Monthly Archives: 2月 2014 - Page 2

ボッキ~中島の酔いどれ調理教室

 デジペンE-P1を見たら、いつか作ったスパゲティが写っていた。無性に食べたくなって作ったのだろう。
 ちょっと汁っぽく、うどんのようにツルっとしたのが好きなのだが、これ結構大変で時間を見ながら段取り良く作らないとならない。
 おまけに最近のスパ麺っていろいろあって、8分ぐらいだと思っていたら4分とかもあるので、ちゃんと袋の目安時間をチェックしなければならないのだ。

 この時は、トマトスパゲッティを作った。
 いつもはトマト1個を包丁で皮を剥いていたのだけど、この時は姫トマトしかなかった。さすがに姫トマト数個剥くのは面倒だ。ふと、カミさんが熱湯に入れるとパラっと剥ける、と言っていたのを思い出し、30秒ぐらい熱湯に入れてみたら、おおっ果たしてツルリンと綺麗に簡単に剥けてしまった。包茎手術に応用できないだろうか・・熱いかなぁ・・いや、私のではないけど。

 その時あったスパ麺は普通の8分用。
 ゆで上がり4分ぐらい前になったらフライパンにバターとサラダ油を入れる。バターって熱いフライパンに入れると焦げ付いてしまうので、先にバターを入れて火をつける。またバターの量が多いとバター臭くなるので量加減に気をつけるなどと下準備が結構面倒。
 匂いを嗅ぎつけて猫がやって来てニャァ~。以前はバターをあげてペロペロさせていたけど、塩分が入っていることを知ってから御禁制となりバター犬ならぬバターキャット飼育を諦めた。

 フライパンには、ハムとたまねぎを入れる。ニンニクスライスを入れても良いのだけど、その匂いがペペロンチーノを想起させるので割愛する。
 玉ネギが柔らかくなった頃にゆで上がった麺をザルにあけ、いや、逆だよ、ゆで上がる頃にたまねぎが柔らかくなるようにして、そして、ゆで汁が抜け切らぬうちに中火のフライパンに入れる。
 軽く塩コショウして、最後に刻んだトマトとその果汁を入れて適当にかき混ぜて終わり。

 麺は許容範囲だけど、くわえタバコでダレて作ったので30秒ぐらい遅くなってしまった。ゆで上がる時間の最後の1分は結構微妙だ。フィルム現像なら、フォコマートならOKだけど富士Bのダルマだとちと固くなってしまうかな、というぐらい。

 オリーブ油がベストなのだが、それにするとワインを飲みたくなってしまうので、昼間は風味を落としてサラダ油。
 これがハムや玉ネギ、トマトではなく、刻んだトウガラシとニンニクスライスをオリーブ油で微妙に焦げ目が付くぐらいに焼いて、ゆで上がったスパ麺を入れれば、ペペロンチーノ。でもこれはどうしてもワインになってしまうので、昼間に作れないものだ。スペイン人ならまごうことなく作ってワインで食べると思うけど。

 こういうのを3回ぐらい作ると「ママスパゲティ」が食べたくなる。
 ちょっとトーストしたドッグにそれをはさんがスパドックは、まさに昭和だ。

 しかし、せっかくの美味しいスパゲッティ、なんてマズそうに写っているのだ。ちゃんと撮れよ、プロだろがっ。
 ・・・と、言われそうだけど、基本、お金をくれてその金額に見合った以上の写真を提供するのがプロだから、と言い訳すると。

 

シールタイム

 カミさんが飲み会なので、とーちゃんは家族に逃げられた独身中年風となり、夜のつまみを自力で用意しなければならなくなった。
 調理することは嫌いじゃないのだけど、さすがにつまみだけだけは自分で作るのは面倒、と思うのは酒飲みの心理なのだろうか。てなこと言っても仕方がないので、スーパーへ行く。もちろん夜の割引シールタイムを狙ってだ。

 我が家の周辺スーパーだと、まず19時ぐらいに20~30%割引シールが貼られる。そして、20時ぐらいにオーラス50%の半額プラチナシールが貼られる。ただし24時間のスーパーだと殆ど半額シールを見たことがない。あるのだけど単にすぐ売り切れてしまうからか?
 因に良く行く京都の小さなスーパーなんぞは、夜が早いのか18時で半額シールーが貼ってある。おおっ!

 で、夜の8時頃に行ったことのある人なら分かるけど、誰もいないんだな、これが。当たり前だけど。
 多少はいるのだけど、たいていは私ぐらいの年齢の男性が多い。いろいろな境遇はあると思うけど、少なくとも自立調達の目的で来ているのには変わりがない。
 そして、たいていはゲートが開く入口から果物や野菜コーナーに入り、豆腐や漬物コーナーを越え、魚系そして肉系、タマゴ、乳製品などに入り、第4コーナーを回れば、出来合いの弁当や惣菜、パン類とかになってゴールのレジにたどり着くのがスーパーの道順なのだが、この夜のヤモメ風裏顧客(含む、私)は必ず逆コースで、まず出来合いの弁当屋惣菜コーナーへ行って在庫と時価をチェックする。そしてそこから各自ばらばらにそれぞれのコーナーを回るのだが昼間の正顧客である主婦などからは「暗黙のプロセスルートがあるのよ」などとお叱りを受けるかもしれない。

 7時50分に着いたら、惣菜とかには30%シールが貼ってあった。
 今日は調子悪いな、と思いながら、かきあげとちくわの磯部揚げの2パックをカゴに入れ、一回りした後に最終チェックをしたら、おおっ、店の人がプラチナシールを貼っているよ。思わず「ねぇねぇ、これにも貼ってくれる~?」
 こういう場合、たいていパートのおばちゃんでかつ愛想悪く、無言で投げつけるようにペタッと貼るのが多いのだが、この時は二十歳ぐらいのおねーちゃんで、かつ笑顔にて「あ、いいですよ~」、おまけに私のカゴを見て「そちらにも貼りましょうか」。
 息子がいれば、こういう子を嫁さんに貰って欲しいと思うところだ。「こういう子を彼女にしたいな」と思わなくなってしまったのは哀しい年齢なんだけど・・・。

 ただ、もともとは140円ぐらいの商品で、30%引きだって100円だ。半額になって70円。
 普段、飲み屋に行けば気にせず1,000円ぐらいのつまみを頼んでいるのだけど、なぜか10円20円の小額でも少しでも安いのを、と思う感覚になってしまう、恐ろしやスーパーのミステリーゾーン。
 

おでん

 おでんだけはねぇ、作ったその日はあまり美味しくなく、翌日、または翌々日ぐらいが染み込んで美味くなるもんだ。言えば、カレーもそんなところがある。
 むかーし、一度だけ大阪の梅田でおでんを食べたことがある。
 4つ頼んだらそれぞれ分けて4つの皿に入れて出てきて、大阪って上品な食べ方をするんだなぁ、とビックリした記憶がある。ま、35年くらい前の話だけど。
 でも、大阪では「おでん」とは言わず「関東炊き」とか言うらしい。じゃ、おでんって関東名産なのか?いや、おでんって、田楽から来ているのでわ。
 田楽は平安時代辺りからの豊作を願うか祝うお祭りなので、これは全国区だ。ただ食材の豊富な関西よりもそれが不足気味の関東の方がより発展したからなのか。

 おでんの具だっていろいろで味付けも含み、結婚して初めて戸惑う配偶者の好みベスト5に入るかもしれない。
 カミさんは、じゃがいもや里芋、練り物が好きなんだけど、私はこの辺、苦手ゾーンには入らないけど、私の皿には入れなくても良いみたいなモードだ。
 メイクイーンなら良いけど、男爵だと崩れしまい、おでんの汁がポタージュ風になってしまうのがどうも苦手なので基本はコンニャク、コンブ、揚げ豆腐、ダイコンの四天王が定番だ。

 コンビニのおでんも真っ盛りだけど、聞いたら、その店の店員かバイトの「一人」が味付けチェック専属担当風になる場合が多いらしいので、セブンイレブンのおでんはまずいとかローソンのが美味しいというのはなく、セブンイレブン(ファミマーでも良いけど)の●×店のが美味いとかまずいになるらしい。味の好みもあるけど。
 今はなき近所のファミマーで聞いたら、私ぐらいの年齢のおばちゃんスタッフがそう申していた。
 人気のあるコンビニだと煮詰まる前に売れてしまうので、人気のないさびれたコンビニが狙いかも・・何処なんだ?

 ただコンビニのカラシはどこも甘酸っぱい黄色い高粘度のソースみたいな感じなのは仕方がない。
 ベストは粉末だけど、これは面倒だ。水で溶いて逆さにして、辛さが出るまで時間がかかるので、S&Bのチューブは必須~。

更新情報

「おもちゃの缶詰」ゲットをアップ
http://www.accitano.com/doc/Album/VARIOS/LataDeJuguetes/

Mavericks の Safari

 久しぶりにホームページを更新しようとした。
 特に凝ったページではない単純なソースでのhtmlファイルで、背景を全面黒っぽくしようとしたのだが、何をやっても背景は変わらず、#f5f5f5っぽい白色。
 Windows 7のIE と FireFox for Macで見ると、ちゃんと黒っぽい背景になっているので、Safari だけがおかしい。
 でも、昨年暮まではSafariでもちゃんと背景は黒っぽくなっていた・・・じゃ、MavericksのSafariだけが変だということになる。タグ解釈を変えている可能性があるのでMacOS 11とかには、何か新しいweb機能を付加しようとしている、としか思えない。
 タグの打ち間違いがあるかもしれない、とチェックしようと思ったら、酔いが回ってしまったので後日だ。

 ついこの間までは、Safari、FireFox、IE、殆ど同じ表示だったのに、今回のSafariはちと涙である・・と思ったら、現行機種のMacBook AirのSafariはちゃんと表示されたので、つまり、Leopard時のMac ProのMavericks+Safariがおかしいことに気付いた。涙×2。