Category Archives:

お初iPhoneカメラから。

猫パコ

猫パコ

 出ぬ苦しみの便秘じゃないけど(そうなの?)、やっとやっと一つのレポートを書き終えてガッツポーズと思いきや、3000字のはずが4000字になってしまってオーマイガーッ。
 大長文の卒論とかなら足りないより多い方がまだ調整が楽なのだが、レポートでの過分調整は大変だが、気がつけばいつものことであることを思い出した。
 明日もレポート書きかと憂鬱になっていたら、猫パコがミャ~。遊んで欲しい意味なんだけど、遊んで欲しい場所がいくつか決まっていて、たいていはクーラーの効いていない場所が多い。階段に座ってスリスリ~、気まぐれに初めてiPhoneで撮ってみたら、レンズが小さいから近接にも強く、思いの外シャープに写っていた。画質も素晴らしく、300ppiでA4がOKだ。iPhoneカメラの進歩が凄い!瞳孔が一番狭い時のクロネコは怖いぞ。夜に見たらもっと怖いぞ。夜は開いているけど。
 サウナ状態の階段に我慢できずに部屋に戻れば猫パコもついてきたので同じくiPhoneでパシャリ。後ろのクロネコパッチワークの枠は、猫用出入り口で一昨年ドアをハズしてノコでギコギコと自作したやつだ。

 iPhoneで撮った画像は、AirDropで10枚ぐらいのがあっと言う間にMac本体へ。素晴らしいな。ただ、画質は廉価コンデジよりも劣り、ネットにアップするぐらいなら十分だけど、等倍で見るとジャギーが目立ってしまう所詮スマフォのカメラ、と言った感じだ。

猫パコ、4才、5.5kg

猫パコ

 猫のいる家庭なら分かると思うけど、猫にとって良いと思うものを与えても必ずしもその通りになることが少ない。少ない分、上手くその通りになった時は嬉しい。
 居場所も、夜寝るところを省くとみんなバラバラだけど、一つ昼間の居場所が今の猫パコの意思として追加されたのが旧MacProの上。両側の取っ手がちょうど良いらしい。ただし何故か午前中のみで、昼を過ぎると隣の小さなじゅうたんの上でZzzzz。
 今月推定誕生日で4才になるので体重を量ったら 5,5kg、肥満気味だけどデブにはなっていないのでいいか。

夏の切符は大変だ

猫パコ

 最近、猫パコは変なリクエストを覚え、早朝、寝室の押し入れの中で目覚めると、 私の部屋の入り口でちょこんと座って待っていて、私が起きてくると「ニャ~ン」と鳴きまくるようになった。
 仕事とかで出かける時には無視するのだが、そうでない時には、仕方がないので座ってブラッシングしてやる。すると気持ちよく寝てしまう。
 朝の一服してえなぁ、歯もまだ磨いていないし、早朝から何やっているのだろうか、と思いながら背中をスリスリ、10分ぐらいしてやる。

 毎月、京都の佛教大学へ行っているので、1ヶ月前にその切符を買いにみどりの窓口へ行く。いつもは空いているのだが、8月10日はお盆が始まるからだろう、すげー長蛇の列だった。私のような数人のじじーを省き、他みんな主婦。家族での里帰りなのだろう。
 みどりの窓口では、当日以外は10時から、券売機は10時10分からとエグいオープンタイムだ。幸い券売機の方は4人ぐらいしか並んでいないのでこちらに並んでゲットできた。のぞみの始発ぐらいだから空いていたけど、8時以降は結構厳しかった。
 帰りはお盆の終わる頃なので後日またみどりの窓口へ行かなければならないのだが、取れるのだろうか、切符を。京都発15時ごろ。

「だから何なんだよ」

猫ステッカー

猫ステッカー

 思いっきり恥ずかしい親ばかならぬ猫ばかグッヅをアマゾンゲットしてしもうた。
 車用とあるのだが、キャッチも絵柄も車にはまったく関係のないしろものだ。これで言うのなら、「子供が乗っています」のステッカーをよく見かけ、たいてい「だから何なんだよ」になり、早く行けよ、とかウインカー出して先に行かせてくれよ、みたくなるのは私だけだろうか。その理由はアメリカ発祥と聞くが、ここは日本だよ。
 そんなところでこんなステッカーを後ろに貼ったら、「だから何なんだよ」のオンパレードになるかもしれない、特に動物嫌いのドライバーには。
 玄関に貼るのもあるかもしれないが、「猛犬注意」とかではないので、逆に「カモン~、泥棒」になりそうなのが気にかかるところだ。
 そして、シールではなく初心者マークのようなマグネットタイプにしたのをウインカーの下にペタッとしたがピンクの軽に妙に似合うじゃない、と自画自賛。引いて見てみると、赤いフェラリーとかに似ていないか。確かどっかに黄色いマークが貼ってあった記憶がある。
 とは言え、自分で貼ったものだが、「家に猫がいます」を読むと必ずや「だから何なんだよ」の自問自答となる。50mmのが470円。

秋の催し

猫パコ

猫パコ


猫パコ

 ちょっと前にスペイン語で記したのだけど、今年の10月にスペインのグラナダに行くことがほぼ決まった。決まったのは良いのだが、まだ先のことなので、それよりも間近なレポート提出に余念がない、と思いたいところだ。
 モノクロフィルムはもうやめてしまったので、それまで愛用していた機材は業者に下取りに出して小銭を得るよりも墓場まで持って行くモードであった。が、友人マニエルが、実際に撮影し、かつ将来の夢として写真教室をグラナダに開設したいとのところから、往復のチケット代とEBONY Wide 4×5を交換したのが昨年の5月。往路は航空会社のストがあって、果たしてグラナダまでたどり着けるのだろうかの懸念が成田に行くまで続き、マヌエルの家では階段でコケて尾てい骨を折るなどさんざんだったけど。
 先月、そのマヌエル(スイス在住)からメールがあって、10月に休暇を取ってグラナダに戻るけど、私のtechinika 5×7を持ってグラナダに来ない?というのがあった。
 「希望とか予定は良いから、日程が決まったら教えてくれる」と返信したら「日程はまだ判らないけど、10月の休暇はボスからの確約をもらったので大丈夫、宜しく」。
 前回は確か9日間だったけど、今回10月は何も用事がないので2週間ぐらい行こうかな、の予定。
 可能なら、コルドバのメスキーターにまた行きたいと思うのだが、グラナダ← → コルドバ間ってバスで2時間ぐらい思ったけど、できれば列車で行きたい、が、要乗り換えだから難しいかも。

 その前に、レポートやらなくては・・・、部屋にいると猫パコがまとわりつくも、暖かくなってきたので身近な範囲であちらこちらに移動してはくつろいでいる。「猫のいる風景」ではなく「猫がいる部屋」状態だ。