Category Archives: Macintosh

17年目のAppleキーボード

 今に限ったことじゃないけど、「LINEやっていないのですか」とか「LINE、やりましょうよ、いつでもOKですよ」などと言われることが多いのだが、LINEに限らずFacebookだって苦手なのは、いわゆるスマフォでのことで、かの文字入力方法がなかなか馴染めない。
 30年来PCのキーボード入力に慣れてしまうと、その入力スピードに匹敵しない限り、なかなかスマフォ入力が上達しない。LINEを常用するスマフォユーザーはかなりの数なので、そこからすれば時流に乗り遅れている、とは言えるが、それにも慣れれば「ふん、どうせマイノリティさ」で済ませることもできる。

 それならば、キーボードにはこだわりがあるか、と言えば、特になくApple製であれば良いよレベルなので、その清掃もすっかり忘れてしまう低落ぶりを発揮している。
 清掃時にきっかけはたいていキーの感応が悪くなる。スムーサーを塗ってもだ。
 4年振りに清掃したがかなり汚く、開けたらもっと汚かった。タバコは吸わないのでヤニ付着はないのだがなぜか猫の毛が多し。
 バラして一つ一つ綺麗にして戻した。2002年にもらったAppleスペイン語キーボードなので今年で17年目、良く保っているもんだと感心。当時はキークッションが小さなおっぱいのような丸いゴムだった。今はパンタグラフみたいなやつだ。
 小ネジがやたら多く40個ぐらいはあり、戻した時には、1個足りない、とか1個余った、などがある。その所為かどうか分からないが、3つぐらいのキーの感応が悪くなり、長押ししないとダメというやつで、それもスペイン語を象徴する「Ñ」キーが含まれていた。
 買うか新しいのを。17年使っていたから十分でしょ。
 また、10年くらい前からappleの日本サイトからスペイン語など英語以外のキーボードも何種か販売するようになったのが良い。と思ったら、2008年ぐらいに別のスペイン人からもらったのを思い出した。当時最新のキーボードで、すぐ使うのがとても勿体なかったから壊れるまで大事に取ってあった。10年ぐらい寝かせていたので、泡盛なら古酒になっているはずだ。

HDMIとDVI-D

 2台のMacを1つのモニターで使うための切替器を間に装着したので、今流行のDHMIアダプターに変えた。そうしたら、モニター側の根元がちょっとズレるだけで、ブチッとモニターが切れてしまうことしばしば、なんだこりゃ?
 窓明かりや使用するソフトによって微妙にモニターの高さや角度を調整するのだけど、その度にブチッとブラックアウトになる。
 
 モニターのようなピンの多いコネクターは、従来のDVI-Dに分がありそうなので、その変換アダプターを注文した。
 おまぬけなのは、DVI-D→HDMI(メス)にしてしまったことで、接続が1つ増えてしまった。良く考えればDVI-D→HDMI(オス)で十分じゃった。
 
 このテのケーブルやコネクターは数百円で売っていて、かつアマゾンプライムで翌日届くので、ついササッと気軽にポチしてしまうのが宜しくなく、気がつけば未開封のケーブルの入った袋が3つぐらい机の上にあったりして、うーむ。

egword universal 2

 今年になってからとにもかくもExcelとWordで作成することが多くなった。
 特にマクロや複雑な関数を使ったりはしないのでExcelの方は良いのだが、Wordの方がどうも使いかってが伝統的にか宜しくない。
 教本などを読んでも全然解決しないのが、行間が大ざっぱ過ぎて、コンマで刻めない。「1」の次が「1.5」って小学校低学年か?みたいな感じ。
 また、全角と半角の混在文でのそれらの行間がイマヨン。カーニングってないの?Wordって日本語のワープロでしょ!などと、ほざきまくっているここ半年。

 ふと、昨年の初春に待望のegwordが復活したのを思い出した。
 それはMacOSX 10.11以上対応だったので、10.10の私はすっかりそれを忘れていた。7,800円なんてなんのその、躊躇なくApp Store経由でポチッ。ちなみにApp Storeのアプリって、IDとパスワードが同じなら何台でもインストできるみたいだ。が、何台もインストして使うというのは現実的ではなく、たいてい2台ぐらいだから、なるほどね、だ。

 今やワープロはWordしかない時代に、忽然と現れた2つ目のワープロ「egword universal 2」だけど、Mac用なのでかなーりマイノリティだ。ただ3つ目として、「一太郎2019」がリリースされたけど、Win用だし、Wordと同様のヘビー級だ。
 Word for Macの容量は2.3GBで、Photoshopの2.42GBと同じだ。重たいはずだよ。このegword universal 2は、エディタJedit Ωの25.2MBより軽く19MGだ。
 Wordの全ての機能をフォローはしていないけど、かなりサクサク文字が打ち込め、wordにはない細かい行間調整とカーニングがあるのが何よりも嬉しい。

 ただ残念なのは、.docxへの書き出しは、テキスト文字とタブしか有効ではなく、対応は次期バージョンでとアナウンスがあっただけ。でも、幾つかのサイトでは「村上春樹さんなどたくさんの作家がこのegword universal 2を使っている、と言われている」なんてあって、おおっ、ほんと?
 私の場合、.egwudで提出すれば「開けません」と言われること必至だけど、村上春樹なら「これで宜しくね」で済むのでしょうな。

Macproが来た

MacProとMacPro

ゴーゴンかマングローブ

 朝イチにクロネコヤマトがゴミ箱MacProを持ってきた。
 来るのは夕方で、それまでレポート用に本を読もうと思っていたのだが、それは明日以降、これの構築で今日は終わるだろう。終わったのは23時過ぎ。
 
 シルバーのMacProに比べるとすげー小さくてスタイリッシュだ。が、ゴミ箱とあだ名される理由が良くわかった。ただ、こんだけ小さくてスリムだと、中身デッドスペースがゼロで拡張性がゼロというのが分かる。つまり、増設HDD(SSD)やCDドライブなどはみんな外!いろいろ繋げてみれば、コードだらけになってしまい、ゴーゴンかマングローブだ。
 おまけにスイッチとあっぷるマークがコンセント部分にあるのだけど、これが正面?ジョブス亡き後に登場したのだけど、このコンセプト、よく分かんねー。
 
 アマゾンレビューでは半々の評であるHDDベイやモニタースイッチなどは、取り敢えず今のところ上手く稼働し、シルバーMacProと上手く切り替えてできた。
 他もほとんどすんなり構築できたのだけど、Mac内のApacheがひっかかり夕方からハマってしまった。上手くゆけば今夜飲めたのだけど・・。
 
 気がつけば、PHPのバージョンが5から7になっていて、5ではOKなスクリプトも7ではNGになっているのがあって、いくつかの拙webがスタンドアローンのMac内サーバーでひっかかった。実際のwebサーバーのPHPは5にしてあるから良いのだけど、5でも7でもOKなPHPってどーなのよ?と、PHP7のリファレンス本を探すも、リファレンスは出ていない・・ということは最近リリースされたのか。
 数年前までは自分の好きなApacheをインストールして使っていたのだけど、主流がcgiからPHP(当時は4)になったので、シルバーMacPro以降内蔵のApacheを使っていた。今は新たにインストールする根性ない。
 しかし、ほとんどのindex.phpが「whileなどのloopの中では、breakは使えない」と表示されてしまった。それも英語で。← 少しは読めるんだね、こういう英語は、自分に感心してしまった。それでも上記のエラーは良くあるようでいくつか検索でヒットした。
 「エラーが出たら、コメントアウトして、//break で大丈夫です」とあったけど、終わるまでloopで良いのだろうか?無限loopにはならないけど。
 別な記述でしろ、ってことかな。//breakにしたphpをFTPしてwebで確認したけど、特にエラー表示はなかったので、ま、いいか、取り敢えずこれで。
 因に、cgiは、もう古典になってしまったのだろうか、全てエラーなく稼働。復興的にcgiも良いのだけど、文字コードのUTFに弱いのが難だ。
 やはりwebならPHPになるのだけど、今やwordpressなどwebアプリケーションなどが主流となり、スマフォやそのアプリが席巻し、個人のホームページも絶滅機種風になったので、改めてPHPで個人のwebをどうのこうのではなくなってしまい、趣味PHPも還暦を境にしりすぼみになってしまった寂寥感が漂っているのは否めない。

High Sierra

 iPhone修理を予約していたので、埼玉県大宮のロフトへ行った。
 東口を出てちょっと先に行ったところにあるロフトビルがドンキホーテになっていて、ええっ?隣のランジェリーショップのおねーちゃんに聞いたら、西口そごう内に移転したそうだ。西武系のロフトがなぜにしてそごうに?
 慌てて西口のそごうに行ってみれば果たしてロフトがあり、その中にapple公認リペアーセンターとかがあった。
 
 アップルって、クロシャツもそうだけど、はきはきと応対して洗練されたスタッフの印象があるのだが、何故か、やる気のなさそうなマニュアル棒読み的コンビのバイト風おねーちゃんが応対してくれた。
 状況を話したら目の前のMacBook Airに繋いでちょちょっと操作したら、へたれ拙iPhoneがなんとアップデートを開始して数分後には復活していた。はい、手数料2,000円~!工賃自体は当然なんだけど、愛想のないオネーチャンの分、割高に感じた。ペッパーくんの方が愛想が良いぞ。

 結局、iTunesのバージョンが古い → OSのバージョンが古い、が原因なんだけど、上げるか。
 今のMacBook Airは、2014年1月に購入し、macOS Xは10.8(Mountain Lion)で今のは、10.10(Yosemite)。これ以上はOSの仕様が変わっているので、挙動不審なソフトなどが出てきてもおかしくないのだが、iPhoneトラブル防止を優先して、一気に10.13(High Sierra)に上げた。
 「システム環境設定」 → 「セキュリティとプライバシー」 → 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内の「すべてのアプリケーションの許可」の項目がなくなっていた。つまり、アップルにおいては「フリーソフト」という概念がなくなってしまったわけだ。

 Photoshop CS6はそのまま起動できたが、Illustrator CS6は起動しなかったので、サイトで見つけた裏技設定で無事起動することができた。
 学割あるので、チューンナップした0万円のMacBook Proをポチッ、というのもあるのだが、あれやこれややりながら古いMacを使い続けるのを「けなげなワタシ」と思ってしまうところもある。