スペインの生ハム

スペインの生ハム

 何気に食べていた、スペインの生ハムだけど、厳密に言うと密輸の違法行為であった。
 15年くらい前にスペインの友達、サンジョが日本にやってきて、土産として生ハムをスライスした真空パックをもらった。
 当たり前だけどすげー美味かったのだけど、生ハム、日本に持ち込んで良いの?と聞くと、サンジョ曰く「真空パックならOKだよ」、というのがずっとインプリンティングされていた。

 5月にスペインのGuadixに行った時、友人のルルデが
 「マリ(かみさn)への土産はもう買った?」
 「うん、生ハムを買ってこようと思っていて、日本へは輸入禁止だけど真空パックなら良いので、帰りのバルセロナ空港で買ってこようと思っているんだ」
 「じゃ、私が買ってプレゼントするよ」
 「いいよ、いいよ、私が買うから大丈夫」
 「いいよじゃない、ケンへじゃなくてマリへ買うのだから、ケンには関係ない」と言って、息子のホルヘに頼んだ。
 ホルヘは何処かのバルに行って買ってきてくれたのだが、最初見た時、6kgぐらいあるうちの猫パコを抱いているのか、と思うぐらいの大きさの脚一本分の生ハムだった(余分な足先とかはカットしてある)。

 成田に着くと案の定、肉類の加工品、ハムやソーセージ等はNGを記されたポスターが貼ってあったが、ここまで来て真面目に申告して没収されてしまうのはルルデには申し訳ないと思い、「これはハムではなく生ハムだ」と言い聞かせ、非課税の税関に並び、運良く「荷物開けてくれますか」とは言われず無事通過した。その先には、「ハム(含む生ハム)はNG」と記されたポスターが今更ながらに貼ってあってラッキー。
 広辞苑を8冊ぐらい重ねた体積なので、切っても切っても金太郎飴で全然減らない。そして食べ続けても全然飽きない。4ヶ月経ってやっと辞書1冊分ぐらいになった。
 食べると、またスペインへ行きたいな、と思わせる。死んでも乗るか南回り、と思っていたのが乗ってみれば、結構いいじゃん、ドーハでもバルセロナでもバコバコとタバコ吸えるし、と言いながらトラベルコちゃんを見ちゃったりしている、還暦+9日のじじいがいる。

カマ

 術後の翌日に医者へ行こうと思うも混んでいるので12時近くまで待った。その前にブランチで吉野屋の朝定へと行こうとしたら、サンダルもはけないカバーと包帯の大根足ならず大根足首になっていたのに気付いた。この間、吉野屋へ行ったけど、みそ汁がやっとやっとバージョンアップしていて、飲める!の味になっていた。
 仕方がないから自炊し、冷蔵庫を開けたら、伊勢丹で買ってきたカマと旅館の朝飯風のカップ納豆があった。
 
 12時ぎりぎりで医者へ行き、初めて患部を見た。
 富士山が霧ケ峰高原になっていると思いきや、カルデラの阿蘇山になっていた。少しはヘコんでいたので良しとした。
 L字形のカバーを返却して戻ってきたら、足首が自由に動く分、痛い。椅子に座るか立っているのなら気にならないのだが、横になると痛さが痛風のように続く。なんか痛風のリボ払いの利子を払ってるようだ。医者には最低限の室内移動だけにして静養していてね、と言われたが。夜が恐い。
 大学の学習だけど、やっと朝鮮が終わり、これまたやっと中国に入ることができ、今度は、殷・周・秦・唐の古代史だから少し近親感がでて面白そうなので、寝ながら読む秋の夜長だ。

辞書の次は足で、またその次は辞書

現代スペイン語辞典

 二度あることは三度ある、とはこのことで、電子辞書が壊れたと思ったら紙の辞書も壊れていた、というのに気付いたのがちょっと先々週。
 12年くらい前に買った白水社の「現代スペイン語辞典」を最近ちょっと要り用になって開き始めたら、V辺りの数ページが破り取られていた。中古で買ったにしろひでーな、という前に、買ってから12年経って気付く方がオマヌケだと思った。電子辞書をずっと使っていたのだろう。

 アマゾンで見たら、1999年の改訂版のが出ていたが、新品同様が1,000円。スペイン語って中国語よりもマイナーなのかな。安くて嬉しいけど。マイナーだからとは思えないけど、ポッチしてもアマゾン川の長さぐらい全然届かなくて、やっと今日届いた。
 今更だけど、@のarrobaもちゃんと載っていて良いじゃん。
 ペラペラめくると、ちょうど32年前の明日ぐらいに初めてスペインへ行ったことを思い出した。1986年の9月。今日のように毎日夕立みたいなのがあって季節の変わり目の頃で、気候は関東地方と同じ、と思い出していると寝た子を起こすように、再びスペイン語をやろうかな、などと妄想してしまうところがある。秋の夜長は良くないかも。

 実はOlympus PEN-Fもレンズも不調となり入院中で、辞書と言い、足といい、連鎖的にこういうのって起こるものだ。

ちょっと外科手術

 くるぶしに卓球玉ぐらいのこぶができてしまったので手術をしてきた。
 自業自得だけど痛風等の尿酸結石が溜まってしまって、痛くはないけどフォーマルな革靴が履けないとか良くぶつけてしまうなどによってだ。いわゆる自業自得というやつだ。
 いつもの医者へ行き、初めて見る手術室の台に横たわる。極力麻酔をかけない局部麻酔なので、何本かの麻酔注射だけがちょっと痛かったのを省けば、あとは何だか分からず1時間ぐらいで終わった。完全には戻らないけど、かなりへこみ、ちょこっと盛り上がっているぐらいになったようで、日常生活には十分だ。

 麻酔の切れた痛みがあるのだが、痛風発作時の痛さに比べたら楽勝だ。が、それでも痛いので新たに佛大の学習でも始めようと思うもなかなか集中力がでない。おまけにL字型のコルセットみたいなのをはめられて包帯グルグルなので靴下もはけずサンダルもはけない状態なので、近所のそば屋にも行けない。また足首固定されるとアクセルをちゃんと踏めないので車の運転も難しい。2,3日この状態かも。こういう時に限って、クロネコやって来てピンポ~ン・・・え、2分待ってね、になる。幸いにまだ来ていないけど。

買い替え電子辞書

 2014年に新古品で買ったスペイン語の辞書が壊れた。XD-U7500というヤツ。
 辞書切り替えのボタンがより怠慢になって、押しても押しても切り替わらず、長押ししてやっと切り替わるiPhoneモード風になってしまわれた。
 こんなの4年で壊れるものなのか。紙の辞書は破れない限りずっと保つのだけどなぁ。間2年間は、第二外国語必修の娘が使っていたので酷使したとは思われないし、中国語の辞書は全然元気なので、ハズレ品か。
 
 アマゾンで見ると、XD-G7500(25,800円)と最新版のXD-Z7500(32,034円)があったが、レビューを見ても何が違うのか分からないし、何故かスペイン語とポルトガル語が一緒になっていて、企業怠慢のなにものでもなく、ある販売商品分野を独占的にシェアするとこうなってしまう、という悪い見本のようだ。
 と文句を言いながらも、有効な他社製品なく、これしか選びようがないというところで買うのが常のカシオの外国語電子辞書。
 ちょうどアマゾンの金券13,000円があったのでXD-G7500(https://casio.jp/exword/products/XD-G7500/)をポチッ。primeと記してあるのに到着が10日後、現電子辞書をカチ割りたくなる衝動にかられた。