HOME > 写真集 >
36-16
小春日和

歯の抜けた老婆が笑う
小春日和はそんな日
暖かいが頼り無く
背後で病葉が音も無く散る
こんな日には白いシャツに
グレーのチョッキを着て
コーヒーカップ片手に
老婆の話をきいてやろう
老婆の笑いはコーヒーに溢れて
誰かが背後から手を触れる
振り向いてはいけない
こんな日には明日のことなど考えず
遠い昔のことに思いを馳せる
誰が肩に手を置いたのか
その冷たい感触に突然全てを知る

Time To Time

36 - 16

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

戻る