Monthly Archives: 11月 2018 - Page 3

きき酒

「界」

唎酒伝道大師

 カミさんが仕事関連からのきき酒大会パーティにプライベートで、つまり金を払って参加したら、なんと優勝してしまった。
 聞くところによると、最初6種類の酒を飲み、主観的な印象等をメモしても良いらしい。次にまた6種類のを飲んで、それぞれを当てるというやつで、全問正解。因にこの方法での場合、5問正解と1問正解は存在しないことになり、なるほど。
 優勝なので、副賞の日本酒や賞状等を頂いて帰宅したので、私と娘は、おおっ、すげー!とリスペクト。レベルで云えば、カラオケ大会とかゴルフコンペで優勝したぐらいの感覚なんだけど。
 しかし、カミさんからすればそれじゃ物足りないくらいで、凄いでしょ、のリピートとなり、最後は娘曰く「だんだん、ウザくなってきた・・」になる。
 カミさんは、頂いた賞状を額に入れてどっかに飾ろうとしていて、ヨドバシで専用額をポチッするミッションが私に下った。賞状を飾るということは、その人にとってのマキシマムを意味するのだけど・・って、私も賞状をあげたことはあるけど、賞状自体もらったことがないので、我が家の賞状としては一番だと思う。
 
 猫パコの膀胱炎も治ったと思うので、その快気祝いにもらった酒で一杯だ。と言ったら、参加賞風のパック酒が来た。地元さいたま市西区指扇の小山本家酒造の「界」という、ハリーポッターかドラクエで出てきそうなミステリアスっぽい名前だけど、剣菱のコクと八海山の強さがあって美味い。ありがちに薄かったらどうしようかと思ったところ。
 称号は「唎酒伝道大師」になっていて、大使ではない・・思いっきり仏教か、と思うも、家では「マリコ・デラックス」と呼ばれているところでは、この伝道大姉だと、ドラクエのドルイドを想起してしまった。因に、現在では「利き酒」となるけど、これはやはり「唎」は残したいところ。

 家では称賛不足のカミさんは職場でいろいろいうのだろう、部下が可哀想、パワハラにならんことを切に願わんとす。

太川・蛭子 ローカル

 何気にYoutubeで検索したら、新作登場、「太川・蛭子 ローカル鉄道 寄り道の旅」。
 年齢的に歩かされるの大変だからローカル電車途中下車風になった。その分、いろいろルールがあって良く分からないけど、ま、最初だし、取り敢えず、太川くんと蛭子さんコンビだから何となく安心して見られるところがある。
 シリーズ化になるといいな。

「土曜スペシャル 太川・蛭子 ローカル鉄道 寄り道の旅 2018年9月8日」
https://www.youtube.com/watch?v=6GuhpmBjE4k

血尿だ

猫パコ

 先週、猫パコは持病のような膀胱炎にまたかかり注射を打つも今回は変化なし。金曜日に違う抗生物質の注射を打ってもらい錠剤ももらって、週末京都から戻ってもこれまた変化なし。
 朝一番のトイレは、色の変わる砂からすれば青いピンポン玉ぐらいのになるのだが、以降は黄土色で、最後は真っ赤が点点点点・・・。トイレの後も残尿ならぬ残血尿があるのか、ポタポタ。このポタポタはあちらこちらではなく、いつも決まった場所なので、賢くもあり手間が省けて嬉しい・・いや、嬉しくない。
 医者曰く、今のが一番強いから、あとは飲み続けるしかないですねぇ。後は膀胱に腫瘍ができているのもあるけど、その場合はアウトです・・、とのこと。セーフを願って抗生物質をあげ続けるしかないのが飼い主。
 抗生物質って変な味がするのだろうか、粉末にして缶詰めのに混ぜても半分ぐらいしか食べない。混ぜないと完食。因に胃も弱っているのかカリカリをやるとゲロピ~。よって口を開けさせて入れるので、私の両手首は名誉の負傷風なんちゃってリストカッターだらけである。

 平均的な家庭だと、リビングに立派なソファがあり、家族そろって目の前にある大画面のテレビなどを見たりするので、そのソファの横が猫の定位置になったりもするのだが、我が家は昼寝用のソファしかないので、猫パコにとって家族とスキンシップをするのは、私の布団と机の上しかない。今週、かの佛大のレポートを出したので下旬に論述試験があり、机に本などを広げ、ちょっと一服しにリビングに行って戻ってくると、写真のように猫パコがふてぶてしい顔で机の上に座って待っている。
 MacBookに打ち込んでいる中で腕枕をしてZzzz…で、打ちづらい。そして猫って寝言とかオナラをするのだね、知らなかった。間近だとより臭い。
 
 風呂のリニューアルで大工さんがここ数週間入っているのだけど、その合間を縫って、猫パコ、お初脱走をしてしまった。せめて健康体の時にして欲しいもんだ。幸い、2時間ぐらいで玄関のドアを叩き、ニャァ~ンと鳴いたので事ないことを得たけど、得ていないのは佛大の学習だ。本来なら6つのサンプルレポートを書き終えて暗記週間に入っているところなのだが、まだ、5つしかできていない。どの問題にしても安堵はまだまだ先だ。
 「猫のいる生活」とかいうコピーを時々見かけるけど、良い面しか現していないんじゃない、と思ってしまうここ2週間の状況である~。

四条大宮3軒

串カツ

「庶民」

四条大宮飲み屋横丁

 京都のホテルは四条大宮にあり、用を終えて6時過ぎに近くのさくら水産並みの安い串焼き屋へ行った。
 もちろん関西ルールの二度付け禁止のやつだ。が、こういう串焼きを一度に全体に付けたい場合はなかなか難しい、のに気付いた。串を抜いてどうのこうのはちと不粋だし、全部つけ込めば良いのだが、ソースはベッチャリではなく全体に軽く付けたい場合は超難度Cだ。
 同席の大阪出身の人に聞くと、たいていこういう串焼き屋ではキャベツがお通しで出てくるので、そのキャベツでソースをすくってかける、とのこと。なるほど~、勉強になった。
 ぶっちゃけソース瓶でかければ手っ取り早いのだが、こういうのに付ける手間は一つのセレモニーとなって、気分的に美味さ2割増しになる。
 
 2軒目は、四条大宮駅前にある立ち飲みの「庶民」。
 いつも行列なのだが、たまたま一陣が去ったところで5人が入れた。ここの価格は50年前から変わっていないのではというくらいの正真正銘の破格値だ。アジフライとかメンチカツが100円ってスーパー価格だ。一人でフラっと入り、隣の見知らぬ人とおしゃべりが始まったりと、スペインのバルを彷彿させる雰囲気がある。食べログとかにも紹介されていたが、場所が場所だけに地元の人が殆どで、酒とかビールって300円ぐらいだったような記憶がある。

 3件目は、同じく四条大宮駅の交差点からちょっと入った飲み屋横丁エリア。場所で言えば、黒門通りと大宮通りの間。
 細い路地に店が連なりかつてのしょんべん横丁のように専用トイレがあり、雰囲気は、静かなローカルっぽい「深夜食堂」界隈を彷彿させる。値段と味は普通で、雰囲気が価格が2割り引きになり美味さが2割増しになる感じ。何組か常連が出たり入ったりしていたが、ダラダラと飲まず、2,3杯で出てゆく感じのスマートさがあった。

 祇園や河原町辺りを賑やか過ぎると思ったら、これら3軒、お薦め。何処で飲んでいるのか分からなくなるけど。
 ホテルに戻ったら10時半。何故か「世界ふしぎ発見」が放映されていたが、ナイターとかで延びたのだろう。ラッキ~。

今年はタンブラー

ぶったんタンブラー

ぶったん御朱印帳

鷹陵祭

 先週末、卒業生いらっしゃ〜い!の佛教大学ホームカミングデーに行ってきた。
 毎回、大学の学園祭と一緒に開催され、所狭しと雨後のタケノコのように模擬店が建ち並び、沢山の若い学生達が見たり買ったり食べたり作ったりのカオス状態でのキャンパスにいつもワクワク、ドキドキで、大学に来たぞ、と実感させられる。スクーリング時のキャンパスは、いつも今日は全休講?みたいな光景だからだ。どこの大学でも学園祭に行くと血が騒ぐ。

 今回のお宝は、参加賞のぶったんカップだ。100円ショップで売っているようなカップだけどそこに毎年色の違うぶったんイラストが入れてあり、それはそれで個人的に価値観ありだ。
 が、今年はなんとちょっとお洒落なタンブラーだ。今年の予算があり余ったのだろうか。使うの勿体ない・・取り敢えず、飾っておいた。
 例の御朱印帳を買おうと思ったら学内コンビニは休みで、代わりに会場入り口で売っていた。1,000円。その隣には一口1,000円以上の寄付コーナーがあって、ぶったんフェースタオルがあり、こちらも無意識に野口英世一枚を入れた。わざと顔が切れているデザイン、可愛いな。聞けば、ぶったんの基本デザインは学生達が創案して、それをフィニッシュしたのがサンリオとのこと。なるほどねぇ。
 
 通信生なのでみんな所在地がバラバラなので卒業後もなかなか会うこともできないのだが、こういうイベントがあるとなかなか良い。2年振りに同級生、尾張のO嬢と再会。特に何をするわけでもなく、模擬店で買いまくったモノをベンチに座って食べながらの近況報告。そんな光景、ちょっと学生時代に戻った感じがして、いとをかし。しかし、尾張のO嬢、妙にべっぴんさんに写っている。
 私も彼女もホームカミングデー3回目なので、記念品を後日もらえる事になっている。
 先に頂いたことのある先輩OBに聞くと、バスのミニチュアカーでしょ・・(えー?)、なんかのキーホールダーとか(えー?)、ぶったんのノートだったかなぁ・・(えー?御朱印帳?買っちゃったよ)。同じもんもらってもしょーがないんだけどな・・聞かなければ良かった。
 来年は別な色のタンブラーかな。

詳細webは、accitanoの佛大歴史学部東洋史
https://www.accitano.com/doc_T/Univ_BukkyoR/?&num=1#HomeComingDay