カーバッテリー

 昨年のGW辺りから「バッテリー、かなりへたっていますねぇ」。
 お馴染のスタンドはあまりなく、あちらこちら適当なところでガソリンを入れているけど、その度に「無料で点検いたします〜」と、スタンドのあんちゃん達。
 で、必ず上記のようなことを繰り返し、とうとう最近では「かなりあぶないかもしれません〜。お安くしときますが、交換しますか?」
 「いくら?」
 「この車のだと6,700円です」
 内心、ぼったくってないか?「じゃ、そのうち・・」

 後日ドンキホーテに行ったらバッテリーが売っていた。そして「こちらで無料で取り付けます。古いバッテリーは無料で引き取ります」と記されていた。おお!
 バッテリーの容量は数値で表され、数値が大きいほど容量が大きくなるようだ。
 詳しい店員に聞いたらデミオは40か46で種類によってLとRがあるようでバッテリー表面に記されているとのことで、駐車場に戻って確認したら、40のLで、それは4,300円。先日のスタンドでの6,700円と同じバッテリーかどうかは分からないが、安い!
 
 お願いして取り付けてもらったら、交換最中、シガーライターから予備バッテリーを繋いでいて、バッテリーを外す間も車体に電源を通している。
 聞けば、一時でも電源がOFFになると、コンピューター制御のパワーウインドウやサイドミラーがリセットされて動かなくなるケースがあるとのこと。昔のセドリックやチェロキーならそうかもしれないけど、ウルトラレーレベルのデミオなんてそんなのはなく、カーラジオの局メモリーが消えてしまったぐらい。

 サイトで見たら、なんと通販でバッテリーが売っていて、最安値がナショナルの2,500円。すげー安い!!
 でも、送料が735円。
 古いバッテリーは無料で引き取るけど送料は元払い。バッテリーは重たくて8kgなので宅配便100サイズで1,060円。
 合計すると4,300円・・・あれ、ドンキと同じだ。

 画像は本文とは全然関係ないけど、雪が降った翌日にちょっとスナップしたやつ。
 枯れ木の枝に雪が残っていて、まるで白い花の咲いた樹木のようで綺麗だった。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください