Monthly Archives: 4月 2020

もうじきGW

 酒かっくらってグピーッと寝てしまったら翌朝6時に目が覚めてしまった。
 何気に腹が減っていたので、余っていた食パンとゆで卵のサンドイッチを作った。挟むものはオニオンスライスかキュウリで迷った。
 いつも食事をしながら新聞読むのだけど、似たような記事か、あまり嬉しくないような記事が多くて読むのもややおっくうになってきた。

 世界各国のコロナウィルスの感染者統計が毎日載っている中で、東京とかでは毎日100人感染とかが続いてはいるけれど、欧米のその経過からすると、倍々に増えてゆくようなとんでもない数の集団感染って、あれ、日本ってまだないのでは。
 これは私達みんなが1ヶ月以上外出自粛をしていた成果ではないか、と思いたい。少しぐらい良い点を見いだしたいもんだ。
 ただ、悪代官が農民からより年貢を取り立てるように、GW到来に際して、買物は3日に1回等、更に追い討ちをかける自粛要請があることを都知事がほのめかしていた。非常事態宣言、5/6とかに終わらない感じがしてきた。
 実際は、感染者数が思いの外、減らないところからのより外出の回数等の規制と思われるが、根本的なところはもっと他にあるのでは、と思うも、ニュースとかの聞きかじりの私なんぞの素人がどうのこうの言うところではない。
 どこかしらイライラしてしまう在宅において、健康維持だけではなく、なるべくイライラしない精神維持のアレンジも必要かな。

アジ寿司弁当

 外出自粛が1ヶ月を超えると毎日が「晴読雨読」となりSNSに投稿するネタなどはなく、どっかのコロナ関連ニュースを引っ張ってきてくだをまくか、「今日の飯」をアップするしかないのが私のような凡人だ。
 カミさんが仕事帰り駅弁を買ってきてくれた。となると今夜は酒になる。
 この写真だけで、どこの駅弁かが分かったら、かなーりの駅弁通と言えるかもしれない。私はもちろん表紙を見ないと分かりません。東海道の大船駅名物のアジ寿司弁当で、私にとっては非常に懐かしく何十年振りに食べた。

 35年くらい前、友達が江ノ島付近に引っ越したので、良く「遊びにきて」コールがあって良く行った。埼玉から、藤沢 → 江ノ電でも良いのだが、大船 → モノレールを良く利用していた。
 当時の大船駅は、駅ビルもなく駅前ロータリー(大仏の反対側)は限りなく狭く、周辺の駅からすると乗降客は少ない印象があった。その分、昔ながらの飲み屋や料理店が少なくなく、後年それらのお店を取材したりした。
 手ブラではなんだから、いつも駅構内で買って友人宅に伺っていた。当時は、普通の駅弁が500円~600円ぐらいで、このアジ寿司弁当は激安の300円で、神奈川県内の隠れ駅弁だと思っていた。今は1,000円弱。
 「小田原アジ」とか言われるぐらい駿河湾でとれる庶民の魚の代名詞は「アジ」なんだけど、駅弁ブームになってしまってからか、思いっきり値上がりしてしまったのが残念。
 押し寿司でのサバやマス(富山の鱒寿司等)に比べ、コハダ同様小降りなので、上方からすると、公家や商人風ではないかもしれないが、江戸からすとスリムな武家っぽいモノになるかもしれない。

フルボディタイプ

 最近、こういう広告チラシを良く見かけるようになった。
 外出自粛から1ヶ月以上が経ち、またこれからもそれが続きそうな中で、外で飲まないで自宅で飲みましょ、ということらしい。
 それでも開いているお店などのテイクアウトキャンペーンなどのチラシも入っていたりするので、いずれも応援したくなってくる。

 これらワインセットは以前からあったのだが、それらは赤と白が混じっていたり、また好みではなさそうなワインなども混じっていたりしたのでずっと見ないようにしていた。が、今回のはなんと「フルボディタイプの赤ワイン6本セット」になっていたので、カミさんからの「買おうか」に背中を押された。
 それでも、こういうのは良くチラシを読んで、思い込み(思い込ませる)と現実のギャップを先に確認しなければならないところがある。買う予定だから良いのだけど、届いた後にこんなはずじゃなかった、となるのが何よりも悔しいからだ。そういう時は、100円だってすごくもったいないことをしたと思ってしまう。貧乏性たるゆえんか。
 本体価格5,000円とあるが、消費税を入れれば5,500円。送料別なので800円を加えれば、合計6,300円となり、÷6 = @1,050円。酒屋やスーパーとかで売っている、950円ぐらいのワインになる。
 また、フルボディではなく「フルボディタイプ」なので、中重口のミディアムボディも数本含まれている可能性もあるが、その都度買いに行くよりは良い。おまけにムダな外出を避けなければならない昨今において、上手い商売だと思う。
 とセコく考えてしまうが、実際はこれよりは下がることはないだろう、という予想。でも届くのは1ヶ月ぐらい先だ。

 また、旅行会社からの定期冊子も送られてきて、6月以降のツアーが沢山載っている。
 中には、なんとクルーズ船での国内旅行もあって、これに申し込むのってかなーり勇気がいるだろう、そして、ガラガラだから空いてて良いね、と言って必ず申し込む人も多少いるだろうな、と思った。ただ、今回のそれは各地の祭りと合わせてあるのでツアーは中止の可能性大。
 行けない悔しさよりも行ってみたいなという希望の方が勝っているので、こういういろいろなツアーを見ているだけでも楽しい。

Lサイズ

 朝食はいつもの粥だけど、どうも釜の調子が悪く、吹きこぼれて半分になってしまうことがしばしばあり、今日はその日に当たってしまった。
 量と水の目盛り、時間を説明書通りにしているのだけど、気まぐれ的に吹きこぼれる。指定の40分を35分、30分にしても時々吹きこぼれる。明日25分でやってみてダメだったら、チクショーの燃えないゴミへ、だ。
 
 量的に0.5合の1/2しか喰えなかったので昼過ぎにはもう腹が減り、少しだけど若さを残している胃袋だ。
 「辛ラーメン」が美味い。「カップヌードル」と同様に味がシンプルなので飽きない。辛いのが好みじゃない場合は論外かもしれないけど。舶来のカップラーメンでは、一番日本人の口に合うのはこの「辛ラーメン」では。

 外出自粛が続いているので我が家では1ヶ月以上全然外食をしていないところに、チラシが入っていて、引き取りに来てくれて2枚頼めば1枚はタダと記してあって、今夜はピザだ!になった。
 カミさんと娘用のLサイズ1枚と私用のMサイズを頼もうとしたら「LサイズでもMサイズでも2枚目は無料なので、どちらもLサイズにした方がお得と思いますが」と押し切られ「それでは両方Lサイズで」としてしまった。
 Lサイズを1人で喰いきることができるのは50才までだ。やはりLサイズはデカい、喰っても喰っても減らず、金太郎飴ならぬ金太郎ピザだ。誰だ、Lサイズなんて頼んだのは。目先の「お得です」にほだされてちと後悔。日本人は残すの嫌いなんだ・・・私だけか。

 その職場から戻ってきたカミさんが、袋に入った新品のマスクを持っていた。
 え、拾ったの?または盗んだの?と聞いたら、職場近くのドラッグストアーでたまたま置いてあったので「お一人様一袋限定」で買ってきたそうだ。なんでも、定時に店頭に置くとそれを見越して並ぶ人が頻出するので、あえてランダムな時間に並べるらしい。なるほど。
 7枚入り420円のそれはマスクとしては高級な方で良いらしい。何が良いのか分からないけど。

カレースパゲッティ

 昔からの友だちがSNSにて、とんでもない料理をアップしていて、納豆スパゲィなどetc・・・食べたくなってしまうじゃないか。
 ということで、カレースパゲッティなるものを初めてチャレンジしてみた。というほどのモノではないけど。もちろんカレーはボンカレー風レトルト。
 一人前なのでテフロン加工のフライパン+塩でゆでる。
 
 広義で言えば、カレー風ルーと麺の組み合わせは、小学校の給食で良く食べていたので、50年振りとも言える。
 本格派インドカレーではないので、福神漬けやラッキョウなども添えられるが、炭水化物は舶来スパゲッティなので合わない。結局、添え物無しで食したけれど、意外とありだ。また食べよう、という選択肢には入った感じ。
 雰囲気としては、南欧風つゆなしカレー南蛮かな。
 
 たいていの店のメニューにおいて、カレーライス風の「カレースパゲッティ」ってほとんど見かけないことがないのに気付いた。探せばあるのかもしれないけど希少かも。

スパゲッティをゆでる