Vamos

octubre 1996
Vol. 10
  1. アルゼンチン風焼肉大会
  2. グアテマラ学校完成と祝賀会
  3. 第1回、日向・延岡地区懇親会・ガルシア氏歓迎会
  4. 連載「私のスペイン」村島美智代
  5. 事務局だより
  6. スペインからワインが...&ワインのはなし
  7. 連載「シェフ岡部のすぺいん料理講座」
  8. 10月、11月、12月の勉強会のお知らせ
  9. NHK文化センタースペイン語講座開講中
  10. ばもすスペイングッズ販売

1996年10月発行
発行責任者:萱嶋太郎
編集/文責/翻訳:姫野幸司
広 報:田島グロリア・佐々木亨
発行所:宮崎イベロアメリカ国際交流協

アルゼンチン風焼肉大会
 去る5月27日(日)、会員の竹下誠一さん(バモススペイン語勉強会講師/アルゼンチン在住経験30年)とお兄さんの竹下亜星さん(アルゼンチン在住経験20年)の協力を得て、綾町の自然林休養公園で、親睦会(毎年4月に予定している花見ができなかった)を兼ねたアルゼンチンの食文化の1つである豪快なアサード(ASADO)の試食会が開かれました。

 両兄弟は、巨大な肉塊(厚さ3センチ、30〜40センチ四方)に塩とコショウを手でこすりつけ、炭火でジワジワと焼上げました。熱々の肉を頬張ると、肉本来の味がじわっと広がり、感動の一言。海外青年協力隊員OBの田原さん(隣の国、パラグアイで活動)の弁では、日本ではなかなか体験できない本物の味だそうです。
 また、肉料理に欠かせないアルゼンチン風サラダも最高の味。レタス、トマト、タマネギ(水にさらさない)の中へレモンを絞り、ビネガーとオリーブ油を垂らして軽くかき混ぜるだけ。タマネギ特有の臭みがない。
 後は、いつものサルサ、メレンゲの踊りタイム。田島グロリアさんのお母さん(コロンビアでは元テレビ女優)が、大いにのりまくり、踊好きの会員を喜ばせました。最近入会された夏目夫妻(海外青年協力隊員OB/ボリビア)や加藤夫妻(海外青年協力隊員OB/ペルー)は、大のサルサ好き。爽やかな初夏の一日を過ごしました。
 綾町在住の向吉さんが、知り合いの食品会社と交渉され、破格の値で15キロほどの牛肉を調達されました。ご協力有難うございます。

 また、やりますので、出席できなかった会員の方、次回は是非来て下さいね。


グアテマラ学校完成祝賀会と完成報告
 9月14日(土)、宮交エアラインホテル「龍王」でグアテマラ学校完成報告会・祝賀会が催されました。萱嶋会長の挨拶、来賓の県国際交流センターの下西事務局長の祝辞に続き、建設委員会の古川委員長が経過報告を行いました。
 下郡バモス理事(市議員)の乾杯の音頭により、和やかな祝賀会に入りました。途中から津村重光宮崎市長(ホセさんとは飲み友達)も肩書き抜きで駆けつけ、完成を祝いました。
 また、建設を支援してくれた建友同士会の会員も出席し、祝賀会を盛り上げてくれました。開校は来年の2月となっています。

 県民一人一人の暖かいご支援と関係者の長い間の努力の末、学校がようやく完成しました。8月11日(日)、現地のラデモクラシア村で行われた落成式に古川委員長が出席し、完成を祝いました。

 1月15日の仮落成式では50%の出来でしたが、7月末にすべての工事が終了しました。トイレ施設、簡単な給食施設も完備されています。
 また、先生2名も決定しており、教育方針文書も頂いております。
 学校は、4歳から6歳までの園児が通う幼稚園となります。カリキュラムの関係上、開校は来年の2月となります。それまで、暫定的に他校に委託している学童の勉学の場として使用するそうです。

 1月15日以降、工事が中断しました。その理由は、協定書で交された約束を村や自治会が果たしていなかったためです。つまり、村の負担金(20万円)が拠出されず、工事を管理する現地のNGO(フンダスカル)が工事を中断させました。その連絡が入ったのが3月。
 工事を続行させるために、こちらが(バモス)がその分を負担するのは簡単なことですが、一方的な援助ではなく、みんなが協力しあい、汗を流しながら建設するというのが当初からの趣旨でしたので、急遽、バモスから現地の村役場、フンダスカルへ日本側の意を伝えました。
 自立を促す援助ですので、援助慣れしている発展途上国の人達に少し汗を流してほしかったためです。
 われわれの意が伝わったのか、自治会は寄付活動に走り、村役場は、国へ援助を要請し、補助金が降りました。その後、工事が急ピッチで再開しました。

   以下、現地からの礼状と学校の教育方針です。

  【 教育プラン 】

● 概要
施設名:マリアカランサ学校
場 所:エスクイントラ州ラデモクラシア
日 付:1996年8月
担当女性教諭:ニディア・マリベル・エセタ・ロサレス
       スカーレス・ヨアナ・エルナンデス・デ・ラ・クルス
* 1年分(1997年度分)の給与(教諭2名)と運営費、合わせて8000ドルは、管理者であるフンダスカルに預けています。

<表明>
上記の教育施設の運営に対して重大な使命をもっていること、また、教育目標は児童の全人格形成であることを認識し、以下の教育プランを表明いたします。

<目標>
総合目標:
児童の総合的な成長に寄与し、将来の成長に備え、基礎的な人格形成を行う。
個別目標:
本施設の完成により、貧困につながる要因の一つである文盲率を下げる。
学校生活という教育環境に順応させ、児童の素質、能力、技量を育て、望ましい習慣を身につけさせる。
有用な国民となり、祖国、家族、自分自身に対する義務を認識するために、公民としての価値、さらにモラルを体得および強化させる。
学校は、自治会の文化活動の拠点とする。
環境の保護と改善に参加させる。
日常的な諸問題の解決をするための学力を習得させる。
健康かつ幸福な生活が送れるように健康の維持と向上に関心をもたせる。

<活動>
戸別訪問、地元のラジオ放送、広報車により、児童を学校に入学させるよう父母に説明する。
学年別に入学登録
校則の作成
社会活動、スポーツ活動、文化活動の実施
衛生習慣の実行
学校美化(教室、廊下、中庭)
学校給食の実施
教師による委員会の設立
 −会計
 −文化
 −スポーツ
 −美化・清掃
 −風紀
 −給食

資源

人的資源
 −村役場
 −教育委員会
 −教師
 −生徒
 −父母

自然資源
 −鑑用植物

備品
 −教育資料
 −家具
 −清掃・トイレ道具
 −調理機器

評価:学校組織を構成する各委員会との会合によって評価を行う。


【礼状 その1】

1996年8月11日

宮崎イベロアメリカ国際交流協会
バモス学校建設運営委員会
委員長 古 川 哲 也 様

エスクイントラ州シキナラ
95-25地区教育監督官

 拝啓 益々ご健勝のことと存じ上げます。
 さて、貴協会のご尽力により、ラデモクラシア村ラカンピーニャ地区における念願の学校が完成し、お喜びを申し上げます。
 さらに、古川様の骨折りで、エスクイントラ州のラデモクラシア村とシキナラ村をはじめとする教育監督95-25地区(生徒数6000名、教師250名、父母2200名)のためにワープロを1台寄付されたことに対して厚くお礼を申し上げます。

 貴殿の両村民に対する暖かい志しに重ねて感謝の意を述べたいと思います。

敬 具 


【礼状 その2】

バモス学校建設委員会殿

エスクイントラ州ラデモクラシア
公立幼稚園担当部
部長 アルマ・ペレス・エルナンデス

 拝啓 皆様におかれましては、益々ご健勝のことと存じ上げます。貴協会のご尽力により、このたび学校が完成し、お喜びを申し上げるとともに、今後、このプロジェクトが益々ご発展することを祈念しております。

 さて、エスクイントラ州ラデモクラシアの公立幼稚園では、4歳から6歳までの園児が通園しておりますが、十分な教育を行うために以下の備品が不足しております。
 ご配慮下されば幸甚です。
書類保管キャビネット/タイプライター/事務机

 貴協会の本村に対する暖かい志しに対し、常日頃より感謝しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

敬 具 


学校完成については会員からもメッセージが届いております。一部、紹介します(敬称略)
****************************************
遂に完成おめでとうございます。TV、新聞等で様子は存じておりました
****************************************
学校の完成、お喜び申し上げます。これからの継続が大変だと思いますが、私も微力ながら協力させて頂きます。行進国の重大な事は教育をまず打ち立て、国の指導者を多数作ることです。21世紀が楽しみです
****************************************
良かったですね。皆様、本当に色々とご苦労された事だと思います。大変お疲れさまでした。笑顔の子供達が増えて嬉しいです
****************************************
この度は学校完成おめでとうございます


第1回、日向・延岡地区懇親会・ガルシア氏歓迎会
 8月24日(土)、ガルシアさん(林業研修生、西郷村の林業センターで来年の3月まで研修、パラグアイ出身)の歓迎会兼日向・延岡地区の会員懇親会が、日向の旅館で開かれました。
 日向地区担当の森欽也さん、延岡地区担当の柴田俊一さんが準備を進められ、同地区での懇親会が実現しました。

 ガルシアさんは、現在、日向で生活しています。県の国際交流課から彼の世話を依頼された森さん、田原さん、また日向地区会員の方々が、不慣れな日本での彼の生活をサポートしています。これを機会に同地区の会員の結束が高まり、独自の行事を開催してほしいものと思います。
 同懇親会にあたり、宮崎県国際交流課から金一封を頂きました。紙面を借りてお礼を申し上げます。


連載「私のスペイン」
 スペインに惚れ込んだ会員の村島さんにお願いして、スペインへの想いを何回かに分けて綴って頂きます。今年5月にレンタカーを借りて、スペイン北部を回ったそうです。秋にも再び渡西する予定です。彼女をひきつけてやまないスペインの魅力は?
村島 美智代 

 プロスペル・メルメの「ドン・ペドロ一世伝」と、堀田善衛に魅せられて初めてスペインを訪れたのは9年前。訪れるたびに益々私を捉えて離さない不思議の国。これから私の独断と偏見の一押しスペインを思い出と共にご紹介させて頂きます。

 まずは、私がかの地に旅する際、必ず振り出しとする街、バルセロナ。かってカタロニア地方の首都として、貿易港として栄えた街での目的は、友人の家に転がり込み、長旅の疲れを飛びっきりのカタロニアの家庭料理で癒してもらい、体と精神をこの国に馴らす事。

 一寸したきっかけで知り合った彼らとは4年の付き合い。神聖な教会のミサの際、一目ぼれして見事結ばれたというカタロニア人の夫婦。男性の鏡のように女性に親切な旦那に、美人の奥さん。彼らの心からの歓迎が、今スペインにいるという実感を与えてくれる。ここでの庶民派一押しは、町角のスタンドで売っている揚げたてのチュロス。

 友人の御両親が、このスタンドをやっていて、色々なチュロスをご馳走してくれる。丸型でチョコを付けるのがマドリ風、棒状で砂糖をまぶすのがアンダルシア風、何にも付けないのが北部風と教えてもらった。
 これを味わえば某ミスドのなんて・・・機会があれば、是非どうぞ。丸型でチョコを付けるのがマドリ風、棒状で砂糖をまぶすのがアンダルシア風、何にも付けないのが北部風と教えてもらった。これを味わえば某ミスドのなんて・・・機会があれば、是非どうぞ。
 あと、お勧めしたいのが発泡ワイン。バルセロナ近郊は産地で有名で、特にサン・サドウルニ・デ・ノヤ(バルセロナ西方約40km)のコドルニウ社は16世紀からの老舗で、お勧めです。


連事務局だより
● パラグアイから林業研修生が来宮!!
 外務省民間援助室の事業による研修生、パラグアイ出身のガルシアさん(30歳)がやってきました。
 専門の林業(育林)を西郷村の林業センターで9月から来年の3月まで学びます。日向のアパートに住み、毎日、西郷村までバスで通います。西郷村にはパラグアイ海外青年協力隊員OBの田原さんがいますね。田原さん、お世話の方、よろしく。

● 岡部公英さん(すぺいん料理講座担当)、鴨川市の記念行事にて本業である画家のグループ展を開催。
「みずべのコンテンポラリー・・・場所と表現」展

● ホットな世界情報(グアテマラ発)
 9月中旬、グアテマラで大がかりな密輸団が摘発される。
 15年以上の密輸で、同国の対外債務(22億ドル)を上回る脱税をしていたと見られている。
 軍部が深く密輸に関与しており、国防省副大臣を含む19人の軍部の幹部が逮捕された。現大統領が、酷い財政赤字の財源として、メスを入れざるを得なかったのではないか。大統領がテレビで「私も怖いけど、やる!」と宣言したそうだ。

● 11月に「第3回イベロアメリカフィエスタ」を開催します。詳しくは、別途連絡いたします。事務局では、ボランティアスタッフを募集しています!!
 こーしてほしい、こんなのがやりたいとか、いろいろご意見があれば、事務局までご連絡下さいね(^^)。

● 予 定

  1. 料理講習会
  2. 中南米の音楽を聞く会→サルサ講習会
  3. ワインの楽しみ方→ワインの年をあてる
  4. 旅行談義、体験報告、穴場情報
  5. その他


スペインからワインが...&ワインのはなし
【 入荷情報 】

● 赤ワイン/辛口

  • VIÑA ALBALI 89 RESERVA
  • ViÑa Mayor95
  • Cremeño Tinto 91 Crianza
  • Protos 94 Tinto Joven
  • BALBAS TINTO ADICION
  • Roriñoon
  • Tinto 91 Crianza

● 白ワイン/甘口

  • (中辛)Cuatro Rayas95
  • (辛口)Viña Reiriña、Viña Souviñon

● ロゼ

  • viña
● その他の商品(利益はバモスの運営活動資金になります)
サフラン・パエリャ鍋(4人用)・オリーブ油・オリーブの実


【 人見さんのワインのお話 】
スペインの赤ワインというと、リオハ地方が有名ですが、産地統制委員会(DO)の基準は次のようになっています。

  • CRIANZA:
    少なくとも、2年は熟成させなければならない。熟成には樫(オーク)の樽が使われる場合が有る。(熟成のための容器は指定されていない。)

  • RESERVA:
    少なくとも、3年は樫(オーク)の樽か、ビンの中にて熟成させなければならないが、ビン内だけの熟成ではいけない。(1度は樽の中で熟成させなければならない。)

  • GRAN RESERVA:
    少なくとも、2年は樽で、3年はビン内で熟成させなければならない。と言う事で、そのワインは2〜3年寝かしておいても大丈夫なのです。

* 半年に1本づつ抜栓して、前回との味の違いを確かめてみる、なんてことをやっていただけると嬉しいですね。


連載「シェフ岡部のすぺいん料理講座」
Gazpacha(ガスパチョ)

 発行が遅れて時節外れになって申しわけありません。来年の夏のためにしっかりとファイルしておいて下さいね。

 「アンダルシアの夏にはなくてはならない料理の一品、アンダルシアのさんさんとふりそそぐ太陽の下でガスパチョを食すると旅の疲れがいっぺんにふきとぶヘルシーなコールドスープ」

* 材料(4人分)

  • トマト:300g
  • 玉ねぎ(小):半分
  • きゅうり:100g
  • 赤ピーマン:100g
  • にんにく(大):1個
  • フランスパンの白い部分:30g
  • 白ワインビネガー:50cc
  • 塩:適量
  • オリーブオイル:50cc
  • その他は刻んで
  • スープの具:赤ピーマン、ピーマン、玉ねぎ、クルトン

* レシピ(作り方)

  1. トマト、にんにく、きゅうり、玉ねぎは大きめのらん切りにしておく。にんにくは皮をむく
  2. 玉ねぎ、にんにく、白ワインビネガー、塩をなめらかになるまでミキサーにかける。オリーブオイルを少しづつ加えて混ぜ乳化させ、残りの材料を入れ、さらに混ぜる。
  3. 2)をシノワで漉し、冷蔵庫に入れて良く冷やす
  4. 小さく刻んだ赤ピーマン、ピーマン、クルトンを器にもったガスパチョの中心に姿として置く。
* 冷蔵庫に一晩置いた方がまろやかな味になる。
レストラン「アランブラ」 アランブラ 
オーナー: 岡部公英 
千葉県鴨川市 


10月、11月、12月の勉強会のお知らせ
● 第二、四金曜日の月2回、竹下誠一さんを講師にスペイン語の勉強会を行っています。人数的に余裕がありますので、意欲のある方はふるってご参加下さい。
 アルゼンチン滞在30年の講師の丁寧な指導により、楽しく学びながら、生活に密着した実践的会話力が身につきますよ。また、無理のないゆっくりペースで指導していますので、初心者の方が挫折したり、消化不良を起こしたりするようなことは決してありません。

 コーヒーブレイクにはスペイン、南米、ポルトガルの楽しい話題が待っています。
 今後旅行を計画されている方にはパソコン通信や旅行経験者ないし留学経験者からガイドブックでは得られない飛び切りの情報が得られますよ。
 また、勉強会の他に、スペインから送られてきたハモン(生ハム)やアセイトゥナ(オリーブの実)をつまみながら、ワインで一杯なんていったこともやっていますので、ふるってご参加下さい。勉強会の参加費は1回につき1,000円です。

  • 場 所:VAMOS事務局(姫野宅)
  • 時 間:午後7時30分〜9時(第二、四金曜日)
  • 日 時:10月11日、25日
    11月8日、22日
    12月13日
  • クラス:
    初級レベル(初めてスペイン語を勉強される方を対象)
    中級レベル(スペイン語学習経験者)
  • 人 員:各クラスとも4名
  • テキスト:NHKラジオスペイン語講座テキスト

本格的なスペイン語文法書が欲しい方にすぐれものがあります!
「中級スペイン文法」白水社4700円*用例が豊富、スペイン語は入りやすいけどその後が...という方が多いですね。


NHK文化センタースペイン語講座開講中
 宮崎NHK学園文化センター(江平町)の外国語講座スペイン語をVAMOSが担当しています。
 講座名「やさしいスペイン語」、プロの通訳者である村岡さんが講座を担当します。将来的には、初級、中級と分けて旅行スペイン語講座なんてできればいいですね。

¡10月生募集中!


ばもすスペイングッズ販売
 「ばもす」では、活動資金としてスペイングッズを販売しています。
 グラナダ焼きの皿、鉢、コップ、寄木細工のコースターやテーブル、時計、鏡....すべてスペインから直送されたものです。一部はスペインから直接運んできました。
 会員には割引制度がありますので、是非ご利用下さい。
 また、スペイン産ワイン、オリーブ油(日本でイタリア産となっているがほとんどスペイン産のものをイタリアの業者が買い占めているとのこと)、オリーブの実、サフランなど食品も現地から直輸入して代理購入しております。

 例えば:
グラナダ焼きパスタ皿(大) 2,500円 2,000円
グラナダ焼きグラタン皿(中) 1,500円 1,300円
グラナダ焼きコップ 700円 600円
グナナダ焼きコーヒーセット 2,000円 1,800円
グラナダ焼きサラダボール(中) 1,000円 800円
寄木細工のテーブル 50,000円 45,000円
時 計 20,000円 16,000円
時 計 30,000円 24,000円
15,000円 12,000円
寄木細工のコースター1枚 800円 600円

↑ ▲ Top