きなのだけど、最近はクラコンの「塩こん部長」が幅を利かせていてふじっこのは売っていない時がある。「塩こん部長」のは微妙に細くて微妙にアジ塩みたいな甘さが残る・・。

 試行錯誤を繰り返した、ぬか漬けはやっと復活した観がある。
 ぬか漬けの入れ物なんて気にせず、チャック付きのビニール袋に入れておくと、白いカビみたいなのが生えたり変な臭いとかが皆無になった。スーパーで売っていたのだけど、核家族ご用達風にグッドアイデアだと思った。

 幸か不幸か、ぬか漬けを食べるのは我が家では私だけなので、これもそれほど量は要らない。あまりぬか漬けを食べないカミさんに頼むと全部だしてきて「ぬか漬けのてんこ盛りなんて変だよ~?!」と言うと「自分でやれ・・」。

 ナスもキュウリも1食半分がせいぜい。
 ただ、今日の分と明日の分を区分けする為に切り方を変えて・・あれ、どっちだったっけ?なんてぇこともままとしてある。
 保存場所は野菜室。
 キュウリは12~24時間、ナスは18時間~、ニンジンは38時間~。とは言え、野菜室だしぬかの手入れが良くないのか、忘れて3日後とかでも古漬にはなっていない。東北人らしく必ず醤油をちょっと垂らす。
 味はスーパーで売っているのよりダントツに香りと美味さがあるが、マルイ漬物のには遠く及ばない。中国語だと「還差得遠」。その中国だけど、ぬか漬け自体は存在しているけど似ても似つかぬモノで、漬物自体はmade from Japanのようだ。
 でも昨今、漬物はあまりメジャーじゃなく、どちらかと言うと嫌いな人が20%、どっちでも良い人60%、あるのなら食べたい人10%、絶対食べたい人5%・・・あれ、残りの5%は何処へ行った?私は「あるのなら食べたい派」。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください