Monthly Archives: 3月 2016 - Page 3

初春のラブコール to 娘

 昨年の11月頃から、やたら娘に成人式の衣装や撮影のお誘い電話とDMが舞い込んでき始めたのだが、ンコしている最中に向こうで携帯電話が鳴るのと同様、「今かよ?それどこじゃねぇよ」だ。
 私立大学の試験がほぼ終わる先月下旬辺りになると、より電話がかかってきた。あんまりしつこいから、会社名メモして、ここには絶対にゆかないぞ、という思ったくらいだ。
 実際娘の成人式って、再来年の2018年の1月だから、鬼が笑う以前だし、その予約お得サービスだって、2年も先のを「早割」とは言わないよ。
 貸衣装のサイズとかが合うように早めに予約しようとは思うけど、そんなの来年の今頃だって充分だ。

 と思っていたら、学生保険とかいうのがあって、在学中に死亡とか怪我や通院、そして破損保証などをするやつで、4年間で4万円ぐらい、ま、4年間の海外旅行障害保険みたいなものだ。
 聞いた事のない保険会社とかもあって、なんだよ要らねぇよ、と思っていたら、カミさんが勤め先の方で契約したとのこと・・キョウビの学生、こういうのに入るものなのか?

 極め付けは、河合塾(だったかな?)から電話がかかってきて、「前回の模試にて、娘さんは上位優秀な成績を収めましたので奨学生として入塾することをお勧めいたしたくお電話いたしました」というのがあった。
 最初、全然意味分からず。大学に行っても予備校って通うのが今のご時世なのかな、とか。でも、前回という娘が受けた最後の模試は昨年の11月ぐらいで、「上智とか早稲田の合格率はどうじゃったい~?」と聞くと、「ボロボロ~メランコリ~♪バイバイ上智大隈だったので、聞かないで~」、だったので、どこが上位成績なんだ。
 良く分からないから「あの~、大学に通いながら塾に通うのって、何か有効なのでしょうか?」と聞くと、「あ、進学おめでとうございます。それでしたら大丈夫です~」と、言った後に足早と受話器がガチャン~。

 大学受験の子供がいる家庭の電話番号の個人情報は、もう完璧に流布されているわけだ。
 「○×大学、ご入学おめでとうございます」と言われると、かなりデンジャラスと思う反面、それだって、どう転んでも最後は当人の承諾の元に購入契約する訳だから、開き直ればこういう場合での「個人情報漏えいなんて怖くはない」とも言えたりもする。
 これで言えば、私のような50代は静かである。
 でも、あと10年ぐらい経つと「宅配オムツサービス」とかのDMなんぞが舞い込んでくるかもしれないと思ったりもする。因に、墓地購入のお誘いは、年齢関係なく来る。
 あと2年ぐらいすると「就職○×強化セミナー」とかのDMとかが舞い込んでくるのかもしれない。

卒業旅行

北陸新幹線駅弁 カミさんと娘は卒業旅行と称し金沢の方に旅行に行ってしまった。
 数日前に決めたので良い時間帯のは総て満席で、結局始発6時発となり私が目覚めた時には誰もおらず、頭上にてふすまに穴を空けてかじっている猫パコがいるだけだった。
 悲しいのは、2年くらい前からこういう家族旅行になると、必ずexcpto とーちゃん con かーちゃんがデフォルトになっていることで、もっと悲しいのは、それに違和感を覚えなくなってしまったとーちゃんだ(涙)。グレてやる・・。

 カタカナ名のセレブな車両も一杯だったので普通席みたいだけど、北陸新幹線だ。私は乗ったことはない。カミさんは2度目だ。いいな。
 こういうのが娘の場合にも多くなり、成長過程の一つなのだろう。娘はホームステイと修学旅行で2度もアメリカ(の何処か)へ行ったけど、私はデトロイトでトランジット1泊のみだ。
 
 寝起きで、プカァ~っと一服していると、娘から駅弁写真の貼付メールが来た。
 新幹線の駅弁なんて初めて見た。昔秋葉原にあった交通博物館最上階の食堂にて「ひかりランチ」とか「こだまランチ」とかがあったぐらいだ。
 でも、見たら開業記念弁当だ。そのうちなくなってしまうということ?
 北陸新幹線の沿線の名産を集めたのだろうか、なかなかのバラエティで、酒のつまみにも良いかも。
 
 私の高校の卒業式の翌日とかに能登半島を歩いて一週したけど、娘も同じ時に同じ方面へ行っているのは、親子だな、と無理やり思うようにした。
 昔は金沢から輪島まで汽車が走っていたけど今は廃線になったようだ。
 輪島は昔から朝市が有名だけど、その40年前に行った時には、ほんとローカル色豊かで、路上脇にミカン箱を置いてその上に品物を載せて売っていた感じだ。
 その中で生ウニが売っていて1匹100円、ケツを割って手のひらに中の卵を取り出して食べるだけ。いまだその美味さに匹敵したウニを食べたのは2度ぐらいしかない。
 今はかなりイベント風に様変わりしてしまっただろう輪島の朝市だけど、ウニが売っていたら是非食べてみてね、と伝えたけど、果たして今でもあるのだろうか?

ドッグ

ドッグパン 昼に仕事を終え、後は家に戻って画像処理をする、という時に「昼は何を食べようか?」と、ゴローさん風に思って、ふとドッグパンが食べたくなった。「孤独のグルメ」だと、ちゃんとそういう店を短時間で見つけるのだが。 
 つまり、細長い丸いパンの間におかず等を挟んだのがドックパンで、個人経営のパン屋定番のものだったが、最近では私の知る限り絶滅状態だ。
 個人経営風の自家製パン屋が多くなった昨今だが、ドックパンはなかなか見かけない。オーソドックスなオニオンスライスを添えたハムパンや、ゆで卵の輪切りの玉子ドッグ、コンビーフ&マヨネーズドッグなど・・こんなの飛行機に乗っている時に「築地宮川のうな丼が喰いたい!」と無性にかつ無駄に思うのと同じだ。
 
 しかし、コンビニにこういうドッグが幾つかあるのをついぞこの間まで気付かなかった。あるのは知っていたけど。
 ハムカツドッグ、コロッケドック、やきそばドッグ、ナポリタンドッグなどなど。他のお洒落なパンよりも安いのは、世間一般からするとチープなパンに見られているのかもしれない。
 
 こういうのを2つと白い牛乳パック、そして塩付きゆでたまごかチーカマを買って運転しながら食べるのは小さな世界観を感じたりするのは、必ずや仕事帰りの午後以降で、これから仕事だ、という早朝の場合は、やはり日本人なのだろうか、ミニおむすびセットとかが落ち着いたりもする。

 でも、なぜこれが「ドッグ」なのだろうか。
 ダックスフンドとかに似ているからとかなら、なかなかナイスなアメリカンセンスだ。

NHK

 ばーちゃんがずっと入院しているので、光熱費等の諸経費や入院費などの管理を私がしている。
 いつ見られるかどうか分からないテレビやそれに付属したIP電話などを解約したりして、ふと、ばーちゃんの通帳を見たら、「NHK 2,500円」とか記帳されていて、ええ?
 ここ何年かNHKの受信料の支払いについていろいろ問題になっているので、銀行引き落としの契約を電話にて解約するが、すげー憂鬱だ。
 それは、テレビは見ているのだけど、NHKは見ないからなどから受信料は払いたくない等の問題なのだけど、ばーちゃんの場合は、本当に見られない状態になって正しい解約理由にはなる。ネットで検索してみると「テレビ自体があると見なくても支払らわなくてはならない」などと記されていて、うーむ、勘ぐられるかな、と一抹どころか思いっきり不安になった。

 電話をしてみれば、あっけなく解約手続きが済んだ。あれま、だ。
 携帯電話を持つなど、今風のちゃんとした契約をした訳ではないので、こういうものなのかもしれない。
 実際は、我が家は電波障害地域で、地上波(意味不明)の線が来ているので、繋げればテレビを見ることができる、とケーブルテレビを解約した時にその担当員が言っていた。
 ただ繋いでも、我が家の誰も見ない。それでは、大画面液晶テレビがあるので、ビデオに繋いで映画とかを見るか、というのは10年以上前の話で、今はビデオ等は総てマックで見ているので、このテレビ、どうしようか?だ。そのうち粗大ごみ引き取り等になるだろう、ばーちゃん復帰無理ならばだ。

 そういえば、今日11日は東北大震災の日だ。亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。で、昨日10日は東京大空襲の日だ。続いているので、逆に3月12日は何もないようにハッピーマンデーのように「平穏祈願の日」として祭日になれば良い、と思ったりもした。

カレー

京都のカレー お友だちが京都に行ってお土産を買ってきてくれたのが、4箱の京都のカレー。
 京都ってカレーが有名だったっけ?村興し的かな。
 「日本一辛い黄金カレー」を食べてみたけど、ココ壱カレーよりも大きな肉が入っていてグーッ。タイトルに偽りなしに辛く、2時間ぐらい胃袋がヒーヒーしていた。
 レトルトカレーって、ボンカレーのイメージがあるけど、価格も違うのだろう、それなりに美味くてびっくり。
 カレーと言えば昭和スタイルの真っ赤な福神漬けだけど、これが最近あまり売ってはおらず茶色のが多し。紅生姜も同様。
 何とか見つけた真っ赤な紅生姜を添えて、いただきまーす、だった。