第2回インターナショナルフェスタ 
 第2回インターナショナルフェスタ(宮崎県国際交流協会主催)が、11月17日と18日、文化の森公園で開催されました。
 バモスは、スペイン語圏の文化紹介および物品販売、試食の部に参加しました。

 コロンビアに長期帰省されていた会員のグロリアさんも、コロンビア製品の販売で協力して頂き、会員の親睦をかねてテント内では、パエリャとスペインオムレツを作り、ワインを飲みながら、会員、そしてテントを訪れた一般の方々との交流も深めました。
 そして、テント前では、セビジャーナス(フラメンコを簡単にした大衆舞踊)の踊り、そしてサルサの踊りも披露されました。
 また、グロリアさんの子どもさんのケイシ君がケーナで「コンドルは飛んでいく」を披露。テント前を大いに盛り上げてくれました。
 地元在住の外国人もバモステントに興味をもったようです。2002年度も参加予定ですので、会員の親睦を深める場として定着させていきたいと思います。何かアイディアがあれば、どんどんお寄せください。  

当日、以下の方がお手伝いに駆けつけてきました。
井上隆彦さん、川口由香里さん、富田ひとみさん、小里文也さん、グロリアさん
デーシーさん、河野小百合さん、椎純子さん、日吉由賀さん。

パエリャとスペインオムレツ作りに専念しているよ。 ケーナを奏でるグロリアさんの子どもさん。曲は"コンドルは飛んでいく"。 左はメキシコ人、右はラテン好きなイギリス人。ラテンを思いだし楽しそうな様子。
テント前でサルサを。。 いらっしゃいませ(^^) スペインの大衆舞踊、セビリャーナスを踊る会員(^^)
コロンビアコーナー。
可愛い売り子さん
さあ、サルサの踊りが始まり 会員のモンセさんとグロリアさん、久しぶりね!

↑ ▲ Top