Category Archives: Macintosh - Page 4

新モニター

赤シャツ

 最近、「○×を変えた」とか「○×を買った」という理由の多くは老化現象に拠るところで、その一つ老眼にてモニターが見えづらくなった。
 22インチでの標準の12pt for Macでは良く見えず、解像度を下げると単に拡大だけになったところから、27インチに替え替えた次第。昔ならブラウン管のピントが合わなくなったとかで買い替えていたけど、今や本体の故障等より使用者の身体劣化が大きな理由になってきた。もしかしたら使用者よりも長く保つかもしれない。

 EIZO ColorEdge CGが売れているのかその一つ下の廉価版CSというのが出ていた。問い合わせてみれば、モニター自体は同一とのことなので、これをポッチした。CGは20万円、CSは15万円。こだわらなければ数万円もかからないモニターもあるが、仕事柄これはしょうがない必要経費的出費である。

 届いてみれば、昨今の製品ってどこもかしこも経費削減を念頭に置き、それがモノの作りに大きく反映されているように思えた。
 重要な箇所の手抜きこそはないが不要と思われる製品プレートがないとか、モニターのコードをまとめておくホルダーの作り方、外枠のプラスチック樹脂品質など、モノの大きさによっては百円ショップの500円品でありそうな感じがしないでもない。要はちゃんと使えていれば良いのだけど、何処かしらこれほんとに15万円なの?って思わせるきゃしゃ感がある。
 言えば電子辞書も数年前のと比べると、かなり作りがやわくチープになっていて、「モノづくり日本」などのニュースを見ると、何処のモノのことを言っているのだろうか、と思ってしまうことが少なくない。

 ColorEdgeの段ボールケースは、日本語で記されているけど同じような大きさで英語だけには留まらず簡体字の中国語も記されていて、もしかして中国の大型家電量販店とかで売っているのをそのまま持ってきたもの?と思わせるぐらいの雰囲気がある。説明書もしかり。昔はそれぞれの国ごとの言語で記されたモノが入っていた。

 同時期に娘が発表会で使う衣装をアマゾンで買ったのだけど、それが届いてびっくり。
 これはどっから見ても中国のデパートとかで売っているモノに日本語で記されたシールをそのビニール袋の上に貼っただけのもので、中に入っているタグとかは簡体字の中国語で思いっきり外国製品的雰囲気があり。ビニール袋の上には「アイロンをかけるとより着やすくなります」とあって、意味が良く分からないけど、おおお~、感動。
 「何か問題があったらわが社にご連絡ください」と記されているのは良いのだけど、その上に「我们五分好评」と記されている。一つボタン留めにかなりの量のほつれ糸があったのだが、この「五分(五段階)」は、十段階評価なのかもしれない。

かいしんの一噛み

電源コード

  朝起きたらMacBook Airの電源コードのランプが消灯していた。
 手元を見たら、大きめな2つのペンスタンドが移動していて、その奥にある厚手ボール紙で作ったカバーははがされ、その中にある充電アダプターに束ねてある長過ぎるコードに数箇所の噛み跡を発見した。
 スプリットチューブで保護されたコードには噛み跡がないので、このゴム状のコードがお気に入りらしい。猫特有か、それともうちのバカ猫だけの好みか。いずれにしろ頭良いのね。
 
 さすがに怒り、首根っこを捕まえてアダプターコードに鼻を付けて数回スリッパで叩きまくった。こういう躾けの場合は躊躇してはならない。また収縮チューブをとり出して繋げたが、今度は余分な長さをカットし、この机専用アダプターのような長さ50cmにした。
 こんなの年明け早々何度もやらされてストレスが溜まる。ストレス溜まると尿酸値が上がる。保健所に連れて行こうか。しかられてしょげたのかずっと部屋の定番寝床から動かない猫パコ。

 最悪を考えてもう一つアダプターを注文しておいて良かった。修理し終わった頃にピンポーン。前回と同じおじちゃんが同じ大きさの箱を持ってきてくれたのだが、きっと「こんなの続けて頼むなよ、一遍に頼め」などと思われただろう~。

スリットチューブ

スリットチューブ

 おかげさまで咽の痛みも治まり、翌朝修理したMacBook Airの電源アダプターを見たらランプが消灯していた。断線だ。
 よく見たら根本をまた猫パコがかじった跡があったので、見てくれ無視してサードパーティのを野口英世×2でポッチした。純正と同形状のサードパーティはことごとく短期間でダメになったとのレビュー満載なので、かさばるけれどちゃんとしたようなのを選んだ。
 その翌朝確認したらちゃんとグリーンランプが点灯していたが、コードにかじられた跡がまたあった。何度も噛まれると断線すると思い、スリットチューブをかませた。
 巻き付けるのもあるけど、それだと隙間があってそこに牙が入りそうなので、スリットの入ったコードをはめこむやつ。お洒落なMacbook Airがトグロ状態になってしまった。
 なんでも良いけど、買ったばかりのを破損させられるのは思いっきり悔しい。スリッパで思いっきり叩こうも現行犯じゃないので効果はなく悶々としていると、机の上にやって来て腕の上に頭と脚をのせてZzzzzとなるから怒りはどこへやら。甘いねぇ、猫バカだ。

MBAのACアダプター

 元旦、Macbook Airを開いたら何故か電池アイコンが半分になっていて、あれ、接続不良か?とコードをあれや

MBAのACアダプター

これや繋ぎ直したら充電中のオレンジランプが点灯し、一段落した翌日の2日の朝、部屋に入ったら、なんと猫パコがコードをかじっていた。
 カミさんのも娘のもかじられて、昨年中に新調したばかりだが、年明け早々私にお鉢が回ってきた。今だかつてMacbook系でACアダプターが故障等をして買い替えた事がなく、あるとすれば海外旅行用のサードパーティぐらいだ。
 純正は、思いっきりのセレブプライスの10,000円。どうしてこんなのが福沢諭吉なんだよ、だ。野口英世数枚でえーじゃん。アマゾンだと、野口さん2枚でOKなのがあって娘に買ってやったが2ヶ月後、壊れたのでちゃんとしたのを買ってくれないかな、と言われ福沢諭吉散財。

 コードごと変えてしまおうと本体を開けるが、完全犯罪風にコードが抜けないようになっていたので、コードをチョン切ることにした。outputには、15V 3Aとあった。
 車いじりで余った自動車用配線コードがあり、DC24V 60W以下、とあり適合してんじゃん(そお?)。収縮チューブ等で絶縁し、見てくれ無視して繋げば「充電中」のオレンジランプが点灯し、十数分後には「充電完了」のグリーンランプに変わった。
 買って4年だからアリだと思う、買って1年以内だとそうはいかない。
 しかしまぁ猫パコの性格からか、スリッパで叩いても全然言うことを聞かないのだけど叩き方の気合いが不足しているのだろうか。

HDDケース

 昨日ぐらいまで忘年会が続いたカミさんは、ホッとしたのか大晦日に38度5分の風邪を引き、2日に治れば良いなモードの元日は寝正月と相成った。もともと年末は大きな必須イベントのない中島家なので、各自プチ掃除しながらのんびり過ごす。
 毎年この年末になるとMacやカメラなどの大掃除をしていたりして、今年はカメラはないけど、Macの方を少し掃除した。Macの2台の内蔵HDDと写真用保存の2台のHDD、設置したのが2011年、それぞれ1Tの空き容量が30%を切ってきたからだ。幸い故障はないのだが転ばぬ先の杖風に交換す。
 既存のHDD性能とあまり変わらない 2T(6Gbで7200rpm)のが6,000円、安いなぁ。その2011年での2Tは万単位だった記憶がある。3Tでも4Tでも良いのだが、容量70%を越えたところで交換する方が最新のHDDが使えるような気がするので2Tを4台ポチッする。

 写真用のは半年に1度ぐらいしか繋がないのでむき出し差し込み型の「USB Toaster」というのを秋葉館で買ったのも2011年。当時は超高額だったRAID用HDDケースが今は最安値で5,000円なのでこれもポチッする。
 価格からRAIDにするのは怖いので、単に2台収納させてのシングル使用。それでもコード1本でその2台のHDDがモニター上でマウントされるのは便利で嬉しい。

 運もあるのだろうが最近のHDDは長持ちして元気だ。4台いずれもパーソナル使用だが数年トラブルがない。これで2015年ぐらいまで大丈夫である、と思いたい。