Monthly Archives: 4月 2019

秋の催し

猫パコ

猫パコ


猫パコ

 ちょっと前にスペイン語で記したのだけど、今年の10月にスペインのグラナダに行くことがほぼ決まった。決まったのは良いのだが、まだ先のことなので、それよりも間近なレポート提出に余念がない、と思いたいところだ。
 モノクロフィルムはもうやめてしまったので、それまで愛用していた機材は業者に下取りに出して小銭を得るよりも墓場まで持って行くモードであった。が、友人マニエルが、実際に撮影し、かつ将来の夢として写真教室をグラナダに開設したいとのところから、往復のチケット代とEBONY Wide 4×5を交換したのが昨年の5月。往路は航空会社のストがあって、果たしてグラナダまでたどり着けるのだろうかの懸念が成田に行くまで続き、マヌエルの家では階段でコケて尾てい骨を折るなどさんざんだったけど。
 先月、そのマヌエル(スイス在住)からメールがあって、10月に休暇を取ってグラナダに戻るけど、私のtechinika 5×7を持ってグラナダに来ない?というのがあった。
 「希望とか予定は良いから、日程が決まったら教えてくれる」と返信したら「日程はまだ判らないけど、10月の休暇はボスからの確約をもらったので大丈夫、宜しく」。
 前回は確か9日間だったけど、今回10月は何も用事がないので2週間ぐらい行こうかな、の予定。
 可能なら、コルドバのメスキーターにまた行きたいと思うのだが、グラナダ← → コルドバ間ってバスで2時間ぐらい思ったけど、できれば列車で行きたい、が、要乗り換えだから難しいかも。

 その前に、レポートやらなくては・・・、部屋にいると猫パコがまとわりつくも、暖かくなってきたので身近な範囲であちらこちらに移動してはくつろいでいる。「猫のいる風景」ではなく「猫がいる部屋」状態だ。

10連休のGW

 このGWは最長10連休なんだねぇ、その途中で「平成」から「令和」になるし。このGWは、ちょうど佛大のレポート提出期間と重なり、気候の良い日が続く中、部屋にこもって主夫家事をしながらシコシコとレポート作成をしているところ。
 やっているのは、中国と朝鮮の近代史で、名前ぐらいしか知らなかった、清朝末の「太平天国」や「アヘン戦争」、「義和団」、「辛亥革命」等が当社比として良く分かり、なるほどね~。
 なにはともわれレポートを書き上げないと・・GWの行楽は、SNSの友達がアップした写真等を見て「おお、良いな」で共有するのが常になっている。

High Sierra

 iPhone修理を予約していたので、埼玉県大宮のロフトへ行った。
 東口を出てちょっと先に行ったところにあるロフトビルがドンキホーテになっていて、ええっ?隣のランジェリーショップのおねーちゃんに聞いたら、西口そごう内に移転したそうだ。西武系のロフトがなぜにしてそごうに?
 慌てて西口のそごうに行ってみれば果たしてロフトがあり、その中にapple公認リペアーセンターとかがあった。
 
 アップルって、クロシャツもそうだけど、はきはきと応対して洗練されたスタッフの印象があるのだが、何故か、やる気のなさそうなマニュアル棒読み的コンビのバイト風おねーちゃんが応対してくれた。
 状況を話したら目の前のMacBook Airに繋いでちょちょっと操作したら、へたれ拙iPhoneがなんとアップデートを開始して数分後には復活していた。はい、手数料2,000円~!工賃自体は当然なんだけど、愛想のないオネーチャンの分、割高に感じた。ペッパーくんの方が愛想が良いぞ。

 結局、iTunesのバージョンが古い → OSのバージョンが古い、が原因なんだけど、上げるか。
 今のMacBook Airは、2014年1月に購入し、macOS Xは10.8(Mountain Lion)で今のは、10.10(Yosemite)。これ以上はOSの仕様が変わっているので、挙動不審なソフトなどが出てきてもおかしくないのだが、iPhoneトラブル防止を優先して、一気に10.13(High Sierra)に上げた。
 「システム環境設定」 → 「セキュリティとプライバシー」 → 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内の「すべてのアプリケーションの許可」の項目がなくなっていた。つまり、アップルにおいては「フリーソフト」という概念がなくなってしまったわけだ。

 Photoshop CS6はそのまま起動できたが、Illustrator CS6は起動しなかったので、サイトで見つけた裏技設定で無事起動することができた。
 学割あるので、チューンナップした0万円のMacBook Proをポチッ、というのもあるのだが、あれやこれややりながら古いMacを使い続けるのを「けなげなワタシ」と思ってしまうところもある。