Category Archives: 中国語

回帰西語

 ネットサーフィン中(今、死語?)、中国人が個人的にスマホで撮った中国での動画があり それは小便をしている数人の若い女性達の動画であった。盗撮とかではなく公衆でだ。

 最初の動画は、スマホは車内から撮られていて、駅に着いてドアが開いた瞬間、中にいた若い女性が、ドアとホームの間にまたがり、いきなりズボンを降ろして小便をし始めた。ドアの横では若い男の子がそれを見ている。白いケツは見ている。
 もう一つは、人の行き交う広めの歩道にて、歩いていた女性が立ち止まって、いきなりズボンを降ろして・・、というのが数点。
 共通しているのは、最近撮られたもので場所は都心で田舎ではない、登場人物は若い現代の女の子達。そして行為時間がやたら短く、犬が電柱にいたすそれに近い。排泄行為とケツを見られていることを意に介さない。みんな拭かずにそのままズボンを上げてスタスタと去ってゆく。尻を見られているのは気にならない。

 各外国の文化風習は多様性あるものゆえ、実際のその動画をシェアしたり貼り付けたりしてここに知らしめ、自国の価値観でもって、みんなであげつらうのはスマートとは思えないのでテキスト説明にした。が、個人でその印象を持つのは自由である。
 これを見た瞬間、「このような国の言語を私は10年間も学習してきたのか」と絶句し、学習継続意欲が消え去ってしまった。歴史学部東洋史は大金払ったので思い留まったが。

 中国語を始めた時、スペイン語はどうしようかと思案した。中国語検定2級に受かるか10年経った時に考えよう、と漠然と思ったのだが、検定は筆記しか通らなかったものの、今年がちょうど10年目にあたることに気付いた。
 また、これで中国を嫌いになったわけではなく、中国の言う「台湾省」もあるので、学習をしなくなっただけでは他は変わりがない(と思う)。人肉を食べる「吃人」を知った時はそれほど気にならなかったし、フラットに考えれば、死体を流すガンジス川の水を飲み、それで洗濯をするインドもあるので、「限界線」は人それぞれ微妙な温度差があるのだろう。
 これで生涯学習言語がスペイン語と相成り、還暦決意表明風になった。人から見れば思いっきりどーでも良いことなんだけどね。

NHKテキスト

NHKテキスト

 中国語のヒアリング練習の為に今年からNHKラジオを聞くことにした。
 毎日、月~金聞いたり録音したのを聞くのは面倒なので週遅れのを聞けるwebのでやることにし、30年振りにテキストなるものを買ってきた。
 その30年前のはスペイン語の初級コースで、他の言語のも半年間で4月と10月から始まり、テキストは月ごとに売っていて当時250円ぐらいだったので今だと450円ぐらいだったのではなかろうか。
 なかろうか、と言うのは、いつからか講座構成の変更があったようで、期間も3ヶ月、始まりは1月からになり4年間分収録されたものが繰り返されるようだ。変更がなければ2022年にはまたこれが再再放送されるようだ。つまりこの講座と4年付き合えば、再びこの講座を聞く必要のない実力が身に付くということだろう。付かなくとも4年後じゃ完璧に忘れているから復習として捉えることができる・・・そうならないと良いが。
 テキストも3ヶ月分まとめて1冊970円だから利用者にとってはリーズナブルだ。良い意味での企業の経費削減なのかも。

 こういうのってある程度繰り返し聞くことに効果があるのだが、どんなに頑張っても1日2,3回が限度である。重要と思える単語やフレーズが少なくないからだが、自分のレベルに合っていないからだろうか・・・他の講座を聞いてみると初級向けなのかやたらゆっくり過ぎるぐらい喋るので余計分からない。中途半端な位置にいるのかもしれないが、落ちこぼれないよう三日坊主だけは避けたく、せめて三ヶ月坊主までは行きたいところだ。

中国語の人名

『人生絶對有辦法』

『人生絶對有辦法』

 台湾や中国へ行くと何冊か本を買ってくるのだけど、書店に行く時間がないとたいてい帰りの空港内の書店で物色する。
 前回買ってきた中に『人生絶對有辦法(人生必ずや道がある)』があり、いろいろな人の格言とそれに合わせた猫の写真がポストカード風にまとめてある。猫は面白いねぇ、ユーモラスたっぷりでその格言を体で表してくれる。
 日本人も出てくるのだが森蘭丸や二宮尊徳、伊能忠敬とかもあって台湾で出版するにしてはややマニアックな人達ではないかと思いきや、著者は日本人で中国語に訳して出版しているようだ。猫の写真が面白いから良いや。

 探したらアマゾンであった。「人生はもっとニャンとかなる!」
https://www.amazon.co.jp/人生はもっとニャンとかなる-―明日にもっと幸福をまねく68の方法-水野-敬也/dp/4905073219/ref=pd_bxgy_14_img_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=0NGF70FFFGCSDYT5KQJK

 こういうタイトルは日本語の真骨頂で、中国語ではあまり見かけないが、おそらくユーモアの観点が違うのだろう。

 外国人の格言も多く、「比利 巴西足球選手」があった。
 巴西足球選手はブラジルのサッカー選手なんだけど、それならペレだと思うが、「比利」を読みは「ビィリィ」、ビリーという選手がいるのだろうと格言説明を読んでいるとやはりペレなのだが、どうなるとペレがビィリィになるのだろうか。こういうのは中国語ではとても多くとても不思議である。
 もっとも日本語だって外来語はカタカナにしてしまうので、ドラゴンやムスタングなどをアメリカ人とかに言っても通じないので人のことは言えないが。
 
 「莫札特」と「史蒂夫・賈伯斯」は、それぞれモーツアルトとスティーブン・ジョブスで、説明読み終わるまで分からなかった。 
 「巴布羅・畢卡索 西班牙藝術家(パブロ・ピカソ)」、「貝多芬 獨国作曲家(ベートーベン)」などは慣れてきたのか何となくわかったけど、ま、せめてこういう外国人には英語とかを付記して欲しいのだけど、中華系は限りなく漢字に変換してしまう。iPhoneとかiPadとかが例外かも。

電子辞書

 電子辞書の手書きのところが壊れてしまった。
 「西」と書こうとすると「曲」に表示され、上は突き抜けないのだけど・・になってしまうのが数ヶ月前から。買ったのはかの佛教大学に入学した時だから2012年、5年目なので壊れたのではなく単に部品寿命なのだろう。
 買い直せば後継機種のが30,000円だけど、そろそろJISに沿った部品供給期間が終わるので、ここは最後の修理だ。ネットでチェックしたら15,000円以内。

 今、なんとなく読んでいるのが台湾で買ってきたライト感覚な筆致の台湾史と、かの『台湾文化志』で、繁体字と日本の旧仮名遣いだが、当然のように電子辞書がフル活動。特に手書き認識機能、そして漢和辞典。
 繁體文字も旧仮名遣いも読めない漢字を調べるのには手書き機能は大変重宝し、部首が良く分からない漢字には大変重宝している。頭が良ければ良いほど重宝しないのだと思うけど。 
 部首と一口に言うと私のような低凡人からすれば難解で、例えば、間・問・悶・門・闇・関・聞・閑などの部首は門構えと思うが、聞や問などは中の漢字が部首になっていて複雑怪奇である。探すの大変。
 旧仮名遣いも、「而」は「しこうして」が有名風だけど、「而も」とか「而し」とあったりすると、あれ?とかになり確実に読みが違ってくる。その漢字を調べるのだが、部首どれ?とか、手書き機能がないとなかなか大変である。すげーなぁと思ったのは「須」、全然分かんねー。調べたら「すべからく」、意味も分からない。必ずすべき、だったかな。で、送り仮名は・・・「く」だ。
 部首で全然ヒットしない場合は大漢和で調べるのだが、その大漢和にも載っていない漢字もあって、明治時代の旧漢字、あなおそろしや。 
 
 宅配便モードで修理に出したけど、直るのは最長10日間。
 私にとっては、10日間iPhoneなくても問題ないが、電子辞書がないとかなり困るので、カラー液晶の中古を10,000円でゲットした。たまには毛色を変えてと他のメーカーのを探すも、実用に耐えられる最近のは見事にカシオのみ。電子辞書のシェアは7割を超えていると思われる。

 普段愛用しているものがちょっとでもなくなるのはとても不安不便に感じるが、携帯電話と同様の一つに依存症からなのだけど。

車の窓に貼るフィルム

車の窓に貼るフィルム

車の窓に貼るフィルム

 ドライブレコーダーの次は、スモークフィルムだ・・が、全行程、熟練を要するもので、自分でやれば3,000円をプロ(オートバックス)に頼むと25,000円というのもうなづける。
 しかし、やぶれたり隙間が多かったり、気泡だらけにならなかったら、プロのより劣った仕上がりになっても良いという事前の覚悟をすれば、22,000円分フォローした、という気持ちにもなれる。分かりやすく言えば、自己責任。

 車種にも拠るけど、アルトにはリアガラスの左右に溝があり、左右の窓も引き込み溝があるので、この溝があるとスムーズに貼ることができるが、はめ殺しの窓だとどうしてもフィルム周辺の逃げ場がないので窓とフィルムの形状がぴったり合わず気泡等が何処かに残りやすい。
 仕上がりは自画自賛的に、結構えーじゃない!でも、近くで目を凝らして見ないでね、だ。中から見ると数点ピンホールみたいなのが確認できるけど外側からじゃ殆ど分からない。アルトなんて誰も見ないから良いや~。

 中国語教室の会話の時間、先日中古の軽自動車買ったのだけど、ドライブレコーダーとスモークフィルムがなかったので自分で付けたんだよ、と言ったのだが、はて、これら中国語で何というのか困ってしまった。
 ドライブレコーダーは中国語の説明書に「車載撮像機」風に記してあるので良いのだが、スモークフィルムは分からないので適当に「黒色幕布」。当然、中国人の先生、分からない。仕方なく「車の窓ガラスに貼る黒いビニールシート」と中国語で言ったらやっとピンと来たようだが、これは名称じゃなくて説明句だ。
 しかし、これに関しては日本語もあいまいで定まらず、「カーフィルム」、「ウィンドウフィルム」、「ウィンドウフィルム」と名称が3つもあり、いずれもアマゾンで検索すると似たような商品がヒットする。
 モノによっては日本人、特に名前を定めようという意識がない時があり、複数の呼称があっても気にならない時もあり、上記中国語の説明句のように「車の窓に貼るシート(フィルム)」でも気にならない時もあるような気がしたのは、外来語からのカタカナだからか。
 ドライブレコーダー、訳せば運転記録となり、それってタコグラフでは?と最初に思ったのは私だけ。
 もともとはイベントデーターレコーダーと言うようだが、日本語だとイベントは別のニュアンスを持ってしまうのでドライブレコーダーになったのかもしれない。中国語もさすがに直訳の「事件数拠記憶機」とかにはならなかったのは日本と同じだ。
 
 カー用品コーナーに行くと、ロール状のフィルムが500円~1,000円ぐらいで売っているので、フリーハンドでカットできる人、つまりセミプロ以上の人はこういうのを買って貼っているのだろう。私には到底無理だけど。