カタログギフト

 最近の結婚式でも良く見かけるカタログギフト。
 むかーしは、思い出の品じゃないじゃん、と、とても抵抗があったけど、今は大好き~。
 見聞だけど、それぞれ別の友人の結婚式に続けて出たら、引き出物が両方ともフォンデュ調理セットだったというのがあるから、好きなのを選ばせて、みたいな方がみんなが満足できるのではないかと思った。
 
 その結婚式だって、この歳になると殆どお呼びがかからない、と言おうか、そういう冠婚葬祭の冠婚イベント予定者が周辺にいなくなり、葬祭の方が多くなり、たまにお通夜で会う友達知人に「今度会う時は白いネクタイで会いたいねぇ」なんて言ってしまう。

 先日、カタログギフトが送られてきた。
 親戚の香典返しのだから5,000円コースのだと思うけど、100円ショップきらびやかな昨今、ええ、これが5,000円?どうみても数千円はするぞ、みたいなのが多い。
 各地の有名温泉旅館とかがあって、おお!・・・風呂に入ってお茶菓子が出るだけ。東京湾クルーズ、ケーキセット付きとかがあるが1名様限り。中年おやじが一人で船に乗ってケーキを喰うのは思いっきりキモいぞ。

 こういうカタログで、ちょうど自分の欲しかったものを見つけるのは、ちょっとした懸賞に当たった感じの幸せプラス感がある。
 幾つか見つけて、おお~!!と思った瞬間、みんな、こんなのをついこの間買ったばかりじゃないか。思いっきりマイナス感一杯だ。
 結局、食べもののカレー缶とかにしようかな、ぐらいに投げやりモード。

 さらりと言うと、28日が拙結婚記念日で20年目、良く保ったなぁ。私じゃなくてカミさんが言うだろう。
 ググってみると磁器婚式とか陶器婚式、詰まんねぇ、割れてしまいそうな物じゃないかい~。
 あと30年経つと金婚式、ま、お祝いは墓の中でが必須だろう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください