INICIO > Exposi. >
36-11
 曙 光

薄闇の中
男は音を立てずに身支度を整えた
すこし開いたザックから
薔薇のろうそくの匂いがした
—昨日のリンドウやホタルブクロの噂話は
 あれは本当のことだった
布団から頭だけ出したわたしは
「いま、お帰りですか」
と訊うてみた
ヒゲの男はうなづくと
ザックをしょって右手を振った
窓越しに
火口に沿って歩いて行く
男の姿がボンヤリ見えた
やがて曙光が
火口の縁を染めた時
男の登山靴のヒモが
黄金に輝いた
何も無かった
明け行く大気が
周囲を包み
また休火山の一日が
平和のうちに訪れたのだ

Time To Time

36 - 11

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver