Category Archives: 台湾

精進料理

善光寺参道

善光寺の宿坊

精進料理

台湾の「素食」

 善光寺は、長野駅&市内も含めて初めて行ったけど、仲見世のある参道の奥に寺があり、ちょうど浅草寺を大きくした感じの善光寺境内とその周辺であった。
 初めて「宿坊」という宿に泊まった。齢60を超えてもまだまだ未体験ゾーンは一杯あるもんだ。
 善光寺の参道下周辺に沢山あり、坊さんが泊まるための宿から発展した仏教系民宿で、ちょうどスペインの巡礼者が主に宿泊するための施設とかに似ている。
 宿は「兄部坊(このこんぼう)」と読むみたいだけど意味は分からない。

 料理は当然「精進料理」なのだが、初めて本格的なのを食べた。
 というのは、朝食のお膳の写真の左上のは煮豚か角煮に見えるが、麩(ふ)とかでできていて、味もそれに似ている。前夜の夕食ではウナギかアナゴの蒲焼きが出たが、それも何かの野菜とかで作ったもので、全ての料理には肉類等を使っていないのが精進料理と言える。
 NGだからか玉子料理は出てこなかった。せめて朝食にはと思ったが、それは俗人の希望でしかないのだろう。
 歴史観満載な建物が素晴らしく精進料理も美味く、仏教関係者ではない私のようなものでも2連泊まではパラダイス(極楽)だと断言できるが、3連泊以上となるとマクドナルドやファミレスに駆け込むかもしれない。

 この精進料理で思い出したのが、昔二ヶ月ぐらい台湾に滞在していた時に良く食べていて「素食」という名の食堂だ。
 たいていがバイキング方式で、並ぶ多種多様な料理を持ったトレーにチョイスして、最後は何故か盛ったトレーの重さで料金が決まる。が、たいてい300円ぐらいだった。
 聞けば「素食」とある店の料理は、その精進料理と同じ穀物や野菜だけで作っていて、そればかりでは飽きてしまうで、ハムや肉、魚介類に見立てて食材を造り込む料理でもあり、まさに日本の精進料理と同じだ。
 ハムなら本当にハムのような触感と味がするのでびっくり。イカや鶏肉に見立てた食材をわざわざフライにするなどは、調理方法としてはかなりの巧み技で、油は当然ナタネ油だろう。

 このような精進料理が日本にも台湾にもあるということは、中国から中国仏教と共に伝わった可能性は大で、日本なら鎌倉仏教あたりからと思えるが、台湾だといつから?になる。
 最初の台湾統治は17世紀のオランダなので仏教はあり得ず、その後の鄭成功時は20年ぐらいしか続かなかったので、その後の17世紀後半からの清の統治以降と思われるが、そのフライなどは、日本でそれらが普及しはじめる明治維新以降かもしれない。

ビーフン

ビーフン

 どっかのスーパーで売っている出来合いのだけど、結局、ネギとかを加えて炒め直したのを少し食べたのだが、わが家の味としてはベリーグッド、または中国北部の東北料理に近い。
 ビーフンはその形状からして、日本のそばかソーメンに近いのであまり能動的に食べない。
 ツアーとかで行った中国で食べたビーフン料理はこんな味だけど、台湾のだと、味がしない、薄い、何喰ってんだ?になるも、妙に台湾が懐かしく思うのは、大陸中国よりも沢山訪れているというのと、日本と同じ民主主義国家というイデオロギーでの安心感があるからだと思う。何にしろ海外での安心感は大事だと思う、少なくとも民主主義下の国民なら。
 この辺のソウルフードは、大陸中国でも日本でも台湾でも乗っかっているのは同じで、下が何だ?になり、それは白米か麺であり、中国(広いけど)と台湾は麺が主流と思われるのは、白米のが少ないからだ。で、私は麺よりも白米だから、いつも台湾に行くと悩ましくなってしまう。小泉二世の「とてもセクシー」と同義近似類似かもしれない。好みからすれば、中国の東北料理はパラダイスだと思うのだが、「通い情が移る」のか、フラッと台湾へ行きたいな、と思う事しばしば。行きたいと思う国内は高いんだもん~。
 行ってさ、台湾のビーフンとか喰って「やっぱ薄いよ~、おばちゃん、塩か醤油くれる?」と云う状況になりたい時もあり、そして、あ、台湾にいるんだ、になる臨場感がなかなか自虐的に良かったりするもんだ。

「台湾見聞録」

「台湾見聞録」

 SNSで紹介され何気に読んでみたら面白いの一言で、一気に読んでしまったのが、時空旅人シリーズの「台湾見聞録」台湾史。内容は保存版的で、これで840円は安い。反面、台湾に興味がないと思いっきり詰らない雑誌になること請け合い。

 台北、台南、高雄とかの都市名が列記されているので、それに則したグルメや名所紹介ぐらいかな、と思いきや、その都市ごとにまつわる主に日本統治時の歴史が記されている。そして、かなりの関連書籍を経由したような記事内容で、一般的な旅行観光本とは一線を画し、台湾史をより深く学ぶ目次みたいな本である。
 台湾の軍港の基隆を昔の先住民族が「鶏龍」と称したところから、とか、清朝統治時の台湾知事、劉銘伝とかも出てきて、普通の本ではあまり出てこない。『台湾文化志』とかを読んだのかな、とも思わせる。
 清朝統治前のオランダが統治していた時の鄭成功も出てきて。おお。
 恥ずかしながら、この鄭成功(本名、鄭森だったかな)は、国性爺のことで、その国性爺が何なんだか知らなかった。人形浄瑠璃や歌舞伎の演目で有名なようだ。へぇ。
 場所がやや都市とはズレているのか、八田與一はコラム的1ページのみで、通販ページ内の台湾映画では「KANO」がなかったのが不思議だ。
 
 少しでも台湾に興味があるのなら、超お薦めの1冊、間違いなし。間違っても返金請求は不要~。

クラブツーリズム

クラブツーリズム

 台湾や中国とかへ一緒に良く行く叔父が申し込むと近所だからかクラブツーリズムの旅行パックになるのが3回ぐらいあった。そこで個人情報をしっかりと抜き取られ、年に3回ぐらい行楽シーズン近くになると「いらっしゃい〜」とクラブツーリズムから旅行カタログが送られてくる。
 いっそ良く分からない外国とかへはこんなパックにお任せ便乗して行くのも良いな、と思いながらカミさんとペラペラ見る。

 ふと、こんなのを見ているということは、叔父も見ているのだろうな、そして何処かへ行きたくなったりして、と思っていたら、果たして数日後携帯に「ケン坊~、GWに最後の台湾へ行かない~?」。
 一作年あたりから最後と言っていたけど、ずっと続い続けている「最後」はある意味良いもんだ。ただGWはスペインへ行くので、台風も過ぎいくぶん涼しくなるだろう10月以降にしようと思った。
 が、昨年から訃報が続きまくっていて、かつ叔父も今年83歳になるので、いつ「あっ!」の日が来たっておかしくない。一番困るのはその10月の手前にその日が来たりすると、「あの時、一緒に行っていればな」と寝覚めが悪くなりそうなので、1週間ぐらい延ばして5月下旬にした。叔父からのリクエストも機内食のある飛行機と何回か泊まった台北の三徳ホテルぐらいなので楽である。
 仕事だとあったりもするけど、プライベートにて月に2回外国へ行くのはそうそうないので、これも希少な経験だろう。
 
 ホテルは、スペイン行きと同じbooking.comで、飛行機は近くなので、e-Travel SAではなく、普通の日本の旅行代理店がヒットした。5月は少し仕事日が複雑なので上手く調整して予約完了、と思いきや、一つ仕事を忘れていて翌日慌てて一日ズラした。すぐe-チケットが発行するところではなく、出発一週間前辺りに発行なので、キャンセル料も発生せず、そのままスライドすることができてラッキーのセーフ。あぶねぇあぶねぇ。
 5月下旬は、GWほどではないけどハイシーズンに入るのか、ホテルと飛行機の合計は、いつもの閑散期で35,000円のところ50,000円だった。

台湾の弁当箱

台湾の弁当箱

 先日の暖かい日、埼玉の狭山周辺に仕事へ行った。国号16号線沿いには沢山の大きな工場が建ち並んでいた。こういう場所にはボリューム満点の美味い食堂が必ずあるので仕事が終わったら五郎さんの気分になってリサーチするか、と思っていたら、当日カミさんが弁当を作ってくれた。
 かーちゃんの作ってくれた弁当を持って仕事へゆく、なんてなんか昭和チックな労働の基本風で良いではないか。帰りの河川敷辺りで車を停めて食べようと思っていた。天気の良い日に、ひろびろとした畑に車を停めて食べる昼食なんて、なかなか機会がない。
 が、その弁当は台湾鉄道オリジナルの弁当箱で、中蓋がありそこにおかずを入れ、それをのけると下に飯が入っているというスタイル。かさばらずにとっても良いのだが、車の中で食べるのにはちと不便であることに気付いた。
 軽とは言えSUVスタイル(意味分からない)のハスラーなので、グローブボックスの蓋が水平な小テーブルにはなるのだが、ここにおかずの入った中ぶたを置いて食事をするのはシートを前に出したりと、かなり面倒だ。車内で食べる弁当箱は普通のドカ弁スタイルの方が向いている。
 早めに終わったので自宅に戻ってから改めて弁当を食べ、五郎さんとSUVハスラーでの昼食は、またいずれかの日にとお預けと相成った。