Category Archives: Español

学食

queridos amigos

学食

漫喫

 結局4枚のテキストは全然進まず、1枚だけで終わった。
 昼飯は、美味いカレーをと思ったが、昨日食べたところでは、作り立てだったのだろうか、以前のようなコクはなく普通のカレーになっていたので、定番的な学食の日替わり定食にした。380円なのだけど、エビフライが入っていてちょっと豪華だった。冬のスクーリングは夏ほどではないので空いていた。クリスマスの週の12/22-23は少し混むかも。
 偶然、学友会の人と会って、12/22-23はスクーリングでクレサンテーム・ホテルに泊まるのですが、一杯やりませんか、と声をかけられた。その週はスクーリングは取っていないのだが、9月にクレサンテームに電話をした次点では年内はとにかく満室で来年から受け付けます、と言われたのに、彼は先月予約したと言っていた。嫌われたのか、ワタシ?
 バスが出るまで、いつものようになか卯で親子丼を食べて漫喫へ。3時間パックで1,300円。それなりに利用しているのでポイントも溜まったかと思いきや、それなりに利用している範疇には入らない210円だった。30分ぐらいしか無料にならない、やはり泊まり込まないとダメなようだ。

—————————————————

El fin de esta semana ha habido la clase de la universidad, he quedado en Kioto, de mi ciudad a Kioto hay una distancia de 500km, es casi igual que la de Granada a Madrid. por economizar gastos y ser un estudiante, he solido tomar autocar nocturno, se tarda seis y media horas en ir, se cuesta 53euros.
Faltan 3 horas para salir la autocar, suelo pasar en cafetería con biblioteca pequeña de cómics. ofrece habitaciones particulares, bebidas de libre, Wi-Fi, gasta 3 euros por una hora, qué cómodo.
Y suelo almorzar tal cubierto de Japnés, este de hoy ha sido de fritos de gamba, pollos y croqueta. cada vez que lo tomo, me acuerdo unos años de estudiante antes. creo que en luger de español como es menú del día.

塩漬け/Salmuera

queridos amigos

紅生姜

スジコ

 北海道から帰ってきたので、それにちなんで昼飯は、レトルトの「函館カレー」にした。
 有名な函館の五島軒カレーだ。その割には380円ぐらいのリーズナブル。家族で行った時に偶然見つけて入るも「五島軒」なんて知らず、店の人に思わず「このカレー、すごく美味いですね〜!ご馳走さまでした〜」、← 確実に田舎モンだよこれは。
 付け合わせは、昔のエンジ色の福神漬けがなかったので、スライスした紅生姜にした。以前かみさんが千葉の成田山で買ってきたやつだけど、生姜の香りがして美味い。紫蘇で浸けたらこんな色になるけど、注文したサイトでは特にそれは記していなかったので、特に天然云々とかではないのだろう。が、美味ければそれで良いや。
 古関商店:http://kosekisyouten.com/?pid=68260900
 最近こういう色の紅生姜は売ってはおらず、薄塩風のピンクっぽい色のばかりなのでちと寂しかったところ、こういうのがまだ売っているのがナイスだ。

 北海道から送ったものが遅れもなく届いた。
 小さなカニ2杯は近所の親戚にあげて、我が家用のは、すじこ。家族はイクラもスジコも好きだが、私はイクラよりはスジコなのだが、スーパーとかで売っているスジコは何故かしょっぱいので、良さげなのが出た時だけ食べている。その目安は、3,000円〜4,000円ぐらいでサンマ1匹ぐらいの大きさのスジコだとOK。近場だと暮の伊勢丹とかじゃないとお目にかかれない。
 酒の肴によし、飯に乗せても良しの日本人!をちょっと味わった。昨夜飲んだので今日は飯だったけど。

————————-

Es muy difícil que le explique a amigos españoles, es que son eses alimentos(no ingredimientes) muy típico de Japón, ni hay en España. Unos bloques rojos son jengibre. se lo pone en salmuera y hojas de ajedreas japonesas medio año, y las ajedreas lo teñen de tal rojo. Se puede tomar como tapita, un frito con unas lonjas de éstes, se acompaña curry con éstes. Se tiene un olor de jengibre, muy rico, pero es muy salado y ahora para sano no se toma mucho japonés, se ve poco en supermercados.
Lo de rolo ascuro es huevos de salmón en salmuera. también se toma como una tapa o lo acompaña en arroz blanco, y también salado.
A todo el borracho le gustan esos alimentos salados, a mí también. por eso para los borachos el nivel de médico japonés está subido,jojojo.
 

 

gato Paco

猫パコ

猫パコ

queridos amigos;

 猫パコ生還、なんか、こういう白黒模様の犬か牛がいたような。
 もうちっといてくれれば良かったのだが、獣医曰く、かなりナーバスになっていて、病院でより自宅静養の方が安心して良い、とのこと。たった1泊で追い出されてしまった。猫パンチが良くでました、と言っていたが、引っかかれたりかみつかれたりしたのだろう、ご丁寧に爪を切ってもらってあった。済みませんでした。> 病院スタッフの方々。
 取り出された結石を見せてもらったが、小さなギンナンぐらいの大きさで、こりゃぁ痛かっただろう。退院初日は、定位置の台に乗ったは良いのだが、痛くて降りられなくなり、抱いて下ろして、飯とトイレに行かせ、また台に乗せてやる老人介護ならぬ猫介護だ。
 若い時、盲腸で入院したことがあったが、術後3日間は、トイレにしゃがむのにも激痛が走った記憶があるのだが、二日目になると、自分で飛び乗り、用意したアマゾン段ボールでZzzz・・のはずが、上の台で寝ていた。小さい動物の方が治りが早いのかも。

————————————————————
Gato Roberto ha vuelto con vida, parece ser como algunos perro tenido color negro o vaca.
Ojalá hubiera quedado unos días más en el clínica, pero el veterinario me dijo que había estado nerviosísimo, había sido mejor que hiciera reposo en mi casa para tranquilizar más. tal vez que les mordió o arañó a veterinarios, las uñas del gato están cortadas. Lo siento a los veterinarios.
él acabado de operar, saltó a su mesa, luego por dolor mucho, no pudo bajarse sólo. Yo le bajé, después de comidas y servisio le puse, parece ser cuidado de ancianos, sino cuidado de gatos.
El dái siguiente está curado unos pocos, sólo ha subido, y está descansado y tranquilo.
En mi juventud me operaron de apendicitis, me dolía mucho la barriga, no pude sentarme en la servisio en tres días. Creo que animales pueden recuperarse más rápido que humanos.

新橋飲み屋街

新橋SL広場

新橋SL広場

ロベルトと

Queridos amigos;
 猫パコを病院に連れて行き、家に戻ってみれば、やけにシーンとしていて、我が家ってこんなに広かったっけ?の寂寥感にかられ、3年前、猫ロベルトの葬儀を終えて帰宅した時を思い出した。
 夕方、病院から連絡があっった。無事手術は終わりました、退院については、明日の午後にでもお電話ください、とあり、やっとこさ一安心したので、来日しているロベルトに飲みましょう連絡をした。
 ちゃーんと、新橋駅の日比谷口を出ると、本物のSLがあって、その横に喫煙所があるから、ここで待ち合わせね、と言ったのにもかかわらず、SLの車輪が置いてる何処かの場所の写真を貼付してきて「ここにいるよ~」。その前は、秋葉原駅中央出口を出るとヨドバシカメラがあるので、その入り口で待ち合わせし、その入り口からはタクシー乗り場やマクドナルドが見えるよ、と言ったのに、昭和通り口にある別なマクドナルドで待っていたりして・・。スペイン人、こういうのちゃんと読まないのだ。最悪、スマフォでチェックすれば良いというのがあるのかもしれないが、3つあったら2つ合致していればそれでOKみたいな感じで、なんかスペインの伝統的とも言えるのだがもう慣れてしまった。
 ただ、これがマドリッドのアトーチャ駅とかで待ち合わせをしたらどうなってしまうのだろうか、という不安は払拭できないが。

 仕事では良く行っていた新橋も飲むのはほんと10年振りぐらい。せっかくだから釜飯の「鳥ぎん」へ行った。
 確か2軒ぐらいあったのだけど、最近は釜飯とかは流行らないのだろうか検索したら駅前の1軒しかなかった。一杯やりながら美味い釜飯を喰うのも良いのだけどね。個人的にはお薦めだ。
 新橋の飲み屋街周辺は、京都や札幌のように碁盤の目になっているからどこ歩いているのだか良く分からない。2軒目は、烏森神社の裏辺りに見つけた、ろばた焼きに行った。目の前の網で、海産物を焼いてくれ、長いひしゃくに乗せて運んでくるスタイルの炉端焼きは最近見かけない観がある。御徒町の「樽平」は健在だけど。
 外人にとってはこのデモンストレーションはインパクトがあり、ロベルトにはパチパチとスマフォで写真を撮っていた。
 23時になっても、どっか飲みに行こうというロベルトは、ほんとスパニッシュ呑兵衛だ。
 近くに見つけた小さな立ち飲みバーへ行った。殆ど個人の常連だったけど、外人特権ですぐに店と打ち解けて、ロベルトはカボスハイに感動して3杯ぐらい飲んでいた。
 途中、娘から電話があり「今、馬場で飲んでいて最終で帰るからね」、「今、新橋だよ、おれも最終だよ、赤羽で一緒だ~」、結局、娘はラス前で私は終電だった。

———————
Después de haberle acompañado al gato al clínica, y volví a mi casa, hubo nadie y había demasiada silencio, me pareció ser mi casa mayor lo que verdad, y ese silencio cambió en soledad, me acordé cuando volví desde funerales de mi gato antiguo.
Esta tarde el clínica me llamó por teléfono, dijo que había terminado su operación sin problemas.
Al fin me tranquilicé, fui a Shinbashi(una zona de Tokio) a verle a Roberto que ahora está en Tokio de su trabajo.
Le dije un lugar de nuestra cita seguramente; “la estación Shinbashi tiene muchas entradas, nos quedamos en zona de fumar donde está al lado de “locomotora de vapor” auténtica como monumento, y está delante de la entrada “Hibiya-guchi” de la estación Hibiya.
pero al buscar un lugar con ruedas de la locomotora, me envió un mensaje,”Estoy aquí”, peor no ese lugar no está cerca de la entrada… a través de unos mensaje nos quedamos, ay, siempre español no lo lee bien, ni todo. son nuestra cita anterior, y la anterior de anterior, también, anda ya, pero ya lo he costumbrado.
A Roberto le gustan beber y fuaar como yo, entonces cuando he bebido con él, siempre mi tren de vuelta ha sido el últomo, he llegado a mi casa a la una y media. sin embargo me he diverdido con él en beber. Ayer fuimos a tres bares. Va a volver a España próximo viernes, y fue última cita de nosotros, estaré triste poco.

Bares de Ueno

con Roberto Peñas

Roberto con uan chica japonesa

 昨日は、上野で飲んだ。それも2軒、6時から飲んで電車に乗ったのは11時半。
 スペイン、ブルゴス在住の友人サンジョの友達というので、取り敢えず彼の泊まっている日本橋小伝馬町にあるホテルで待ち合わせをした。
 スペインの皮製品の会社に勤めていて、その工場が日本の豊岡市にもあって、その研修で1ヶ月あまり日本に来ているとのこと。名前はロベルト・ペーニャスというのだけど、これでブルゴスにはロベルトという友達が3人になった。が、他の2人のロベルトのことを話しをしていると何だか分からなくなり「どっちのロベルトだ?」になること多く、「ロベルトNo.1~3」と呼びたくなった。
 アメ横周辺の飲み屋だったけど、店も客もみんな気さくで良く、ラテンのロベルトは隣のおねーちゃんをナンパした。声をかけて話しをしただけだけど。彼女は最近英会話教室に通い始めたとのこと、少し英語ができると言っていたロベルトと何気に会話が弾んでいた、ように見えた。さすがラテンだ、隣にいる人の性別でこんなにも笑顔に差が出る。私と一緒のは、笑顔の「え」もない。
 なんだか分からないけど明日辺りにまた豊岡市に戻り、来週辺りにまた東京に来るらしい。今度来たら、マドリッドからブルゴスへ行くアクセスをより詳しく聞く予定。

Quridos amigos:
Ha venido a Tokio una gente de mi amigo Sanyo que vive en Búrgos. Ha venido a trabajo sobre un mes. No le conocí, y nos quedamos en el vestíbulo de su hotelito(?), luego fuimos a zona muy popular Ueno( como Atocha) de Tokio a beber. creo que a lation le gusta ligarla y en breve ha hecho amistad con chica jaonesa..qué envidia. Ella empieza a practicar inglés, y él lo sabe unos pocos, pues me parecían charlar bien como novios, pero su novio auténtico estuvo a lado de nosotros.
Él se llama Roberto, tengo tres amigos llamados Robertos que viven en Burgós, me gustaría llamarles “Roberto primero”, “Roberto segundo”, “Roberto tercero”…..
Mañana volverá a su empresa que está en Osaka, después de una semana volveá a Tokio otra vez, entonces voy a pregntarle sobre infomaciones de tráficos de Madrid a Búrgos.