Monthly Archives: 2月 2015 - Page 4

申告っす〜

 今、確定申告をやっている、というと、おお、エラいなぁ、早くも~、とかを聞くこともある。多少締切を過ぎても良いけど、いずれにしろ3月ってカメラマンにとってはそれなりに忙しい時期だと思う。少なくとも2月よりはだ。
 いつやっても面白くない作業なら暇な時にやる方がまだ良い~。
 稼いでいれば2日ぐらいかかるのだが、稼いでいないと1日で終わる・・・、稼いでいないけど今回は1日で終わらなかった。いや、徹夜とかすれば終わるのだけど、力尽きてしまって、集計は後日だ!になってしもうた。

 いろいろ確定申告のソフトがあるけれど、いずれも簿記9級ぐらいの知識がないとまったく分からないものだ。
 それでも最初、簿記の本などをひも解いてみるも、途中から「オレは何をやっているのだろうか?」になる。
 記述の仕方や用法が、義務教育で受けた技能を越えて複雑過ぎて全然分からない。

 結局、今で言う自分でwebアプリを作ったのが、2007年。
 完璧じゃないけど集計したのをプリントアウトしたのを税務署から送られてきた画定申告用紙に記入するもの。cgiで作ったのだけど今思うとphpで記述すれば良かった・・・と、毎年この時期になると思う。
 思いっきり稼いでいるのなら、それはそれでphpで書き直すぞ!とかなるが、フニャチン稼ぎだから、そんな根性ゼロだ。

二十歳へ

ロベルト 恥ずかしながら、この年齢になるまで、年齢の「満」と「数え年」の違いが分からなかった。
 公的な場面で年齢を記す時に分からない時には「今年の9月で○×歳になるけど、○×歳と記せば良いですか」で済ませてきたからだ。結果的にこれは「満」言うようだ(アホ懺悔)。

 先日、中国語のテープ(今だとCD)を聞いていたら、ちょうどこの年齢の話題だった。
 中国の数え年は、妊娠した時点からカウントするので生まれた時点で1歳になる。そして生まれてから次の春節(旧暦の正月)で2歳になるらしい。
 つまり、今年の春節が2月2日からとすると2月1日に生まれた赤ちゃんは2日後の2月3日でもう2歳になり、翌年の2月1日の誕生日が来ても2歳である。妊娠した時も生まれた時も「個」であり、生きた長さである年齢も「個」なのだが、何故か、生まれた瞬間から共通的な暦に沿ってしまうのが面白い。すげー!
 日本だと便利が言葉があって「暦の上では・・」。

 毎年、正月の日付が変わるというのはすごく面倒だと思うのだけど、昔の日本も旧暦だったので、単なる生活習慣の慣れからかな。ただ、中国語のテキストには「私の誕生日には、お母さんが美味しい料理を作ってくれた」とかがあるので、一応は誕生日という概念が中国にもあると思うのだけど、年齢が変わらない誕生日を祝う、というのが良く分からない。今度、中国人の先生とかに聞いてみよう~。

 それで言えば、我が家の5月生まれの長男ロベルトは21歳で、今年の春節が今月18日からなので、それを過ぎれば22歳になる。おおっ。「満」で言えば、19歳だけど。
 しかし、年が明けてからどうもやばい。2年前の長女ルルデが死ぬ1ヶ月ぐらいと似ているのだ。
 階段もヨタヨタと上り下り、食べ物もあまり食べなくなったし、だっこしてやると骨と皮だけになり昔は8kgぐらいはあったのに今は3kgぐらいしかなく「われ泣きて3歩あゆまず」だ。
 夜、シャワーに入ろうとすると必ずロベルトがやってくる。桶に溜まった水を飲むためだ。寒いからお湯と合わせて冷たくない水を入れてあげて飲ませてやる。飲み終わるまで私はフルチンで寒いシャワールームの椅子に座っている。ブルブル~。
 16歳ぐらいの老齢から何かの病気にかかり、というのならいろいろ対処法があるのだが、病気もせず単に老衰からだとするとやるすべもなし。「no hay remedio」か「没辦法」だ。
 獣医に聞けば、最後は肝臓低下とからしい。人間なら透析とかがあるけど。その機能が弱まれば老廃物を排泄できずに体中に毒素がまわりジ・エンド。水を良く飲んでいるからまだ良いかな。
 明日からカリカリはやめて、缶詰にしよう。せめて5月まで保って欲しいのだけど、厳しいかなぁ・・今から心の準備をしておくと。