Monthly Archives: 8月 2018

大学のカレー

喫茶Buのカレー

 昨夜は、それなりに寝たので、足取りもやや軽くホテルへ戻る。その前にいつものスーパーに寄ったら、昨日作り過ぎたからか同じ時間に行ったのにもう弁当は少なく、昨日の弁当の他には焼き肉弁当と寿司セットぐらいしかなく、シールも「3割引き」しか貼っていなかった。仕方なく昨夜と同じ弁当を買う。ま、嫌いじゃない弁当だから良いけど。

 昼飯はより最悪で、1時5分から始まるのだが、その5分後に行くともう長蛇の列で、お好み小鉢も殆どなく、ピラフとかカツ丼とかしかなく、白い飯とみそ汁で喰いたいぞ、がいつも。もう一つの昔からある学食へ行くも、こういう時に限って「お盆はお休み」。
 仕方がないから、いつもの喫煙所の隣の喫茶Buへ行ってサンドイッチでも食べようと。
 メニューを見たら、カレーがあった。はっきり言って全然期待せずも、やけくそで大盛りを頼んだ。初めてのオーダーなので写真でも撮ってから食べたら、思いの外に美味い。駅構内の立ち食いそば屋やココイチよりも美味い。何かのスパイスが違うのだろうかホテルのレストランとかキッチンのカレーに近い(もちろん同じではない)。個人的にはちゃんとした赤い福神漬けがグー。
 なんでだろうか、まったくの個人経営での手作りだからか。320円、大盛りで380円、明日もここの大盛りカレーだ。

ひとしくん人形

 昨夜のホテルだけど、今夜のテレビ何をやっているのだろうと、「テレビ番組表 京都」で検索してみたら、ちゃんとそういうのが表示され、すごいものだと感心した。チャンネル数も合っている。
 好みとして見てみようかというのがなかったので、youtubeにて「世界ふしぎ発見」を検索したらズラズラズラ〜と表示されて、これもびっくり。先週のを見たら、台湾の基隆夜市へ行きそこから豪華客船で八重山諸島か石垣島へクルーズするのをやっていて、へぇ。石垣島のパイナップル栽培は台湾からの移民によってもたらされたものと、取材があって、またまた、へぇ。
 二本目は、ジョージアという国で、相撲の関取(名前知らない)の出身地みたくて当人も登場していた。なんでも8000年前に作られた最古のワインがジョージアとのこと、へぇ。
 
 二本見たところで酒が回ってきたのか、11時ぐらいに一気にZzzzzzz、で目が覚めたら、じじいみたく6時に目覚めてしまった。隣の松屋でぶっかけ玉子朝定食を食べる。近所に「なか卯」なし。
 本当は学食の朝定100円セット+ 70円のおかず、にしたかったのだが、盆は休みのようだ、根性のない学食だ。

弁当半額

弁当半額

 間違えて作り過ぎてしまったのだろうか、いつもは夕方6時半以降から半額シールが貼られるのに6時20分から早くもペタッ。1枚目は「100円引き」かも。
 今日から3日間スクーリングで、今日も36度ぐらいあって暑かったようだけど、朝夕の風とうろこ雲の青空は、残暑風の晩夏であった。9月に来るとすげー寂寥感漂っているのだろう(9月の予定はないけど)。
 入学後初めての2泊3日の2課目なので、9時~18時×3日。16時過ぎから東北アジア史のロシアになり、インド仏教同様、初読では舌をかみそうな地名と人名ばかりで、頭に入らずライフポイントがゼロになってしまった。
 明日も9時から6時までかよ、明後日もそうかよ・・と、スクーリングってスポーツなんだな、と思った。
 おまけに歴史学科ってレクチャーを聞くだけなので、気が付くと「あ、寝ちゃった」になり、ちょこちょこ突っ込みを入れるように質問したりしないと、間が持たなくなってしまうことしばしば。受講生2人で良かった。

 とても復習や予習する気力なし。
 酒でも飲みながらいつもの「世界ふしぎ発見」でも見ようと思ったら今日は土曜日ではなく平日だ。しかし、ホテル代はネット割引での5,100円。6,300円は週末料金らしい。ひとしくんはyoutubeで探すか。

免許センター

 久しぶりに違反をしたので久しぶりに免許センターへ免許の更新へ行った。
 最初の受付ロビーには、中国の北京駅を思わせるぐらいの更新者で埋まっていたが、みな一糸乱れず整然と並んでいたので、ここはやはり日本らしい。
 違反1につき1時間講習を受けるようで、私は2時間だ。指定された番号の部屋へ行くと150人ぐらいの人が机を埋めて座っていた。受け付け票には「違反」と記されているので、私を含めスネに傷を持つ前科者風な人達においでいただいているわけだ。
 講習を受けないと更新ができないのが法令で定められている云々と、まるでこの講習は労役みたいな懲役禁固2時間刑だ。

 埼玉県南に住む私からするとこの鴻巣にある試験センターは30kmぐらいあって遠い。普段なら1時間半だ。幸い日曜日の早朝だったので40分だったけど。埼玉県の地図からすればほぼ中央に位置する鴻巣市なので、なるほど公平的だ。しかしそれなら東京都の真ん中として八丈島に試験センターはあるのか?などとくだらないことを考えていたらやっとこさビデオが終わった。
 玄関を出たら湿った熱風が身を包むも、出所するとはこんな感じなのかと思った。そして目の前の中庭に喫煙所があったので、一服してプハァ~。あ、「シャバの空気は美味いぜ」ってこういう感じなのかと擬似体験をした。

 ゴールド免許証って全然メリットがないと思っていたけど、いつからか車両任意保険の規定が変わり、ゴールドでないと年間4,500円割り増しになっていた。

出戻り

 私にとっては非常に高価な1,800円もするワインを昨夜飲んだので、気持ちよくグガ~と寝た。工事現場にいるような夢にうなされて夜半に目が覚めたら、枕の隣に寝ているカミさんの顔があった。おまけに喘息のようにゴホン~ゴホン〜の連発で、工事現場ってこれのことか。しかし、これじゃピロートークならずピロー咳コンコンだ。
 あっちに行けッ、と蹴飛ばすとカミさんに殺される。このままだと風邪うつるかも、と気になりながらZzz….。

 シーツまでびっしょりの大汗をかいて朝に目覚めた。
 シーツ等を洗濯しシャワーを浴びてさっぱりするも、また大汗で、どうやら、カミさんにうつした風邪が返礼のように戻ってきたようだ。
 さて、どうするかはその時の症状に拠り、38度から37度に下がったカミさんはそのまま布団の上。私は咽は痛くもなくタバコも美味い。微妙なダルさぐらいなので起きていようか。ここで寝てしまうと、夜に寝つくのは明け方になるからだ。
 あまり集中力が出ないがダラダラとレポートの続きでもやり、早めに布団に入り、アマゾンから届いた「竹島」でも読もうか。パラパラと読んだが、この中公新書のは、それぞれの主張を客観的に分析していて面白そうだ。
 予算をこれ以上かけたくないとは言ったが、送料込みで450円だから良いか。しかし、アマゾンギフトの500円を超えていないのがちょっと辛かった。

1 / 3   1 2 3