グアテマラからメッセージ

1994年8月31日、グアテマラ

宮崎イベロアメリカ国際交流協会
ならびに関係者の方々へ

ホセ・ルイス・ギジェン・カランサ
マリア・デ・ラ・ルス・ファハルド・デ・ギジェン

拝 啓 貴下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 さて、この度、グアテマラ学校建設に関してまして、絶大なるご支援を表明されました貴協会のご理解と暖かい友情に対して感謝の意を述べたいと存じます。

 私どもの孫のホセが学校建設用地として予定している場所は、エスクイントラ州ラ・デモクラシア村のサン・ヴィセンテ・ラ・カンパーニャ集落で、5歳から8歳の子供を対象とした小規模の小学校を計画しております。この学校が建設されれば、就学児童が非常に多い反面、施設不足で十分な教育を受けることができないという問題が解決されるものと思います。

 建設用地につきましては、800平方メートル(約242坪)をホセに提供いたしました。
 学校が完成したあかつきには、ホセ・ルイス・ギジェン・カランサ学校と私の名前をつけさせて頂きたいと存じます。また、宮崎の皆様に感謝の意を表した記念プレートを敷地に立てたいと考えております。開校式には貴協会の皆様がご出席され、交流を深めることができれば光栄に存じます。

 まずは、お礼かたがたご連絡をお待ち申し上げております。

敬 具 

ホセ・ルイス・ギジェン氏の祖父が土地を提供 古川建設実行委員長に土地譲渡書を手渡す

↑ ▲ Top