HOME > 写真集 >
36-24
 診察室

長椅子からシダ植物が生えて来て
腰のあたりを包む頃
看護婦が思い出したように
名前を呼んだ
病人はシダを引きずりながら
重くゆっくり医者の前に進む
病人の精神的肉体的悪化パフォーマンスに
医者の客観的分析的パフォーマンスが
実にみごとに対峙して
失意の黄金の微粒子が
診療室いっぱいに飛びかっている
窓の外の木々は
正常に秋の表情をしているし
人々は働いたり遊びに出たりしているのだ
こんな時期に病人は
シダ植物を引きずったまま
今度はいつ来るか分からない帰りのバスを待つために
暗い廊下をよろめき歩く

Time To Time

36 - 24

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

戻る