Monthly Archives: 2月 2015 - Page 3

イベリアからの便り

 珍しく、スペインから手紙が来た。
 スペインの東北地方、アンダルシアのグァディックスという田舎町に住む友だちからだ。
 3枚あって、1枚は手紙で2枚はスマフォで撮った近況の画像プリントである。
 カミさんが、あまり写りの良くないプリントみたい・・というから、「おい、勘違いしちゃいけないよ。スペインからだよ。アンダルシアのスペイン人がインクジェットでプリントアウトして送ってくるなんてすげーことだよ。感謝しなければいけないよ。」
 手紙もちゃんとパソコンで打ったやつなのでひじょーに読みやすい。日本人が書いた日本文だって決して日本語を学習する外国人からすれば読みにくいものだと思うけど、年配のスペイン人には充分な教育を受けていない人が多いので、人称や時制が微妙に幅広くなっていて、あれ、これいつのこと?とか、これ、誰?というのがあったりする。
 手紙には、その友だちのフォアキンの奥さんカルメンのお父さんが亡くなったと記してある。
 あれ、ずっと前に亡くなったんじゃないの?と思ったら、それはフォアキンのお母さんで、カルメンのお父さんは92才でのこと・・、いやいやスペイン人、相変わらず長生きだ。
 娘婿のエデューが私に何回もメールしているのだけど私が全然返事をよこさないと記してあったけど、エデューは携帯からメールくれるので、私のinfo@***が迷惑メール等でハネられてしまうみたいだ・・というのをスペイン人に説明しても無駄である。
 こういう時のスペイン人って理由なんて聞いておらず、なんでも良いからメールを送れる状態に私の方で調整して欲しい、という意味になるからだ。よって「エデューのメーラー設定を日本語OKにしろ」で押し通すと。
 そのエデュー、隣にカミさんのマリアがいなければ「誰だ、このデブ?」だ。太ったじゃなくて膨張しちょるぞ。

 というメールや写真を見ていると、寝る子を起こすように、トラベルコちゃんとチェックしてしまう。
 おお、アエロフロートが13万であるぞ、マドリッドのバラハスでモスクワのシェレメチェヴォでのトランジットだけど。
 マラガもある。エディハド航空またはターキッシュ航空、何処の航空会社だよ?・・14万円、30時間、なんなんだよ、この30時間って?思いっきりの南回りで、イスラム国云々で今ヤバいんじゃない、こういうルール。外務省からパスポート取りあげられてしまうかも。
 エアフラだと、思いっきりの19万円、いつからお大尽合用達になったんだおふらんす。誰が乗るか。
 アエロだと2週間ぐらいなら25万で行けるかな、と妄想中の妄想をしてしまう~。

その後の「三字経」

 「三字経」は終わったと思っていたら、散歩していたり車や電車に乗っている時などつい暗誦している自分がいた。
 強い意志や義務感がないけど、飽きるまで適当に暗誦しようかと思っていた。
 孔子が自分の思想である儒教を広めようと各地を回っていた箇所の「尚遊説」で、ひっかかった。

 意外と中国語って多音字が多いのが面倒だ。つまり1つの漢字で発音が幾つかあって意味も違うというもの。日本の漢字の倍以上はあるのだから、多音字なんてやめて欲しいと思う外国人学習者だ。
 「言う」は「説」で「シュオ(shuo1)」だけど、楽しい、嬉しいなどの意味の「ユエ(yue4)」もあり、これは中国古典で良く出てくるのを大学で習った。
 が、「遊説」は日本語で「ゆうぜい」と読むのに気付き、改めて辞書を見たら、その意味の「シュイ(shui4)」があった・・おけつ、じゃなくってうかつであった。

 そのユエは「悦」から来て混同してしまったのを予想できるが、シュイも別な異体字とかからだけどっ辞書では「去声」となっていたから、昔からそんなに発音の変わらない漢字だったように思われる・・なんだっけ??なんてぇのを佛教大学で勉強したのを思い出した。
 「若い時にもっと勉強しとけば良かったなぁ」じゃなくって、つい数ヶ月前のことだ。学なんて「成り難し」じゃなくて「成らない」もんで、中国語なら「成不了」とかだ。

 佛教大学の卒業間近な時、中国人同級生風数人に「三字経って知っている?」と聞いた事がある。
 1人が「聞いた事があるよ」、他は「知らない~、それ何ですか?」。三字経を教えてくれた先生を恨むよ~(笑)、我泣きて一服もタバコ吸えず(涙)。

ロベ堕つ

ロベルト 「保って1週間かな」と言ったけど、ロベルト、今日の午後13時ぐらいに逝ってしまった。
 最後は咳をして四肢が伸び切ったと看取った娘が言っていた。が、本当に死んだのかどうかが分からない。足を持ち上げたりして腹を見たりするが、動いてはいないが動かないぐらいの心臓の鼓動になっているのかもしれない。
 あいにく土曜日なのでいつもの犬猫病院は16時からだ。取り敢えずそのままにした2時間後、確かに体は冷たくなりつつあり死後硬直が始まっていて木製の人形のようになっていたので医者には行かず、2年前のルルデの時と同じくペット専用斎場に娘と一緒に行った。

 老衰で死ぬ時の猫は早い。犬とかもそうなのかな。歩けなくなると2〜3日だ。
 水はかろうじて飲むが食べ物が食べられなくなる。よって最後の2〜3日はウンチはないが小便がちょこっと垂れ流す。生きている時は、臭いなぁ、と思うも、死ぬと斎場へ運ぶ時にその臭いが服に着く(今回は娘のコートだけど)、家に戻ればほんのり排尿の臭いがするそれらが生前の遺物となり、生きていた時のぬくもりを思い起こさせる。

 何もやる気が起らないので、ロベルトのカレンダーを作ることにした。
 例のtolot(http://tolot.com/)だ。タイミング良く?4月からというのもOKだ。
 年末年始にルルデのと友だちに作ったのと2回注文したけど、まさか3回目があるとは思わなんだ。

 高田馬場のギャラリー「26日の月」でやった写真展「ロベルル」のをスキャンした。
http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/Solo/Dos_Gatitos/?lang=J&num=1
 写真展のだから、それなりに良い写真であると自画自賛する。が、作品としては良いのだけど、親バカ的に見ると、もうちっと適当でいい加減なフレーミングの写真、つまりカミさんが撮った写真の方がより思い出深いのではないかとも思った。つまり写真の良さって、その写真自体もさることながら読み手の主観にも拠るところがある。
 その葬儀屋から「写真を1枚持ってきてください」と言われ、「ロベルル」のをチェックするもあまりピンと来ない、結局カミさんのiPhoneで撮った昔のデブチン・ロベルトの写真にした。
 葬儀屋さんが「ずいぶんと太っていたのですねぇ・・」
 「以前は8キロもあったけどダイエットさせましたデス」
 「ですよねぇ、8キロもあったら20歳近くまで生きられないですよ〜」
 医療の発達した人間は別として、動物においては肥満はダメなようである。とは言え、もともとスリムだったルルデは17歳だったから個体差もあるのかもしれない。

引き続き、「KANO」

粥 あまり美味そうに写らなかったけど、今日のブランチ。
 いつもの粥に、タラコとシャケ、写真には写っていないけど、これにナスの香物。なんか江戸時代末期の裕福な証人とかの食事みたいだ。

 その粥を喰いながらiPad経由にて台湾の飛行機の墜落画像を見て、すげー!!!・・え、基隆の近くの川・・あれ、この間、汽車とかで通ったところだ。
 航空会社は、トランスエアーアジアなんとか・・で「復興航空」・・うげっ、前回、傘寿の叔父と一緒に乗った飛行機だ。
http://www.accitano.com/doc_T/Viaje/2014_10/?lang=J&num=1

 おまけに、帰国後の数日後にやはり墜落した復興航空だ。この時は台風の中、無理やりの着陸云々とかで今回はそうではなく、ニュース等からでは整備不要かららしい。ただ、いずれもプロペラ機だから、で無理やり自分を安心させると。
 来月は、どこの航空会社だったっけ?と急に気になった。台湾のANAのエバー(長榮)だ。ほっ。

 それでも、その前回の復興航空では機内映画での「KANO」で大変お世話になった。
 たいていは滑走路に着陸した瞬間にビデオは消えてしまうのだが、その時は、ほんと建物に設置しエンジンが止まる寸前まで流れていた。そのおかげでたつぷり3時間はある「KANO」を見ることができた。感謝、復興航空。でも、3度目の正直はやめてね~♪

 その記憶を元に、機会があれば、ずっとYoutubeを見ている。
https://www.youtube.com/results?search_query=kano
 上から順番にクリック・・もう何回見たのだろうか・・。

 この映画では、近藤兵太郎監督が人種等の差別がないことを強くアピールしているが、実際は、どこかしら何かの差異意識はあったかと思われる。ただ、高校の監督の場合はそんな差別よりも勝つために上手いか下手かが最優先だから結果的に差別がなかった、という風になっているのが実際だと思われる。

 上記urlのを順番に何回も見て、おお、そうだよね~、などと勝手なおやじ解釈にて感涙し、あとで「また、とーちゃん、youtube見て泣いているの~?」と娘に茶化される。

 でも、甲子園で準優勝、というのはすげー。今まで日本人、これになんで気付かなかったのだろうか、これもまた気になるところだ。

ファイナル、「三字経」

暗室用換気扇 夜、中国語教室にでかけようとしたら、換気扇から鳥のさえずりが聞こえてきた。
 1ヶ月くらい前からだが時々聞こえてくる。暗室用の換気扇なので屋外には光が入らないようにカバーがしてあり、その中のひさし辺りに鳥達が留まるのだろう。
 ずっといないから巣に戻る前の中継点のようんだ。ややタバコ臭いけど暖房の効いた暖かい空気が排出されるから良いのかもしれない。
 意外と鳥のさえずりも良いもんだ。家の壁に鳥カゴとかをつけようかしらん~。
 鳥も飼いたいと思うが我が家には猫が・・と思うその猫、ロベルトがいよいよあぶない。
 上手く歩けないしコケる時もあり、昨日辺りから飲むのは水のみで、カリカリから缶詰に替えたけど殆ど食べない。
 怪我とか病気とかならいろいろやることもあるのだけど、単純に老衰状態だからなす術もなし。医者に行けば何かしらの注射とかを打ってもらえるけれど、あまり持続効果のない延命処置風なので、病院には連れて行かずそのまま在宅見守り状態である。
 2年前に19歳前でイってしまったルルデ同様に痩せ細ろえているロベルトを見るのはつらいけどこれもしょうがない。いっそ病院に行って安楽注射をという思いは1%もないので、あ、オレ、意外と優しいじゃん、と勝手に納得する。
 何でも良いけど、あと3ヶ月保てば20歳になるのがちと残念で、保っても今月一杯かな。夜の中国語教室の時にカミさんから電話があって、水飲み場の風呂場でコケたと・・あ、保っても1週間かな。

 一度に言うと20分ぐらいかかる私の「三字経」は、覚えてもどこにも発表する場所がないので、4つに分けて地元の中国語教室の授業にて発表することの今日はその4回目のファイナルだ。
 相変わらずぎこちない(中国語で「生硬」というようだ)けど言い切り、かつ一度もアンチョコ等を見なかったのが個人的に大満足である。
 これらの「三字経」をまとめれば佛教大学文学部中国学科の論文は可能かもしれない。ただ推測ばかりなので大学院の修士論文は難しいかもねぇ?

 歴史部分の三国志のところを私は「蜀魏吳」と読んだが、「魏蜀吳」じゃないかとのツッコミがあった。
 チェックしてみると確かに両方が存在していた。web上のみだけど調べてみるが、それぞれに理由がありどちらがオリジナルなのかが分からない。
 時系列で言えば「魏蜀吳」だけど、朱熹の主張からすれば「蜀魏吳」である。「三字経」は宋代だから、やはり朱熹か、というところでの判断でしかない。相変わらず「三字経」は悩ましい~。

http://www.accitano.com/doc_T/Estudio/?lang=J&tema=Sanjikei&paso=1