バモスフラメンコフェイスタ

日時:2000年6月24日(土)19:00〜
会場:「らいふのぱん」

参加人数は当日の飛び入りも入れて25名。
鹿児島バモスから平島さんを始め5名。大分から踊り手の高橋さん。日向から田原、ジャネット夫妻、都城から時吉さんら。
小林から荒武さんと各地、各県から来られました。もちろん、高鍋からは萱嶋会長も。

フラメンコギター談義に夢中のパコ・デ・ミヤモト(中央)。その左は荒武さん(フランコ時代にスペイン在住)
フラメンコに陶酔 踊り終えて萱嶋会長と記念撮影。左が日高さん、真中が高橋さん。

 午後7時からライフのパン全体が貸し切りとなりました。
2階のフロアにて、萱嶋会長のスペイン語の挨拶、乾杯、そしてお目当ての料理やワイン。その間に姫野が簡単に皆さんを紹介しました。
 初めての顔合わせが多いようでしたが、アルコールのボルテージが上がると賑やかになって良い雰囲気になってきました。

 8時30分から1階にてフラメンコを開始。
 ギターはパコ・デ・宮元、踊り手はYoko Takahashi、nami hidaka。
 フラメンコの衣裳を着ると周囲が華やかになりますね。最初2人でギターの音に合わせてアレグリアを楽しく踊り、次に1人1人がお得意の踊りを舞いました。
 らいふのぱんの経営者山路さん(バモス会員)が気をつかって店内のライトを落としてくれました。
 白い壁と黒い柱や梁、本場のタブラオのような雰囲気でした。
 踊りは日頃よく練習されているせいか、素晴らしいものでした。レベルが高いと詳しい方はほめていらっしゃいました。


ピースサインは鹿児島の平島さん。その左は庄屋さん、一番右手が平島ダンナさん

並んでいる料理の豪華なこと。大きな鍋にあるのはパエリャ

Doctor平島による締めの乾杯。1本締め閉めではなく、Una salud!

 再び2階へ上がり、すっかり打ち解けた雰囲気で再び飲み方が始まりました。
田原ジャネットさん(ニュージーランド出身)はワイン(赤/Protos98年)に惚れ込んでしまったようです。
 最後に、平島さんのご主人さん(平島クリニックの先生)に閉めの乾杯を取って頂きました。
その後の後片づけもてきぱきと終わり、希望者は2次会へ。

鹿児島の会員の方達(平島さん、林さん、庄屋さん、中川さん)と一緒にエル・パンチョ(メキシコ料理屋)へ。
小林の荒武さんがピアノの音に合わせてベサメムーチョを気持ち良く歌っていましたね。
12時で解散となりました。鹿児島の会員はそのまま鹿児島まで戻られたようです。

フラメンコを踊ってくださった日高奈已さん、高橋ようこさんご苦労様でした。
選挙前で来られなかったが多かったので、次回もう1度やりませんか?今度は野外で。子供連れの方も気軽にこれるように。

今回出席できなかった皆さん、それから最近バモス縁遠くなった皆さん。
バモスの会は、最近、色々な出会いがありますよ。思い切って顔を出してみましょう(^^)(^^)

バモス事務局、姫野

フラメンコに見ほれていますね
 

踊り終えてニッコリ
■ ■ ■ 今回のフラメンコフィエスタのメニュー ■ ■ ■

 □ 食事

  • パエリャ
  • モレ(鳥肉のチョコレートソースかけ)
  • スパニッシュオムレツ
  • タコス
  • マリネ
  • パウンドケーキ
  • ハモン、チョリソ、サルチチョン等
    (大分の由布院でスペインハム作りをされている
    ロス・カバジェロス松村さんからの差し入れ)

 □ 飲み物

  • ビール
  • ワイン(赤:Protos98年/白:Oro de castilla sobiñon)
  • サングリア(グラナダ風というかエミリオ風)
  • ウーロン茶、ジュース

↑ ▲ Top