Monthly Archives: 1月 2021

1983年

 1983年は写真学校を修了し、一つの恋も終了し、フリーカメラマンの事務所にアシスタントとして就職した年だ。就職って言っても助手だから人権のない半社会人の丁稚だ。良い先生だったけど拘束は長い。
 やることないから、仕事が終わると、事務所のある早稲田から池袋まで写真撮りながらテクテクと歩いてゆくのが日課だった。夜遅くなるとストロボ一発のスナップばかり。
 助手をしていてどうやってフリーランスとして独り立ちするのかが全然分からず、日々先生のテクニックを盗むことに終始しながら暇つぶしにスナップしていたその年に「おしん」が始まり、ちらりと見たところでは、おしんってオレみたいだな、と何度共有したことか。全部見てないけど。
 少なくとも1983年は私にとって一番の激動の年だったと言えるかも。
 で、スキャンしていると最初の2つの写真のように青い斑点が顕在し、なに?と思えば、スクイズした時の残滴がそのまま乳剤面に付着していたところだけど、たいていはキャビネのプルーフプリントをしているのだがそれらはなかった。カラーモードでスキャンすると出現するものなのか。

 あれ、もしかして、こんなのを最後にモノクロプリントした2015年ぐらいまでスキャンし続けるの?終活とかこれらスキャンとかって、自分の人生を振り返ること、私だと写真を介してとかになるのだろうか。
 主観だけど70代になってからこれをやると辛いかもしれず、60代前半で良かったかもしれない。60代前半なら最後にもう1回、新たな何かに取り組めることもできるかもしれないからだ。70代だと、これの延長線上に何かもう1回とかになると思う。
 その1回は、ちょっと始めてみました、という意味ではないが、たぶん何もせずそのまま流れ朽ち果てるのが私だけど、その可能性を持ちながらラストまで行くのが良いのかも。
 ま、なにはともあれ、このスキャンを終わらせようね、だ。今年のクリスマスには終わったら良い。

最後の正月餅

 正月はけっこう餅は食べた方だけど、それでも余ったのに少しカビが生えたというので、そこだけ削って最後の正月餅を食べまくったのが今日。大晦日から10日も経てばカビも生えるだろう。
 毎年大晦日には地元の餅屋で仕入れてくるも、いつも空いていたのが昨年の大晦日に限り大行列となって整理券を配っていた。コロナ禍で在宅が増え、せめて餅ぐらいちゃんとしたのを、と思った家庭が多かったのだろう。
 いろいろな餅の食べ方があるけど、いつも適当にちょこちょこ食べるのなら磯辺巻きが一番飽きない~。

 何故餅にカビが生えるのでしょうか?と学校の先生が授業で聞き、じーちゃんから教えてもらった通り「早く食べないからです」と答え先生に叱られた三遊亭歌奴の落語を思い出した。

1982年の清里

1982年9月の清里の写真。
 スキャンした画面開いたらびっくり、なんだこの写真?データーを見たら赤外線フィルムとあって、なるほど。Rフィルターを付けて意気がって撮っていたバカさ、いや若さゆえかも。
 インフラレッドだとインパクトある写真になる時もあるが多いと飽きるし、また、そのように見えて撮ったわけではないので、自分の写真ながらも他人が撮った印象を受けることもある。長時間露光で動体を流してしまうのも、そのように見えてないところでは同じなのだが、ちょっと同一視できないところがある。

 荒井由実の中央フリーウェイをリアルタイムに聞き、スカイラインがケンメリからジャパンの時期に青春を過ごした、つまり今は還暦を過ぎたじーちゃんばーちゃんにとって、この「清里」は青春の聖地とも言える(そお)。
 清里は、東京と大阪の真ん中辺りに位置するので、確かに車のナンバーは東西入り乱れている。
 その聖地のシンボルはなんと言っても「清泉寮」だ。別に泊まるわけではなく、そこで売っているソフトクリームを食べるのが清里でのメインイベントだ。美味さなんでどうでも良く、清泉寮のソフトクリームを食べた、というのが重要である(のはず)。味で言えば、群馬県の神津牧場のが日本アイスクリームベスト3に入り、関東では一番だと思うが、アイスクリームオーソリティのご意見は。

135スキャン

 120のスキャンが終わった。パチパチパチ~じゃねぇよ。大量のメインディッシュが残っているよ。
 120では1600ppi(→A3)だったけど、135はスキャン面積も小さいので3200ppiでやった。6コマスリーブ4本を一度のスキャンできる。いきなり残り時間1時間20分とか出て、あわわわーっ。これだと生存中には無理なので、2400ppi(40分→四切/A4)にした。生きているのも20年ぐらいなので、このサイズで妥協した。
 スキャンして成形するのに2本で90分。これで3000本強、いつ終わるのだろうか。苦行だよこれ、出家か。これが終わったら悟りが開くとかだったらどんなに良いことか。でも開きそうな難行だ。

 135は120に比べて反りが強いが、何となく等倍で見るとピントも合っているように見える(錯覚)。気休め的に台紙を置いて反らないようにセットしているが本当に気休めだ。
 手元にあるデスクトレーから取り出したので1982年からだけど、ピント自体が合っていないのが多い、写真学校2年目の学生だったのに・・・24才。
 あの頃はこんな写真を撮ったよ、と思ったが、思いっきり肖像権がクリアーできないのが多く(単に友人知人が写っている)、当時の猫親子でご勘弁を。
 気の良い野良猫を餌付けしていたら私の部屋で寝泊まりするようになったのがタマ。そのうちいなくなったと思ったら私のファンシーボックスの中で小猫を産んだ。それがミーコ。1994年まで生きていたので12年、当時の平均寿命ぐらいかな。その翌年にロベルト、翌々年にルルデ、その翌年に娘、そして数年後にパコとなった。おっと、私は猫ライフだったんだ。

七草草粥

 本日は七草粥だけどその名の由来を考えると、昔の人は6日までお節料理を食べ続けていたとかになり、よく飽きないもんだな、思った。私があまりお節ポイントが高くないのもあるけれど、今のように豊かすぎる食生活ではなかったからだろう。

 たまたまブランチは粥だった。
 粥には塩昆布が欠かせないが、ちとこれにおいてはしょっぱいのでザルにあけてこねて塩を落としているのだが結構な量だ。
 価格と量で「ふじっ子煮」よりも「塩こん部長」を選んでいるが、塩自体は「ふじっ子煮」の方が美味い。が、小市民は価格と量に弱い。