Monthly Archives: 9月 2019

腕時計

腕時計

 今日はお袋の法事があった。三回忌なので2年前の2017年だ(のはず)。
 死んだのは10月上旬で、その下旬と翌月にスペインの友人が死んだのを覚えている。
 寺は浄土宗なので袈裟をかけ、形見として家族3人で買ったMONDAINE(モンディーン?)の時計をはめて出かけようとしたら、電池切れで止まっていた。電池の保ちは2年ぐらいか?
 仕方がないのだが電池切れ時が一番嫌なのは、注文して届く1両日だ。100円ショップでも売っているボタン電池なのだけど、そこに行くのさえも面倒なので注文してしまう自分の怠慢さにイライラしているところもある。
 一番良いのは竜頭式のだが、タコじゃないので幾つも持っていても仕方がないと先に思ってしまうのが微妙に詰まらない。もう少し収集癖があれば良いと思うのだが。

 昨年まで毎年のように台湾へ行っていた今年84才になる叔父も来てくれた。それも一人で千葉から電車に乗って埼玉まで杖をついてでだ。
 杖をついているので少しヨボヨボに見える叔父は開口一番、「台湾行きたいねぇ、でも、もう足が弱って腰も痛くて、もう無理だなぁ」。耳は以前から聞こえが悪くなっていたので、手元には補聴器と集音器を持っていた。
 腰が痛いのはぎっくり腰とかで足が弱るのはひざとかの神経痛云々ぐらいに思っていたが、いずれもそんな持病はなく、つまり、老化によって足の筋肉がつかなくなり、それによる足の負担が腰に来ているとのことだ。平均すればこのくらいの年齢でぶらぶら歩いているのは少数派に属する。
 しかし諦めたのは台湾旅行だけではなくゴルフもやめたそうだ。普段の運動は隣の駅の書店に行って本を買ってくることぐらいらしい。他全て健康体なので、いつになるか分からないがお呼びがかかるまでこの生活が続くのだろう。
 とてつもなく思いっきり運が良ければ、20年後の私はその叔父のようになっている訳だ。

麻婆豆腐

麻婆豆腐

 理由分からないのだけど、晩夏の9月は鬱に入ってしまう。というのを昨年の今ごろ言ったのを思い出し、一昨年も言ったのも思い出した。
 虚無の状態で、ひさしぶりに「ゴローさん」や「深夜食堂」を飲みながら見ている。アマゾンで。最新のは有料だが2年ぐらい経つと無料になるところからで、トンカツや焼き肉などが出てきて、食べてぇ、明日食べに行こう、と思うも、その翌朝になるとあの衝動的な食欲はいずこへ、になるのが通常。
 時々、二日酔いと共にそれが残る時があり、先日見た麻婆豆腐もその一つだった。
 それほど麻婆豆腐にはこだわりがないのだが、良く行く中華屋などのはたいてい甘い。どうしてなのだろうか、カレーじゃないけど子供用か?と思う時がある。これにおいては、「陳さんの麻婆豆腐」の店の味が何よりも忘れられない。
 妥協案的に近所のバーミヤンを思い出して、ハスラーでピュー。辛口を頼んだけど、それなりに美味かった。食べたい時にそれを食べるのが一番のグルメかも。

 夜に時間が空いたので、これまたふと思い出したように、近所の焼き鳥屋へカミさんとちょっと行った。時として行くたくなるのだがいつも混んでいてなかなか入れず、その日はたまたま席が空いていて座れた。焼き方も良いのだが、からしみそも甘くなくて美味い。
 食べたかったのをその時に食べるのは、やはり一番のグルメだな、と思いながら、ご禁制のレバーとシロを食べて至福の時を過ごした・・・私の至福の時って実に安上がりなんだなぁと、しみじみ。

今週末

パコチン

 朝から出かける娘の準備の音で目が覚めた。何故か二度寝ができないには残暑残る初秋だからと思われる。冬だと二度寝も三度寝もOKかも。
 最近、東京のどっかでジャニーズの大イベントが行われているらしく、グッヅ販売要員とかで毎日のように出かけている。
 カミさんは「東横イン愛好会」とかで、仲間と一緒にどこかの東横インに泊まりに出かけた。となると残るは私とパコチン(猫パコ)の二人ぼっちだ。
 今週大学のレポートを提出したので、来月初日の試験に向けての在宅学習が今週末の過ごし方となった。
 夏場においては風通しの良い場所を見つけるのが天才なのが猫種で、気がついたらリビングのところで伸びきっていた。
 夜は酒だー、を楽しみに勉学に励むとするか。← 実行が伴わないかも。

野菜炒め

野菜炒め

 昼飯は久しぶりに炒め物だった。野菜炒めだけど。
 いつもは焼き魚やシャケ、目玉焼きとか朝食っぽいのが多いのだけど、時々何かにブチ切れるというやつだ。
 こんな料理、どうでも良いのだけど、食べてみたら、おおっ美味いじゃないか(当社比)!思わずパシャリ。iPhoneだけど。
 本格中華なら少なくとも、ニンニク、生姜、長ねぎの3つを入れるのだけど、それだといつも通りになるからちょっと個性を出して生姜を抜いてニンニクを前面に出した。それでも千葉県成田山にある漬物屋から取り寄せている紅生姜を添えているので、なんちゃって中華風かな。
 桜エビと途中からごま油を足したので、これに麺を入れれば焼きそばになったりして。
 肉はやはり豚バラだね。
 
 紅生姜:古関商店
 https://kosekisyouten.com/?pid=68260900